高雄 翰品酒店(シャトー・デ・シン 高雄)で飲茶ランチ

2015年8月高雄にて。


高雄 美麗駅 - 1

高雄というと、何度通ってもつい写真を撮ってしまうのがMRT美麗駅コンコースのステンドグラス。
初めて見た姪は一応「すごい」とは言ってましたが・・・

なんか、感動が薄いぞ!

平成十代女子!!


この日宿泊するホテルに荷物を置いて、さて、お昼です。
選んだのは、二人の方が楽しい「ホテルで飲茶」♪。


翰品酒店 - 1 (9)

目的地は、MRT橘線鹽埕埔駅から徒歩5分ぐらいかな、翰品酒店3階の港都茶楼です。


翰品酒店 - 1 (6)   翰品酒店 - 1 (5)

予約なしでもすぐ席に通してもらえましたが、平日ランチタイムのピークを過ぎた午後1時半でも結構混んでましたわ。

翰品酒店 - 1 (4) 翰品酒店 - 1 (7)

最初にお茶の種類を選んだら、後はやってくるカートを止めて好きなものを注文します。
ほぼ、香港と同じですね。

この時は、ランチの点心が68折(32%引き)でした。


注文したのは、いつでもどこでも代わり映えしない、

翰品酒店 - 1 (1)   翰品酒店 - 1 (2)

春巻きや鹹水角(ハムスイコー/広東語読み)、


翰品酒店 - 1   翰品酒店 - 1 (3)

大根餅や湯葉巻きなど。

それに口直しにとキムチのような小菜も頼み、お茶代(一人20台湾元)服務代(42台湾元)を入れて、合計372台湾元でした。

割引があったとはいえ、お手頃なお値段です。
肝心のお味は、普通に美味しかったですわ。


高雄って、地下鉄に乗っていると結構広東語を話す旅行客らしき人たちを見かけるんですよね。
だから、飲茶(点心)の需要&レベルも高いのかも。


翰品酒店 - 1 (8)

行きはエレベーターを利用したので気付かなかったのですが、階段を降りるとピンクの照明がピカピカ。

インパクトはしっかり感じましたが、もしこれをゴージャスと捉えてらっしゃるのなら、国民性の違い、ですわねぇ。


それは、ともかく。
高雄で飲茶を楽しむ、結構オススメですよ。



翰品酒店(シャトー・デ・シン 高雄)3階 港都茶楼   高雄市鹽埕区大仁路43号
スポンサーサイト

テーマ : 台湾
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

Secre

プロフィール

mizmiz

Author:mizmiz
 毎日ほんのり幸せかな〜♪

最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター