台湾ドラマ 威廉王子(プリンス・ウィリアム) 全14話視聴しました

当初は主役はあくまでも阿彬(アビン)で、威廉(ウィリアム)は端役だと思っていました。
が、回が進むにつれウィリアムの登場場面が増え、そして、どんどんブラックになっていきました。
もう、ダブル主役状態です。

とは言え、演じているのは一人ですけど。


前にも書きましたが、台湾ドラマは「セカンド嬢」が壊れるパターンが多いと思うのですけど、これは「セカンドくん」が壊れる展開でしたわ。

威廉てば被害妄想がどんどん悪化していき、遂には阿彬の優しいお母さんまで傷つけてしまいます。
それを知った阿彬は怒り、威廉の妹・易欣から離れ、兄を助けて欲しいという彼女の頼みも拒否します。

まぁ、当然ですわな。

でも、そこは台湾ドラマ。

意識を取り戻した母親に諭された阿彬は威廉を許し、会社の乗っ取りを阻止し、なんと、威廉に請われて易山建設の執行長(社長)になっちゃいます。
威廉の病気が回復した後は、村に帰ったみたいですけどね。

そして、威廉は凱蒂と、阿彬は易欣と結ばれ、全ては丸く、ハッピーエンドでお話は締められました。



これは、主役を演じた彼のファンにはたまらないドラマだったと思います。
そうじゃない私が見ても、彼は頑張っているなぁと思いましたもの。

でも、単純にドラマとして見ると、つまらなくはないけど・・・普通、でしょうか。
台湾での視聴率もあまり高くなかったようですしね。
尤も、視聴率が高いものが私にとっても面白い、とは限りませんけど。


重複になりますが、彼を好きな方には超お勧め!ドラマですわ。
普通の台湾ドラマファンになら「時間があるならご覧になって下さい」かなぁ・・・。
スポンサーサイト

テーマ : 台湾ドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

Secre

プロフィール

mizmiz

Author:mizmiz
 毎日ほんのり幸せかな〜♪

最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター