FC2ブログ

2020年 冬ドラマ途中感想

ワタクシ、「乗りひこ」で「乗り鉄」ですけど、日常は、インドア人間です。

テレビの前から離れないでゴロゴロ・・・かつては「カウチポテト」なんて言われてましたっけ。

今はなんて言うんだろ、あ、平成の若者はテレビを見ないのか。

昭和生まれは、テレビは家族、ドラマは心の友、ですわ。


テレビを見ない人が増えて、全般的な視聴率もどんどん下がってますが、去年のNHK大河ドラマ「いだてん」は、これまでで最低の視聴率だったそうですね。

私は好きだったけどなぁ。

特に後半は、心揺さぶられる回も多かったですもん。

ただ、1月19日から始まった「麒麟がくる」を見ると、やっぱり思わずにはいられません。

「あぁ、これが大河ドラマだわ」、と。

内容ももちろんですが、まず、オープニングの文字から感じましたもん。

あの太くどっしりしたフォントの迫力が、昔の王道の大河、です。

おそらく、昔からの大河ファンのおじさま方も満足なさってるんじゃないかしら。

「いだてん」とっても好きでしたけど、やはり、大河には大河の色があるんだなぁ・・・と納得しましたわ。

ただ。

いかにも主人公然とした爽やかな彼ですけど、織田信長を本能寺で討ってしまう歴史が待っています。
さて、着地をどのようにするのか、心配なような、楽しみなような・・・。

大河ですから「実は彼はその後生き延びて麒麟が来るのを見届けた」なんてファンタジーエンディングにはしないでしょうけど、1年見続けてよかった!と思える終わり方にして欲しいなぁと願います。



日曜と言えば、TBS夜9時「テセウスの船」も、楽しみに見ています。

久しぶりに、来週が待ち遠しい展開ですわ。

我慢できない私は原作の結末を調べちゃったんですが、あの通りなのかなぁ。
ビタースィートなハッピーエンド、みたいですが、どうなんだろ。



ビタースィートと言えば、日テレ水曜夜10時「知らなくていいコト」も、そんな感じですね。
わたしゃ、てっきり柄本佑くんがヒドイ元カレで、それをジャニ君が徐々に優しく包んでいく展開だと思ってました。
まさか、優しい江本くんVS小心者のジャニくん、だったとは。

殺人者の父親とか、もしや元カレと不倫?とか、案外シリアスな流れですが、私はやっぱり、ジャニくんが改心してハッピーエンドになって欲しいなぁ。


他に、ラブコメ・ラブですからTBS火曜10時「恋は続くよどこまでも」も勿論見てます。
まだ視聴中なのでいちいち書きませんが、きっちりキュンキュンポイントを抑えてますなぁ。

さすが、ドラマのTBSですのぅ。


こうやって書くと・・・今期は結構当たりかも。

これから仕事が忙しくなる時期ですが、ドラマで心癒していただきますわ〜。

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

ヴィリニュスからバスに乗ってトラカイ遠足 ②

2019年トラカイ遠足の続きです。

昼食目的のお店はトラカイ城から、も少し北です。


キビナイ - 1

町内マラソン大会を終えた人&応援の人々と共に歩いていると、あれ?

これって公式交通標識ではない、よね?

私が目指しているお店の看板、だよね?

いいのか?これ。

あと300mらしいけど。


キビナイ - 1 (1)

SENOJI KIBINIINEみっけ!

しか〜し。

この日は、ここも、隣のお店(支店?)も満席!

週末だしねぇ、マラソン大会開かれているしねぇ。

どうしましょ。

お?


キビナイ - 1 (2)

お店とお店の間に、テイクアウトのお店発見!

もう、ここでいいや。


キビナイ - 1 (3)

とは言え、ここも行列できてます。

待っている間に、ガッツリ凝視してどれを買おうか考える私。

羊や牛肉、キノコや野菜など何種類もありましたが、


キビナイ - 1 (4)

お値段が一番高い(2.4ユーロ?)オリジナル(羊肉)のキビナイをチョイス。

そして、店頭前のベンチに陣取り、ガブリ。


キビナイ - 1 (5)

おぉ〜、キビナイ、うまいぞ!

外はいい意味で粉感が残っていて、中は肉汁たっぷり〜&玉ネギしゃっきり〜。

上写真で、スープの如き肉汁が分かります?


しかし、ここでやっちまいました。

口に収まりきらなかった肉汁がマフラーにこぼれ、慌ててバックからティッシュを出そうとしたら手元の注意が逸れ、更にジョワッとジーンズに。

おろろ〜ん(涙)。

立ち食いする時は、溢れんばかりの肉汁に要注意!です。

ちなみに、私はここのキビナイに別名をつけました。

「トラカイの小籠包パン」と。


もう一個ぐらいいけそうでしたが、あとの事を考えて我慢。


帰路の途中で、


トラカイ - 1

誰でも上がれる表彰台でハシャグ人を微笑ましく見物したり、


トラカイ - 1 (2)

湖沿いの小道を歩いて、


トラカイ - 1 (1)

「浮世絵の影響を受けた印象派の風景画」のような写真を撮ったりしながら、


トラカイ - 1 (3)

トラカイのバスターミナルまで戻ってきました。


トラカイ - 1 (4)   トラカイ - 1 (5)

ヴィリニュス行きは4番のりばと10番のりばから乗れるみたいですね。


トラカイ - 1 (6)   トラカイ - 1 (7)

バスは15分ぐらいでやって来ました。

あ、バス代は1.8ユーロでしたわ。


そう言えば。

車中で私、やな日本人になっちゃったんです。

沢山撮った写真をニコニコしながら見ていたら、後ろから若い男の子に話しかけられちゃったんです。
後で思えば、東洋人のおばちゃんに、彼にとっても外国語の英語で話しかけるなんて、その子もそれなりの勇気を出しての行動だったんじゃないかと。

なのに、おばちゃんは不信感満載で「ええ」「そうですね」程度しか返事しなかったんです。

多分、ただ東洋人に好奇心があっただけなんでしょうに、私ったら、日本人への印象がよくないリトアニア人を一人作ってしまったかもしれません。

終点の少し前に降りていった青年よ、ごめんよ〜。

もしまたこんなことがあったら、注意しつつも、もう少し親切に対応しようと思います!



などと、反省しつつも、楽しいトラカイ遠足を堪能できました。

チャンスがあれば、お天気がいい日に、も一度行ってみたいなぁ。

テーマ : 北欧
ジャンル : 海外情報

ヴィリニュスからバスに乗ってトラカイ遠足 ①

2019年5月リトアニア・ヴィリニュス 一人旅。

この日は、TRAKAI(トラカイ)遠足に出かけました。


ヴィリニュス - 1

まず向かうは駅前のバスターミナル。

小心者は、前もって場所等確認しております。


ヴィリニュス - 1 (2)

あら、下調べしたのより本数が少ない?とこの時刻表を見たときは思ったのですが、実際はもう少し多かったです。
よく分かりませんが、トラカイが終点ではなく途中停留所の路線もあるのかな?


ヴィリニュス - 1 (1)

バス乗り場です。

時計が午後4時過ぎですから、この写真を撮ったのは前日ですね。


そして、翌日。

10時のバスに乗り、40分ほどでトラカイに到着。


ヴィリニュス - 1 (3)

目的地の古城まで1.6キロ?それとも2.3キロ?

方向は同じですから、ま、とにかく行きましょ。


ヴィリニュス - 1 (4)

ここや、


ヴィリニュス - 1 (6)

ここも過ぎて、更に歩きます。

まあまあ車通りのある道でしたが、途中から歩行者天国に。

と言うのは、


ヴィリニュス - 1 (5)

この日は市民(町民?)マラソン大会が行われていたから。


ヴィリニュス - 1 (7)

この塔が見えたら、右の林を抜けて湖沿いの小道を歩いても行ける・・・筈ですが、私は直進を選びました。


ヴィリニュス - 1 (24)

目的地ここ、ココです。

小島にポツンと浮かんでいるように見えますが、橋があるので歩いて行けます。


ヴィリニュス - 1 (17)

お城に入る前の岸辺には湖内クルーズを楽しめる観光ボートが沢山停泊してました。

普段の私なら高いに違いないと素通りしちゃうんですけど、なぜかこの時は、足を止めてしまいましたの。

ボートの大きさが何種類かありまして、私が乗ったのは上写真よりも小さい3〜4人乗りサイズでした。

10ユーロなら貸切、もしくはもう一人来るまで待って5ユーロと言われと「時は金なり」と貸し切りを選んだのですが、出発直前にもう一人乗船し、


ヴィリニュス - 1 (8)

赤パーカの彼が頭上席を、私は下席をチョイスしました。

だってこの日は薄寒い曇り空、吹きっさらしの上席は寒そうでしたもの。

そして思った通り、てか、下席でも結構寒い〜!

でも、


ヴィリニュス - 1 (10)

気持ちいい〜、楽しい〜♪

最初は怖くてじっとしてましたが、少し慣れてくると右に左に移動して、360度の景色を楽しみました。


ヴィリニュス - 1 (11)

船上から見る古城もいいですなぁ。

さらに、湖の奥には、


ヴィリニュス - 1 (9)

秘密の白いお屋敷が。

どなたか高貴な方の元別邸かしら?

ここはきっとお城からは見られないわ〜と、一人悦にいるワタクシ。

観光ボート、5ユーロでこんなに楽しめるなんて、私は強めにお薦めしますわ。(たとえ多少寒くても)


30分ほどミニクルーズを楽しみ、


ヴィリニュス - 1 (12)

さて。

お城に向かいましょ。


ヴィリニュス - 1 (13)

でもね。

入場料をケチって中には入りませんでした。


ヴィリニュス - 1 (14)

外側を、


ヴィリニュス - 1 (15)

ぐるっと、


ヴィリニュス - 1 (16)

一周して、終了です。

私はそれで十分満足いたしましたわ。


あぁ、楽しかった♪♪

気づくと、かなりの枚数の写真を撮っちゃってました。

自分が思う以上に、気分が高揚してたんだなぁ。


さぁて。

お昼にトラカイ名物を食べに行きますかな。

テーマ : 北欧
ジャンル : 海外情報

旅先で買ったお気に入りコスメ

前回の「シドニーで買ったお気に入り」から続いて、他の旅先で買ったお気に入りコスメをご披露します。


コスメ - 1 (2)

これらは、去年1月のマドリード旅で買ったもの。

とは言え、どちらもフランスのコスメです。

アベンヌはハンドクリームなどが日本でも買えますよね。

これ(Cicalfate/14.6ユーロ))も、買えるのかしら?

使用感は、フランスのニベア、もしくはフランスのオロナイン、かなぁ。

ブログなどの評判はとても良い(子供にも使える安心品質で肌荒れに効果あり)ですが、私はまだ乾燥が気にならない秋に使ったので、ちょっと硬めで伸びが今ひとつのクリームとしか印象が残っておりません。

一方、写真下の二品CAUDALIE(コーダリー)(上47ユーロ、下42.9ユーロ)は、現在使用中ですが、私には、とてもいいです。

RESVERAROLのナイトクリームは「LIFT」と書かれているせいか、お肌をアップしてくれる・・・ような気がするんですの。

気のせいではないと、信じたい!


コスメ - 1 (4)

これもフランスのメーカーBIODERMA、のボディクリームです。(500ml/18.99ユーロ)

購入したのはヴィリニュス(リトアニア)の薬局で。

棚にボディバームが2種類置いてあり英語と格闘しながら悩んだのですが、乾燥&痒みを和らげてくれるらしいこちらを選びました。

今年あまり乾燥が気にならないのは、暖冬とは言え、これのおかげもあるかも。


コスメ - 1 (7)

去年12月に成田空港内JAL免税店で買ったのが、ソフィーナ・オーブの「ブラシひと塗りチーク」。

これ、いいです!

本当に一塗りで綺麗にチークが仕上がります。
ブラシはハイライトに当たる部分が白色なので色が混じること無く使える、優秀仕上げです。

ただ刷毛に力が入りすぎると「おてもやん」になりますので、注意しましょ。

先にひと塗りアイシャドウが出ていて、そちらも評判いいみたいですね。
私はアイシャドーを使わないのでそれは買わないでしょうが、こっちは違う色も買ってみたいですわん。


コスメ - 1 (6)

限定ケースは、ちょっとビビットすぎかな。


コスメ - 1 (3)

台北で買ったCARMEX(モイスチャープラス)は、実はまだ未使用です。

私は唇だけデリケートでして、大抵のリップは使用後ガサガサorブツブツができちゃうんです。

これはリップクリームですけど色付きはやっぱりトラブル起きちゃうかも・・・と使用迷い中なんです。


コスメ - 1 (12)

ちなみに。

最近来たゲランのDMに、ちょっと似たリップが。

こちらは桜でCARMEXは桃の花、それに値段が全然違いますけどね〜。


コスメ - 1 (10)

最後は、これ。

個人的にオススメです。

単刀直入に言えば、養毛剤ですね。

スイスのRAUSCH(ラウシュ)の商品ですけど、私が買っているのは台北の保慶薬局さんです。
以前はラロッシュポゼ目的でしたけど、今はこれの為に保慶薬局に行ってますわ。(住所:台北市大同区保安街21号)

値段は安くない(1800台湾元)ですけど、効き目はある、と思います。

うちのママンが寄る年波に勝てず抜け毛薄毛が目立ってきていたのですが、これである程度持ち直しましたもの。
なので、台北に行く度にまとめ買いしてます。


コスメ - 1 (5)

あと、買うと大抵おまけのシャンプー(2種類 ソコソコ量有り)がもらえます。

それで使ってみた人参シャンプー(上写真右)(香りが少々独特)が細くなった母の髪がをフワッと立ち上げてくれるので、現品を購入しましたわ。(本来は抜け毛に効くらしい)


これらの多くは、チャンスがあれば再購入すると思いま〜す。

テーマ : スキンケア&コスメ
ジャンル : ファッション・ブランド

シドニーで買ったお気に入り

歳のせいですかねぇ。

最近は物欲が低下している気がします。

とは言っても。

旅に出て何も買わずに帰る・・・なんて境地には流石に、まだ至っておりません。

行くと一年分買い出し、なんて物もあります。


例えば、


コスメ - 1

これ。

オーストラリア・Thursday Plantation(サーズディ プランテーション)のティーツリー・フットスプレー。
フットスプレーの名の通り、本来は足の消臭や殺菌らしいのですが、私は上半身にもシュッとしてます。
今んとこは、特に問題なく使えてますわ。(その辺は自己責任)

妹も気に入っていて、いつも「私の分も買って来て」と頼まれます。
なお、消臭/防臭効果はあると思いますが、制汗効果はないと思います。

次の旅までの分をストックしておかねばと、一旅で10本以上購入しちゃいますわ。
私のお気に入りドラックストア・ケミストウエアハウスで買えるのですけど、一店に数本しか置いてないので、友達に前もって買ってもらったり、何軒かハシゴしたりしてます。

価格は、偶然見かけたお土産やさんでは9豪ドルなんて表示がされてましたが、ケミストウエアハウスはしょっちゅうセールをしていて、私は5.5豪ドルぐらいで買えました。



オーストラリアと言えば、イソップやジュリークなどのコスメブランドがメジャーですね。

しかし、私が買うのはお手軽価格の、


コスメ - 1 (1)

NATIO(ナティオ)です。

値段の割にはソコソコいい気がします。

ちなみにこれは、一昨年購入したハンドクリーム。


コスメ - 1 (11)

そしてこれは、去年12月に買ったハンドクリーム。


コスメ - 1 (9)

クリスマスシーズンのポーチ付きギフトセットがあったので、これも一つ買ってお友達にプレゼントしました。

緑色がオールスキン向け、白色が乾燥した手向けだったのですが、そんなに違いは感じませんでした。
むしろ、緑の方が若干手のシワが目立たなくなったような。

単品の価格は10〜11ドルぐらいでした。



ここんとこのお気に入りが、もう一つ。


コスメ - 1 (8)

プロポリスの入った歯磨き粉です。
これを使うようになってから、口内のネバつきが減ったような気がしますの。

棚に何種類か置かれておりその時の気分で色々買ってみるんですけど、今回購入したred seal(ニュージーランドのメーカー)はお手頃価格(4.49豪ドル)ですよん。

ちなみに、これはJALの機内誌でも紹介されてました。


そうそう。

我がブログに何度も出てくるケミストウエアハウスですが、今回行ったら、なんと、私のメインカードJCBが使えるようになってました。

でかした!JCB!

あと、ウールワースとコールスで使えるようになったら、ほぼ完璧だぞ!

もう一歩、頑張れJCB!

テーマ : オーストラリア旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

mizmiz

Author:mizmiz
 毎日ほんのり幸せかな〜♪
旅行好きの一応JALマイラーです

最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター