今見ているドラマ 一口感想

もちろんドラマは毎日見てますが、今は特に熱く語りたいものが無いんですよねぇ。

なので今日は、色々なドラマへの一口感想(毒吐き)をさせて頂きます。


まず日本のドラマは、身を入れて見ているのが3本です。
それのどれもが低視聴率ってのが、ワタクシ的に納得がいかないですわ〜。(つまり、あのドラマは入っていない)
どれも面白いと思うんだけどなぁ。
まぁ、それらについては全て見終わってから改めて。


台湾ドラマ「僕らはふたたび恋をする」は、再視聴(1度目は日本語字幕無し)なんですが。
なんでだろ・・・一度目よりイライラ度が高いです。
最初は泣いてばかりの子役ちゃんに、次はヒロインの無理からドジ満載エピソードに。

これらに私がイライラしてしまう根底には「台湾ドラマなのに、なぜ韓ドラ色を混ぜたの!」って不満があるんですの。
台湾ドラマでドロドロしたり、子供に対して理不尽な事をする親は、見たくありませんわ。

現在テレビで放映されているただ一つの台湾ドラマなので見てますけど、そうじゃなかったら、リタイアしてますわ。


韓国ドラマ「イニョン王妃の男」は、やっぱりいいですねぇ。
恋愛パートでイヤな人がいないって言うのが、ストレスフリーで、いいです。
これから、増々面白くなるんですよ〜♪

それに比べるとファミリードラマ「きらきら光る」は、THE 韓ドラ、です。
まずはお金持ちと貧乏家族の娘が産院で取り違いられ、貧乏家族のお母さんが間もなく失明する事がわかり、ヒロイン二人が一人の男性を好きになり、そのお母さんは徹底的にヒロインを嫌ってひどい事をしまくる・・・とてんこ盛り。
でも、韓国ドラマで韓国ドラマっぽい設定は、受け入れられますわ。

ヒロインの相手役が石原良純氏や台湾俳優・明道くんに見えますが、でも、だんだん「あら?素敵かも?」と韓ドラマジックにかかりそうになります。
明道くんは好きですけど、彼は私にとって例外中の例外お気に入り俳優さんで、本来はああいった「濃い昭和顔」は苦手ですから、辛うじてかかっていませんけど、ね。


そうそう。
BSのドラマ(日本の)も見てました。
今週からBSフジにて月〜金の朝8時半から放送されている「イタズラなkiss〜Love in TOKYO」です。

イタキスは、まず1990年代に日本でドラマ化されましたけど、ドラマファンの間では台湾バージョンが名作として有名ですよね。
数年前に韓国バージョンも作られましたが、今年また、日本でリメイクされました。

最初に日本で作られたものはかなりアレンジされたストーリーでしたが、今回は原作に近い作りです。
結婚までの過程を全16話で描かれているそうですよ。

全般的にサラッと流し過ぎな気もしますが、期待せず見始めたのでソコソコ楽しめてます。

今日が第五話でしたから、来週(多分大学編)から見始めても充分間に合うと思いますよん。
スポンサーサイト

テーマ : テレビドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

Secre

プロフィール

mizmiz

Author:mizmiz
 毎日ほんのり幸せかな〜♪

最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター