台中 彩虹眷村 その名通りの色彩の渦

2015年8月、姪と二人で台湾旅。

高鉄(台湾新幹線)台中駅から、珍しくタクシーで目的地に向かいます。
基本ケチなので利用交通の選択肢にタクシーはまず入らないのですが、今回は「時は金なり」と割り切りましたの。

怪しげな中国語で挑戦しないで潔く「台中市南屯区春安路56巷 彩虹眷村」と書いた紙を運転手さんに渡し、10分ほどで目的地に到着いたしました。


彩虹村 - 1   彩虹村 - 1 (7)

多分それほど大きくないだろうなぁ、だっておじいちゃんが一人で描いたんだから・・・と想像してましたが、入り口は思っていた以上に、小さい?

でも、夏休みだからか若者だらけです。
この中でだと、私が一番年長者かもしれませんわ。


彩虹村 - 1 (8)

やっぱり中華圏の基本カラーは「赤」ですねぇ。


彩虹村 - 1 (9)

元々は、建物が近々取り壊しになると聞いたおじいちゃんが、それならなんか書いてみるか、暇だし・・・と始めたんだとか。


彩虹村 - 1 (6)   彩虹村 - 1 (1)

道路にまで描いちゃってます。

ちなみに、あまりにこの場所が有名になっちゃって、取り壊しは中止になったそうです。


彩虹村 - 1 (2)

「在」つまり「在宅」、そう、そのおじいちゃんを含め、今でもここに住んでいる方がいらっしゃるんです。
なので、あまり騒がず静かに見学させてもらいましょう。


彩虹村 - 1 (3)

ちょっと不思議なラビリンス空間。


彩虹村 - 1 (5)   彩虹村 - 1 (4)

お土産を売っている場所がありました。
無料で見せていただいたので、見学料代わりに、


彩虹村 - 1 (10)

マグネット(一つ50台湾元)を購入いたしました。


タクシーの運転手さんが「この辺はタクシーが見つからないよ」とそのまま待ってくれていたこともあり、15分ぐらいしかいませんでしたが、一見の価値あり、だと思います。


尚、台鉄台中駅からだとバス(すぐそばの「嶺東科技大学」下車)でも行けます。(詳しくは台北ナビさんのココに)
タクシーだと20分ぐらいだそうです。

私たちの場合は、台湾新幹線台中駅ー彩虹眷村ー街中の食事場所までタクシーを利用して320台湾元でした。

スポンサーサイト

テーマ : 台湾
ジャンル : 海外情報

コメントの投稿

Secre

プロフィール

mizmiz

Author:mizmiz
 毎日ほんのり幸せかな〜♪

最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター