羽田空港 第一ターミナル南ウィングのHitoshinayaさん

2016年5月一泊二日の東京旅。

薄曇りの羽田空港に、予定より少し遅れて到着です。

預ける荷物はなかったはずなのに、またしても機内持ち込み禁止の小物を家に置いてくるのを忘れたため、これを受け取るために荷物レーンで待つ羽目になりました。
こんなキーホルダーのちっちゃなナイフや携帯用爪切りでどうやったら悪いことができるのか、と思いますけど、規則だからしょうがないですわ。

みなさん、私のようなことを何度もしないよう、気をつけましょうね〜。
素知らぬふりで搭乗待合室に入ろうとしても荷物チェックセンサーに見つかっちゃったら、スゴスゴと荷物預けカウンターに戻る羽目になりますよん。



で、本来なら到着階の1階から地階に下りて都内に向かうんですけど、今日は、ちょっと違うんですの。
お昼時ですから、羽田でランチです。

目的のお店は2階の出発階ですからエスカレーターで上へと向かいます。
そして私がいつも利用する中国・四国・九州行き路線の南ウイングではなく、反対側の北ウィングへ。


Hitoshinaya - 1

Hitoshinaya(ひとしなや)さんです。
前から行きたかったのですが、なかなかチャンスがなかったんですよね〜。

お店の名前は一つですが、のれんは三つ、「どんぶり」「あさごはん」「らーめん」と分かれています。
なお、中に入ってから「やっぱりあっちにしよう」と心変わりしても各コーナーは壁で仕切られてますから、一旦外に出て入店し直さなくてはなりませんよ。


Hitoshinaya - 1 (1)

事前調べはしてましたが、いつものように詰めの甘いワタクシ。

「あら、昼なのに朝ごはんがまだ食べられるのね。それならココにしよう」と決めたのですが、後でパンフレットを見ると実はこのコーナーが一番営業時間が長かったです。
つまり、夜でも朝ごはんが食べられます。


それはさておき。


Hitoshinaya - 1 (2)

席に着くと、まずお茶代わりの「ダシ」がサーブされます。
これって塩も入っているのかしら?ちょうどいい塩梅でした。

く〜、しみるなぁ。
日本人の味の原点はやっぱコレですかねぇ。


Hitoshinaya - 1 (3)

「あさごはん」ですから白粥や鮭御膳もメニューにありましたが、ワタクシはガッツリ食べますわ、と「肉御膳」(税込1500円)。

う〜ん♪

一汁五菜だぞぅ!
お昼からご馳走食べてるぅ!


Hitoshinaya - 1 (4)

メインの豚肉を口に入れると、鼻に抜ける炙りお焦げの香り。

ファースト・インプレッション攻撃、成功ですよ、ひとしなやさん。

あ〜、ビールと一緒に頂いたら美味しさ2割アップ間違い無しだろうなぁ。
でも、夜にしっかりアルコールを摂取する予定なので、ここはぐっと我慢です。

ごはんも立ってるぅ、ぅんまい!
空港で食べるご飯としては、かなり高レベルです。


うむ、満足じゃ!
スポンサーサイト

テーマ : 国内旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

Secre

No title

mizmizさん、こんにちは♪
すっかりご無沙汰してしまいました。

羽田空港へいらしたんですね~
こちらのお店、何度となく前を通っているのに
未だに入ったことがありません・・・(汗)

あの入口を分けているのが、どう分かれているのかしら?
っていうのと、入口のメニューが見づらくて・・・。

でも、ブログを拝見したら、結構、美味しそうですね~♪

こんな立派なのが出てくるんだったら、一度試してみたいかも♪
なんて思っちゃいました。


タヌキ猫でした。

Re: No title

タヌキ猫さん

こちらこそ、いつも読み逃げすみません。

あくまでも空港でとる食事の割には・・・ですが、美味しかったですよ。
入り口に綺麗な写真付きのメニュー(お品書き)パンフレットが置いてますから、それを見てから暖簾を決められたらいいのではないでしょうか?

でも、ラウンジが利用できるタヌキ猫さんには必要ないかな?
プロフィール

mizmiz

Author:mizmiz
 毎日ほんのり幸せかな〜♪

最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター