2015年8月台湾旅の思い出徒然 ①

忘れないように、今回の旅での思い出を思いついたままに幾つか書き連ねちゃいます。


今日は台風18号が日本を通過してますね。

今年は台風の当たり年みたいで、私が旅していた頃は台風15号が台湾に近づいてました。
直撃が心配で、街角で廟の前を通ると姪と二人でお願いしましたっけ。
そんな私たちの願いが通じたのか、幸い直撃することはなく雨が降ったり止んだり程度で済みました。

台湾の神様、ありがとう!

でも、それより前の台風13号は台北に上陸してたんですよね。


台北車站 - 1

個人的には地元JR松山駅よりよく見ているかもしれない、我が心の始発駅・台北車站の屋根の瓦と駅名看板も、半分吹き飛んでいました。
(上の写真で分かりますか?)

13号通過直後、台北市内でくの字に曲がったペアのポストがちょっとしたニュースになってましたけど、本当に強力な台風だったんですね。

他にも、その影響で水道の水も暫く濁っていたそうです。
台湾の水道水は通常もそのまま飲むには適さないのですが、つい飲んじゃうこともある私なので、いつも以上に気をつけましたわ。


水つながりで、もう一つ。
台湾では、水洗トイレにトイレットペーパーを流してはいけない場所が非常に多いです。
ホテルでさえ、少し古い建物だと便座の横にゴミ箱が置かれているはずです。
姪は、ちょっと小汚い食堂に入ると文句ブーブーだったのですが、それには抵抗なく従えてましたわ。

その彼女が、羽田空港に戻ってきた時にたまたま入国審査前のトイレを利用して一言。
「トイレの個室内が、流してないトイレットペーパーだらけだったよ」と。
台湾人からすればそれが常識なんですけど、空港等ではその旨(流すべき)をハッキリ表示しておいたほうがいいかもしれませんね。



今回、最大の個人的アクシデントは、最終日の朝、空港に行こうとする直前に起こりました。
台北では知り合いの方からマンションの一室を短期でお借りしていたので、滞在中のゴミを部屋を出る前に階段の踊り場のゴミ置場に捨てに行ったんです。
そこは二重扉で日中はどちらも開けっ放しなんですが、この時は朝早いので閉まってました。
一つ目の扉は気をつけてしっかり大きく開けたのですけど、二つ目はもうゴミを置けばいいだけだったのでつい注意を怠ってしまい、でも、案外ゴミが山積みだったのでどうやって置こうと思う間に、

ガチャン!

とドアが閉まってしまいましたの。

きゃ〜〜〜!

開きません!!

建物内側からしか開かない仕組みだったんです。

暫くドンドンとドアを叩き続けましたが、誰にも気づいてもらえず。
上下の階で同じようにしてみても、ダメ。
最悪でも1時間もすれば管理人さんが各階のドアを開いてくれるはずなのでパニックにはなりませんでしたけど、でも、それだと飛行機に間に合わない可能性が。

「あ〜、台湾版花より男子(流星花園)みたい、でも道明寺はいなけど」なんてアホなことを思いつつ、深呼吸をひとつ。

そうだ、1階なら管理人さんが常駐していたはずとヒールサンダルで20階から駆け下り、再びドアをドンドンドン!

すると、幸い、たまたま巡回していたのか、音に気付いてくれたのか、開けてもらえました!

もう、支離滅裂な中国語で20階でゴミを出そうとして閉じ込められました、開けてくれてありがとう・・・らしきことを話し、慌てて部屋に戻りましたわ。

姪は、のんきにテレビを見てました。
私がゴミを出してくると言ったのも聞いてなかったようで「どこに行ったんだろう、遅いなぁ」と思っていたそうです。



私はいつも不携帯電話なんですけど、さすがに旅行中は常に持っておくべきかも・・・とチョット反省いたしました。


でも、やっぱり、めんどくさいな。
スポンサーサイト

テーマ : 台湾旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

Secre

プロフィール

mizmiz

Author:mizmiz
 毎日ほんのり幸せかな〜♪

最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター