2015年12月 JAL機内で見た映画3本

全く、最近はホント便利♪

飛行機搭乗前から、機内で見られる映画がチェックできちゃうんですもの。
あ、私はついでに機内販売チェックもしちゃいますわん。


羽田ー台北間だと行きが約3時間半、帰りは3時間を切りますから、見られる映画の本数は2作品かせいぜい3作品です。
今回私が見たのは三つ、正確に言うと2.8本かなぁ。

この頃の私は邦画を選ぶことが多いのですが、今回は珍しくすべて外国映画でした。


機内映画 - 1

まず1本目は「コードネーム U.N.C.L.E」。
これ、見たかったんです。

こちら、昨今の映画に多いテレビドラマの映画版リメイクだそう。(0011 ナポレオン・ソロ at 1960年代)
ワタクシ、おぼろげに記憶がございます。
ドラマのストーリーは覚えてませんけど、プレイボーイなナポレオン・ソロと金髪マッシュルームカットの真面目くんの掛け合いが楽しかった、ような気がしますわ。

今回、映画を見て知った驚きの事実が。
ナポレオン氏、実は受刑者だったんですねぇ。
塀の中でのお務めの代わりに国の為にスパイ活動をしてたとは。
知らなかった〜。

それはともかく、期待通りの面白さでした。
これは続編がありそうです。
その時は、映画館で見ますわ。



機内映画 - 1 (1)

スピルバーグ監督、トム・ハンクス主演の「ブリッジ・オブ・スパイ」。
米露の冷戦時に、互いの国で拘束しているスパイ交換の交渉に当たったアメリカ人弁護士の、実話を基にしたお話です。
確か今週から上映されるんですよね。
そうとは知らず、一足先に見ちゃいました。

スピード感がある流れでもなく、かと言ってずっしり重い内容でもなく、でも、そこそこ面白かったです。



機内映画 - 1 (2)

最後の一本は、あら懐かしや、周潤發(チョウ・ユンファ)氏主演のカジノ系映画「賭城風雲Ⅱ」です。
私は彼の「賭神(ゴッドギャンブラー)」で、その後長〜〜い間香港に嵌っちゃたんですよねぇ。

映画自体は「賭神」の足元にも及ばない内容ですし、ユンファ氏も寄る年波には勝てないんだなぁ(フカヒレもツバメの巣パワーも効かないか?)な思いで少々悲しかった、かな。
なので最後までは見ずに飛行機を後にしてしまいましたが、久しぶりに広東語を話すユンファ氏の香港映画を見られたのは非常に嬉しかったです。


ところで。
以前は離陸後シートベルトサインが消える頃まで画面によるサービスが受けられなかったのですが、最近は、テイクオフ前から見られるようになってます。
飛行機が新しくなっているから、なのかしら?

短距離の国際便に乗ることがほとんどの私には、とっても嬉しい変化です。
スポンサーサイト

テーマ : 映画感想
ジャンル : 映画

コメントの投稿

Secre

プロフィール

mizmiz

Author:mizmiz
 毎日ほんのり幸せかな〜♪

最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター