2017年4月 ジャルの機内で観た映画

日本ーシンガポール間の機内では、往路で4本、復路で1本の映画を見ました。


一本目に見たのはアニメーション「SING」。
これは見るんだって決めてましたの。

オリジナル(英語音声)にしようか迷いましたが、日本語吹き替えを選択しました。
う〜ん・・・そこそこ面白かったですが、ちょっと期待値を上げすぎたかな。


2本目に選んだのは、


ライオン 25年目のただいま - 1

「ライオン 25年目のただいま」。

私は映画館で重い映画を見るのに抵抗感がありまして(お金を出してどうして暗い気持ちにならないといけないんだ・・・と)、この映画は気にはなってはいたんですけど見に行く気にはなれなかったんです。

あ、そこまで暗い映画ではなかったですけど。

これって、実話を基にしているんですって。
確か今夜、フジテレビ「アンビリーバボー」でその実話ストーリーが紹介されるはずです。

インドの貧しい家で生まれ育った5歳の男の子が迷子になって長距離列車に乗ってしまい、運よく・・・なのかな、オーストラリア・タスマニアで養子になります。
その後、それなりに幸せに成人しますが年とともに本当の家族が気になり、育ての親のことを思って葛藤するものの、グーグルアースを使って生まれ故郷を見つけ出し、会いに行くお話です。

どちらかというと静かな映画でしたが、主人公、実の親(母)、育ての親(特に母)などの気持ちを思うと、心にズーン!ときましたわ。

いい映画でした。


主人公がなかなかイケメンだなぁと思いつつ見終わったんですが、その気持ちのまま映画案内を見ていたら、


スラムドック・ミリオネア - 1

以前映画館で見た「スラムドック・ミリオネア」を発見。

続けて見ちゃいました。

で、すぐに「あれ?」と思い、チェックすると、やっぱり!

主人公を演じた二人は同一人物、デーブ・バテールさんでしたわ。
あらぁ、スラムドックの時は少年だったのに、すっかり立派な青年になってねぇ。

またしても、近所のおばちゃん気分になっちゃいました。

この二本を続けて見られて、良かったですわ。


JALさん、

やるぅ!
スポンサーサイト

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

コメントの投稿

Secre

プロフィール

mizmiz

Author:mizmiz
 毎日ほんのり幸せかな〜♪

最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター