台湾ドラマ 愛上兩個我 13話まで

台湾ドラマを相変わらず見てます。
既に放送が終わっている長いのや、現在台湾で放送中のや。

どっちについて語ろうかしら。

そうですねぇ。
たま〜に検索していらっしゃる方のある炎亞綸(アーロン)くんのドラマ「愛上兩個我」にしようかな。


現在、第13話まで見ました。(6話までの感想はここに)

天行は小鹿をみんなの前から消滅させ、天行としての自分を樂思に好きになってもらおうとするんですけど、全くダメ。
で、結局、本来の自分を捨て、樂思が愛している小鹿として生きていこうと決心するのです。

ところが。
天行が小鹿だとみんなにバレてしまうんですねぇ。
兄亡き後一生懸命守って来た会社(OZ)を我がものにしようと近づいたと思い込んだ陶樂思は、当然大きなショック&怒りで、天行に別れを告げます。
そして、セカンドくんは「今までは彼女が幸せならそれでいいと見守っていたけど、これからは自分が彼女を守り、幸せにする」と天行&樂思に宣言します。

ま、この辺は予想通りの展開です。

ただし、セカンド嬢が。
なんか、意味不明の行動で下半身不随になっちゃいます。
これが第11話だったかなぁ。
あまりにもベタ過ぎる安直な展開に、ワタクシは一気に視聴意欲ダウン↓。

まして、医者から「一生歩けなく可能性が高い」と言われていたのに、結構早く立てるようになります。
なのに、兄ちゃんもお母さんも「天行に側にいて欲しいのなら、彼には黙っていろ」と黒家族発言。

・・・セカンド嬢が歩けなくなるって展開、今私が見ている別の台湾ドラマでも使われているんですよねぇ。

天行は「それでも僕は陶子(樂思)を諦めない」とセカンドくんに言うものの、12&13話は中だるみですね。
そう、本来なら2人、特に天行の、切ない表情にキュンキュンする・・・はずなんだけどなぁ。

一度引いてしまった私の気持ちを再び盛り上げるエピ、カモ〜ン!


ちなみに、セカンド嬢兄ちゃん役の俳優さん。
目も唇も細薄くて、ホントにいぢわるそうなお顔立ちです。
てか、今にもっと悪巧みを仕掛けてきそうな雰囲気を出し過ぎです。
私が彼を見るのは3回目ですが、過去2回もワルでしたものねぇ。
あ、でも1回(愛情女僕)は、後半お茶目ないい人になりましたっけ。

俳優さんで言えば、セカンド氏Leo役の俳優さんは、以前見たドラマ「真愛黒白配」で堅物七三分けメガネの税理士役でした。
あまりにも違う外見に、最初は同じ人に思えませんでしたわ。

一方、セカンド嬢は最初の登場こそキャンキャンうるさかったですが、よく見ると地味可愛くて、結構ワタクシ好みかも。
彼女がヒロインだった方が、もっと身を入れて見られたかも。←ヒロインファンの方、すみません。


さて、視聴率は特別高い訳ではないもののソコソコ取っているようです。
あと何話あるのかしら。
ワタクシの根拠のない予想では、16話以上ありそうな気がしますわん。
スポンサーサイト

テーマ : 台湾ドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

Secre

プロフィール

mizmiz

Author:mizmiz
 毎日ほんのり幸せかな〜♪

最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター