2017年5月のドラマ忘備録

ここんとこ見ているのは、ほぼ日本のドラマです。

2017年春期ドラマで見続けているのは5本、かな。
今現在好きなのは「人は見た目が100%」と「ボク、運命の人です。」の二本。

「人は・・・」は視聴率が散々らしいですねぇ。
どうしてだろ。
ワタクシ、桐谷嬢はどっちかって言うと苦手なんですけど、このドラマでの彼女は可愛いと思いますのに。

ただ、ギャグのノリが昭和ですよねぇ。
オーバー40じゃないと理解できないものもありますもん。
だから我が姪など「つまんない」と言ってますわ。


「ボク・・・」も楽しく見てますが、やっぱり、主役二人の役が逆ならよりいいのに・・・と頭の片隅で思っちゃってます。
それだと「いかにも」な設定には、なっちゃいますけどね。

でも、私はそっちで見たい!

ところで。
このドラマで「セカンドくん」満島真之介くんの人気が上昇中、とか。
2年前の深夜ドラマ「恋愛時代」の頃からホンノリ応援していたので、嬉しいですわ。




京都人の密かな楽しみ - 1   京都人の密かな楽しみ - 1 (1)

最近のドラマでプチハマりしたのがNHK・BSで再放送された「京都人の密かな愉しみ」です。
「秋」「夏」「冬」「名月」「桜散る」と5話作られたようですが、いつものように偶然見つけたので、私が見られたのは「冬」と「桜散る」のみです。

全編通じてのドラマ(常盤貴子嬢主演)、各季節のプチ・ドラマ、そして京都人の食&生活紹介、と大まかに三つのパートからできているんですが、見ているとしっとりとした気分になりました。
その後しばらく、脳内の独り言が(エセ)京都弁でしたわ。

京都って、特に興味がなかったんですけど、久しぶりに行ってみたくなりました。


ちなみに。

常盤貴子嬢は何代も続く老舗の和菓子屋さんの若女将なんですが、そこで働く職人さんを演じた方が、本当の職人さんかと思うような、素敵な雰囲気を持ってらっしゃいましたの。


京都人の密かな楽しみ - 1 (2)

「いわすとおる」さんとおっしゃる方でした。

京ことばが本当に自然だったので間違いなく京都人でらっしゃるのだろうと思いつつ、ちょこっと調べてみましたら、なんと、京都太秦撮影所の専属俳優さんでした。
つまり、時代劇がメインの方です。
つまりつまり、殺陣をバリバリされている方だったんです。
もう、全然そんな風には見えませんでしたのに。
役者さんって、すごいなぁ。
ただし、出身は大阪府でらっしゃいました。

シャーロット・ケイト・フォックスさんも出てらっしゃいましたが、今回は京都弁までこなしてらっしゃいましたわ。
そして相変わらず、綺麗で可愛い!
日本のドラマだとどうしても役が限定されてしまいますが、彼女を、もっと見たいなぁ。

それより、なにより。

全編見たかった!
スポンサーサイト

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

Secre

プロフィール

mizmiz

Author:mizmiz
 毎日ほんのり幸せかな〜♪

最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター