香港映画 寒戦 Ⅱについて(未鑑賞)

2016年7月台北にて。

MRT構内で見た


寒戦 Ⅱ - 1 (1)

映画「寒戦 Ⅱ」の電飾ポスター。
確か、私と同じ時期に映画のPRで郭富城(ゴッ・フーシン/アーロン・クォック)氏が台北に来ていたと思います。

Ⅱってことは「Ⅰ」があったんですよね。
調べてみたら2012年に香港他で公開され大ヒットした模様です。

私のアジアへの第一歩は香港映画だったのに、それすら知りませんでしたわ。


12月に台北駅にでっかいポスターが架かっていた「葉問 3」も、3はもちろん1も2も見てないですから、もう香港映画好きだなんて言えませんね。
ちなみに英会話のせんせ(オーストラリア男性)に「2は今ひとつだったけど、1はすっごい面白かったよ、見てないの?」と言われましたわ。


話を元に戻して。

更に調べましたら、香港映画の警察ものですがアクションではなく心理戦的内容らしく第二の「無間道/インファナルアフェア」とも言われていたらしいです。

あ〜、つまり私の中途半端な広東語&中国語能力では全く歯が立たない内容ですな。


寒戦 Ⅱ - 1

別の場所にはこんなポスターも。

いやん、周潤發(チョウ・ユンファ)氏も出ているのですね。
彼こそが、私を「一歩入れば抜け出せないアジア」に引き込んだ張本人です。


やっぱり。
次回台湾を訪れてもしDVDが販売していたら、理解度低め覚悟で1&2を買ってみようかなぁ。
スポンサーサイト

テーマ : ☆.。.:*・゚中国・香港・台湾映画゚・*:.。.☆
ジャンル : 映画

コメントの投稿

Secre

No title

かれこれ25年くらい前。
土曜の深夜にボンヤリ起きてて、テレビから流れてきたのが、
男たちの挽歌。
何も考えずボンヤリ見てて。最後に号泣したって言う(笑)
なーつかしーなー。

Re: No title

nemoさん

スローモーション、鳩が飛ぶ、二丁拳銃、の男たちの挽歌ですね。
B級臭はいがめませんが、でも、勢いがありましたよねぇ。

周潤發氏のせいで本来私の好みでないヘンテコ映画を、何本見たことか。
今は廃刊になった香港の映画雑誌も定期購読してたなぁ・・・。

懐かしい思い出です。
プロフィール

mizmiz

Author:mizmiz
 毎日ほんのり幸せかな〜♪

最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター