パリ やっぱりオルセー美術館が好き

2013年4月パリ旅。

旅行前にBSでリニューアル後の館内を案内する番組を見ましたし、元々光と影を配慮したやさしい色調の印象派絵画が好きですから、行くのを楽しみにしていましたわ。

ミュゼ・オルセー=オルセー美術館。

距離の割にメトロだと乗り換えなくてはいけないし、バスで行くのも面倒だったので、オペラ座近くのアパルトマンから朝のお散歩がてら歩いて行きました。
20分ぐらいかかったかな?
9時半から開演しているオルセーですが、私が入口に到着したのは10時前でした。

これまで何度か行ってますけどリニューアル後はもちろん初めてですから、ちょっとワクワク♪
はい、気持ちが前のめりだとついつい・・・またしても外観の写真を撮り忘れちゃいました。

オルセー美術館1

あ、でも入口の写真だけは取りました。
入口は四カ所ありますが、ミュージアムパスを持っているなら、C入口へ。

切符を買う為に並ぶ人達を横目に、待ち時間0分で入場できました。
実は、パスを持ってどの入口か分からずキョロキョロしていたら、C入口に立つカッコいい係員のお兄さんに笑顔で手招きしてもらいましたの。

オルセー美術館2

駅舎だった建物を改装して、1986年に開館したオルセー美術館。

オルセー美術館6

駅の名残を感じさせる当時と同じ大時計が、今も時を知らせてくれています。

以前はルーブル同様絵画の写真撮影OKでしたのに、いつのまにか禁止になっていました。
なので、絵画の写真は一枚もありません。

ちなみに。
テレビで見た情報によると、今回の改装で壁の色や天井からの自然光の取り入れ方まで注意を払い、絵がより美しく見られるよう展示されているそうです。


オルセー美術館3

私は上階から攻めたのですが、階段を上り5階に着くと素敵なカフェ・カンパナ(CAMPANA)が。
まだ開店前でしたからガラガラですが、オープンすればすぐに人で一杯になるはずです。

オルセー美術館4

番組で紹介されていたヒトデ型のソファーを発見。
私ももちろん座って尻跡を残してきましたわ

そう言えば、このヒトデ型ソファーも5階のカフェもブラジル人デザイナーの作だったかと・・・。



オルセー美術館5

パリって、誰が撮ってもそれなりに素敵な写真が撮れますわぁ。



パリの美術館内を歩くと、美術の教科書や美術書で見た絵画の実物が何気なく置かれている凄さにオノノクんですけど、余りにあり過ぎて、しばらくすると感覚が麻痺してしまいます。
そして、ついつい絵画を楽しむより「見た」って事実(枚数)を増やそうってな姑息な考えになっちゃうんですよね。

私も、いいかげん、ゆったりとした気持ちで純粋にじっくり絵を楽しめる大人になりたいですわ。
スポンサーサイト

テーマ : パリ、フランス
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

Secre

プロフィール

mizmiz

Author:mizmiz
 毎日ほんのり幸せかな〜♪

最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター