台北 タクシーをチャーターして十分&九份 ②

台北ナビを通じて、宸達さんの専用車チャーターで行った十分&九份半日旅。


九份 - 1

九份です。

十分老街から車で1時間ぐらいだったかな?

九份も十分に負けないぐらいの人混みです。

月曜日なのに。

台湾有数の観光地、とはいえ変ですわ。
で、運転手さんに聞いてみましたら、なんと、この日は台湾の祝日、それも三連休の最終日だったんです。

知らんかった!

だからこんなに人で溢れてたんですねぇ。


九份 - 1 (1)

入り口でとりあえず記念写真を撮りましたが、商店街もすごい人でした。
通路もかなり狭いですし、渋谷の交差点並みの人口密度です。


九份 - 1 (2)   九份 - 1 (3)

ここで名物の芋団子を食べるつもりでしたが、歩き始めた途端、ママンが「あれ食べたいわ」と。

これは・・・彼女は見てないと思いますが、確かテレビの旅番組で紹介されていましたわ。
飴で固めたピーナッツをカンナで削ってアイスクリームと一緒に薄皮で包んだおやつ(45台湾元)、です。
「ママン、この後あなたの好きなモチモチ団子を食べるからやめときましょ」と言っても聞く耳持たずな彼女。

ふぅ(ため息)。

えぇ、買いましたわ。
まぁ普通に、美味しかったです。

で、行列のような人混みに揉まれながら(そんな中をバイクが通ったりします)、九份と言ったらココ的階段までたどり着きました。
でも下に降りるのではなく、上に登るんですねぇ。


九份 - 1 (4)

目的は、ここ「九份阿柑姨」の、


九份 - 1 (5)

芋団子(芋圓)です。
これも45台湾元でした。
ワタクシ的には、先ほど食べたのよりこちらの方がお得な気がしますわ。

案の定、ママンの大好きな食べ物でした。
未だに「あれは美味しかったわ」と申しておりますもの。

あぁ、私のQQ(モチモチ)好きは、母親譲りかもしれませんね。

そうそう、ここは外の眺めもいいんです。
この日は満席で窓際の席などとても座れず、また写真も撮らずじまいでしたから、いつか再訪したいですわ〜。


九份 - 1 (6)   九份 - 1 (7)

出口付近には作業所&即売所がありました。
「今日中に冷凍してください」と言われてもママンは買っちゃったのですが、まだ数日台湾にいる私達だったので、結局運転手さんにお礼代わりに差し上げました。
彼はそれほど嬉しくなかったかもしれませんけど、気は心で。


九份 - 1 (8)   九份 - 1 (9)

赤いランタンが揺れる階段は、とんでもない人混みになってまして。
まして下から上がってくる人達もいたもんですから、しばらく身動きできないほど。
だもんで、景色を楽しむ余裕など全くございませんでした。

ま、ママンは芋団子を食べてそこそこご機嫌でしたけど、彼女にとって九份は「おいしい芋団子を食べられる街」とインプットされてしまったようです。

台北でも同じようなものを食べられる、とは、もはや言えませんわ。


九份 - 1 (10)

階段の終わりにはこんなお店が。
ジブリを意識しているのかな?



楽しかったですけど、これからは台湾の祝日をもっとちゃんとチェックしようと心に誓いましたわ。
それと、夕暮れ時の九份を楽しむなら、季節にもよりますが、六時過ぎた方がいいと思います。
スポンサーサイト

テーマ : 台湾旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

Secre

プロフィール

mizmiz

Author:mizmiz
 毎日ほんのり幸せかな〜♪

最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター