FC2ブログ

ロンドンのお買い物はTea & Biscuits

2018年4月ロンドン旅。

旅の目的を鑑みて、今回の宿はKing's Cross St.Pancras駅近くのアパートメントスタイル・ホテルにしました。
小さな不満はいくつかありましたが、総体的にはいい選択でしたわ。

セント・パンクラス駅まで歩いて5分ほどでしたので地下鉄運行前に出発するユーロスターの始発便(午前5時40分)に問題なく乗れましたし、食べ物屋さんやパブやスーパーも徒歩5分以内にいくつもありましたから。

なかでも、スーパーマーケットのwaitroseへは毎日のように行ってました。


M S - 1 Booots - 1

行く前には、馴染みの「マークス&スペンサー」や「Boots」を利用するつもりだったんですけど、


M S - 1 (1)

こちらの方が近くて品数も多かったもんですから。
なお、私が行っていたのは、waitrose Bloombury店です。

このスーパーはデパートが親会社だとかでちょっと高級なスーパーらしい(イギリス人の友人もposhと形容してました)のですが、スーパーですので、入りにくい雰囲気などは全くありませんでした。
ただ、価格は庶民派スーパーより少し高いようです。

ホテルに着いてすぐにお水やビールを買いに行きましたし、夕ご飯のお惣菜を買ったり、お土産も沢山買いました。

ビールと言えば、イギリスって今も瓶ビールが主流みたいですね。
少なくとも、ここは全体の3分の2ぐらいが瓶でしたもん。

で、初日は栓抜きがないわと数少ない缶を一つ買ったのですが、滞在していた部屋は小さなキッチン付きで栓抜きがあると分かり、翌日には瓶ビールを数本買いましたわ。

ロンドンで手頃な値段の美味しいレストランなど探すつもりもなかったので、部屋で食べる夕ご飯用にインディアン・カレーとかラップサンドも買いました。

イギリス(ロンドン)は日本以上にお惣菜(Ready Mealと言うそう)がたくさん売られていましたよ。
ただし、大抵はレンジもしくはオーブンが必要ですので、普通のホテル滞在だとこれらの利用は向かないでしょう。


だとしても、お土産を買うのにとっても便利です。


waitrose - 1 (7) waitrose - 1 (9)

イギリスと言ったら「ショートブレッド」ですよね、奥さん!

waitroseにはチャールズ皇太子が携わっているプライベート・ブランド「DUCHY organic」のショートブレッドがあります。(一箱2.2ポンド)


waitrose - 1 (8)

イギリス人は、生姜好きですよね。

いいことです。
私が自分用に買ったのは、当然コレ(STEM GINGER=生姜の砂糖漬け入り)ですわ。


waitrose - 1 (6)

ちなみに、生姜茶も買いました。


とは言え。

ショートブレッドといえば、赤いチェックの


waitrose - 1 (5)

Walkers、ですよね。


waitrose - 1 (1)

お土産に良さげな缶入り(約3.5ポンド)もありました。

でも、High Street Kensington近くにあったアメリカ資本のホールフーズ・マーケットで、も〜っとイギリスらしい


wholefoods - 1

ユニオンジャック缶が買えました。
一つ4.5ポンドぐらいでしたから、お土産にぴったりじゃないです?

最初にコレを見ていたら、大量に買ったのになぁ。


そういや。


waitrose - 1 (4)

こんなんも買いました。

え?
なんで日本でも売ってるオレオやマクビティを買ったのかって?

よく見てください。

「THINS」ってあるでしょ?
はい、通常より薄いんです。
テレビCMを見て、思わず買っちゃいましたの。

イギリス人もダイエットなんでしょうねぇ。
体重は気になるけど食べたい→薄けりゃカロリーを控えられる、って思考なのかなぁ。

えぇ、確かに薄いです。

でも、味はオレオでマクビティです。
そして割高な気がします。


waitrose - 1 (10)

昔からあるらしいキャラメル・ウエハース・ビスケットも買いました。

でもコレ、すごいカロリーだそうです。
あ、そう言えばショートブレッドも高カロリーだと聞きました。


そうそう。
ロンドンに行ってイギリス英語だわぁと思った単語は、日本人にとっての「クッキー」が「ビスケット」だったこと。
そんな「ビスケット」を大量に買いましたが、同じぐらい買ったのが、


waitrose - 1 (13) waitrose - 1 (12)

紅茶です。

お土産用にはティーパックを、自分用にはリーフを購入。
ちなみに、自宅で使うようなお徳用パックのティーパックには紐がついてないことが多いです。


とは言え、普通の紅茶よりハーブティーやフレーバーティーの方が売り場を占めてました。


waitrose - 1 (11)

私は二種類のチャイを買ってみました。
お、これには紐がついてますね。


他に、


waitrose - 1 (3)

事前にチェックしていたMaldonの塩を一箱、


waitrose - 1 (2) waitrose - 1

waitroseのスコーンも買ってみました。

日本に持ち帰って食べたのですが、やっぱりスコーンにはクロテッドクリーム、もしくはホイップ生クリームが必要ですね。
とろみのあるクリームなしだと、たとえバターを多めにのせてもボソボソしちゃいます。


waitrose - 1 (14)

何気に買ってよかったと悦に入っているのは、waitroseのエコバック。(多分3ポンドぐらい)
だって、可愛いでしょ?

いっぱい買って友達にバラまきたかったなぁ。



もうお分かりかもしれませんが、今回ワタクシ、大したものは何も買っておりません。
これら(食べ物)が、ほぼ全てです。

自分のために買った残る物って、エコバック以外だとロンドンのナショナルギャラリーやパリのルーブルで買ったマグネット(一つ約500円)ぐらいですから。


でも、楽しい体験を沢山できたので、今回の旅の満足度は、かなり高いですわん。
スポンサーサイト

コメントの投稿

Secre

キャラメル・ウエハース・ビスケット

写真を載せていたTunnock's社のキャラメル・ウエハース・ビスケットは、なんとスコットランドのものなんだよ~~~。

結構有名なのかシドニーでも売っています♪

Re: キャラメル・ウエハース・ビスケット

智さま

あらん、これってスコットランドだったの?
食べたことあります?

キットカットに更に薄くキャラメルが挟まってる、高カロリーに違いないお菓子です。
美味しかったけど、一本を食べるのさえ私にはちょっとヘビーでしたわん。
プロフィール

mizmiz

Author:mizmiz
 毎日ほんのり幸せかな〜♪
旅行好きの一応JALマイラーです

最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター