FC2ブログ

パリでバターを買いました

2018年4月ロンドン&日帰りパリ旅。

ユーロスター利用で日帰りパリ旅行も楽しみましたが、その主目的は、ルーブル美術館とフランス産発酵バター購入でした。


シンガポールでは、

バター - 1 バター - 1 (1)

LURPAKとエシレの無塩&有塩を買ったんですよね。


この時同様、今回の旅でも保冷剤と保冷袋をスーツケースに詰めて臨んでますから。
ただし、パリからロンドンへの移動は保冷袋のみでしたので溶けるのが心配で、あまり多くは買えませんでしたの。

必ず買うわ!と握りこぶしで決めていたのは、


バター - 1 (3)

ベイユヴェール(beillevaire)。

前回のパリ旅で買えなかった有塩と、


バター - 1 (4)

フランス人は主にこちらを使うと言う無塩を購入。

値段は250gの物がどちらも5.2ユーロでした・・・多分。(この値段があっているかどうか、ちょっと自信ありません)


バター - 1 (5)

包み紙を開くとこんな可愛いバターが現れます。

賞味期間が2週間ほどと短いので、帰国してすぐ小分けにして冷凍いたしましたわ。


バター好き日本人に有名なフランスのバターは、「エシレ」「ベイユヴェール」と、


バター - 1 (2)

「ボルディエ(Bordier)」(写真上)じゃないかしら。

私はこれまでなんとなくボルディエに食指が動かなかったのですが、この海藻入りが特に美味しいと聞き、小サイズ(125g / 3.9ユーロ)を買ってみました。
ご当地でも、そこそこのお値段(500円以上)ですわ、奥さん!

実はこれ、まだ食べておりません。
もし目から鱗のお味でしたら、改めてご報告いたしますわん。

ちなみに、写真下の「Sel de Mer」は前回のパリ旅で毎朝食べていた「塩結晶入りお手軽お値段バター」(125g/1.49ユーロ)です。
結晶なので塩味は強目ですけど、これだって十分おいしいですよん。



ただ。

期待感たっぷりでトーストにヌリヌリしましたのに、前回ほどの感動が感じられませんでしたの。
なぜだろう、なぜかしら・・・加齢による味覚の鈍化かしら?と心配しましたが、「マツコの知らない世界」を見て、バターのみを舐めてみるとミルクの味と香りをしっかり感じました。

著しい老化ではないみたいと、ひとまず安心いたしましたわ。

そして。
トーストではなくバケットなどに柔らかめのバターを多めにのせて食べるのがベストではないかと、オトナ女子は思いました。


ちなみのちなみに。

ヨーロッパだと、夏季は無理かもしれませんが、それ以外ならホテルを出る直前まで冷蔵庫に入れておけば保冷剤がなくても溶けることなく持って帰れるみたいですよ。
私は、心配性なのでとりあえず用意はしていくと思いますけど、ね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

ちびちびと使ってます

とっても美味しいです!!
ちなみに我が家はバゲットで食べることが多いかなあ・・・。

Re: ちびちびと使ってます

cassandreさん

それがベストな食べ方だと思います。
もっと買えばよかったです。
プロフィール

mizmiz

Author:mizmiz
 毎日ほんのり幸せかな〜♪
旅行好きの一応JALマイラーです

最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター