羽田空港 国際線から国内線へ

2014年4月台湾旅。
今回は、復路(台北松山空港ー東京羽田空港ー愛媛県松山空港)を、本編の台湾旅より先に書いております。


羽田国際空港1

入国の荷物チェックを終えて自動ドアが開くと、こんな出迎えが。

ピンク色や♡の「KAWAII」が、今の東京のセールスポイントなのかしら。
一応女子の私は、ラブリーな気持ちになれましたわん。

羽田国際空港2

今まで、台北松山空港では台北ー羽田間のチケットしか貰えなかったのですが、今回は羽田ー松山間のものも頂けました。
スーツケースの行き先テープも、台北で巻かれたものがそのまま国内線でも使えましたわ。
国際線の荷物受け取り後すぐに剥がさなくて、よかったです。(これもエコですね)

ですから、この乗り継ぎチエックイン・カウンターではなく、その手前の荷物預けカウンターに行けば良かったんですよね。
もちろん、ここでも荷物を預けられますけど。


羽田空港連絡バス

ANAさんでは、国内線と国際線を結ぶ、滑走路内を通るバスが運行され始めたとか。

JALさんも、かつてはあったのに、いつの間にか無くなっちゃんですよねぇ。
まぁ、私が乗った数回はいつも数人しか乗ってませんでしたから、仕方ないかなぁとは思いますが。
でも、端っことは言え滑走路内を走るなんて経験は滅多に出来ませんから、私は好きだったんだけどなぁ。
復活を、静かに強く願っておりますわ。

で、今回も0番乗り場から外回りの無料バスに乗って、国内線第一ターミナルへ。


羽田空港土産1

カード切りたい病は、最後まで私の脳を冒してました。
だってぇ、私の好きな「麻布かりんと」の、それも羽田空港オリジナルがあったんですも〜ん。

羽田空港土産2

そして、ワタクシ的マスト・バイの「鳩サブレ」。


JALのサービスクーポン

国内線では、ファミリーマートでお茶が貰えるクーポンが配られていました。
往復で一枚づつ、しっかり頂きましたわ。(調べてみたら、キャンペーンはもう終わっちゃったみたいです)


キャンペーンと言えば、登録したのをすっかり忘れていたのですが、それにより、今なら松山ー羽田間のマイレージポイント2倍になるんですよね。
おかげで、松山ー羽田間のマイレージポイントの方が羽田(成田)ー台湾間より多いという事態に。

マイレージが増えて嬉しい事は嬉しいのですけど、肝心の台湾便のマイレージポイントの少なさが物悲しくて、複雑な気持ちです・・・。
スポンサーサイト

テーマ : 飛行機/フライト/機内食
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

Secre

プロフィール

mizmiz

Author:mizmiz
 毎日ほんのり幸せかな〜♪

最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター