台北 郭元益さんでパイナップルケーキ作り体験

興味がある事は、とりあえず挑戦してみたいワタクシ。
「旅の恥はかきすて」って訳でもありませんが、台北でも時々やっております。
以前だと、小籠包作りにチャレンジいたしましたっけ。

で。

結構前から知っていた、お菓子メーカー郭元益さんで開かれているパイナップルケーキ作り教室。
気になりつつもなかなか予定を入れる事ができなかったのですが、2013年1月旅にて、やっと実現できました。
張り切って写真を撮ったので、一杯貼っちゃいますよん。

まず、申し込みは郭元益さんのホームページ(ここ)からメールで行ないました。
最初に希望していた日は団体さんで一杯だと返信が来たので、結局帰国日前日に伺いましたわ。
尚、メールのやり取りは全て日本語で大丈夫でした。

受講料は300台湾元、お手頃な値段ですし価格以上の価値があると思いますわ。
なお、台北ナビさんからの申し込みも可能ですが、料金が高くなります。

郭元益1

MRT士林駅から徒歩7〜8分ぐらいかな。
1階は店舗でして、教室は写真左の通路からエレベーターに乗り4階です。

郭元益2

一日に午前と午後の2回開かれますが、私が参加したのは午前のクラスでした。
この日の参加者は私の他に日本人の女性二人と韓国人の女の子一人の計4人、実際に教えて下さる女性は中国語ですが、メールのやり取りをした男性社員の方(上写真)が日本語に訳して下さいます。

郭元益3  郭元益4

さぁ、パイナップルケーキを10個作ります。

お菓子作りは、ひたすら混ぜていく作業が続きます。
泡立て器の方が空気が入って混ざりやすいですけど、使うのはこのゴムベラ1本のみですので、なかなか大変。

バターに砂糖を加え、

郭元益5  郭元益6

お砂糖のザラザラが無くなり色が白っぽく滑らかになるまでひたすら混ぜ続け、粉を加えます。

郭元益7

パイナップル餡はちゃんと10等分されていました。

郭元益8  郭元益9

生地を棒状に伸ばして10等分にし、パイナップル餡を包みます。
この辺は、餃子や小龍包作りに似てますわ。

郭元益10

型がズラッと。

郭元益11

好きな模様を入れていいですよと言われましたが、思い浮かばず、無難なスマイルマークにしました。
竹串で書くのですけど、これが案外難しかったですわ。
隣に座っていた韓国人女子ちゃんは、職場の同僚さん達の名前をハングル文字で入れてました。
ええ子やな〜。
きっと職場の皆さんに喜ばれたでしょうね。

郭元益12  郭元益13

表面をきちんと平らにしていなかったので、焼き目がまだらになっちゃいました。

それを自分で包み、

郭元益14

9個入りの箱に詰めます。


郭元益15

スタンプも自分で押して、

郭元益16

出来上がり〜♪


箱書きにある通り、頂級手藝(超級手作り)です、えっへん! ←言ったもん勝ち
肝心の味は、私の熱意が入っている分美味しさ1割増かしら


パイナップルケーキをオーブンで焼いている間に1階下の博物館を見学したのですが、そこも楽しかったので、それについても次回書いちゃいますわん。
スポンサーサイト

テーマ : 台湾
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

Secre

プロフィール

mizmiz

Author:mizmiz
 毎日ほんのり幸せかな〜♪

最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター