台北で初めて映画館に行ってみた 「青田街一號」

かつて、香港に嵌っていました。

その嵌った入り口が香港映画でしたから、それこそ何十回も香港の映画館に通いましたわ。
一日3本見たこともあったなぁ。

現在好きな台湾も、映像から入ったと思います。
でもスタンスが映画ではなくテレビドラマなので、今まで映画館に行こうとは思いませんでしたの。
少しすれば400台湾元ぐらいでDVDが出るからいいや・・・そちらの方が字幕をゆっくり見られるし、とやりすごしてました。
それが、去年の「KANO」から、リアルタイムで映画を見たい気持ちが目覚めましたの。


で。

青田街一號 - 1 (1)  青田街一號 - 1

2015年8月、台北の地下街で、この宣伝ポスターを見たんです。

いかにも夏休みの娯楽大作っぽいデザイン。

この映画について何も知りませんでしたが、主役の張孝全(ジョセフ・チャン)氏のサル顔(失礼!)が「台湾版ルパン三世」もしくは「台湾版シティ・ハンター」ぽいし、ヒロインも峰不二子っぽい隋棠(ソニア・スイ)嬢だし、きっと都会派痛快アクション映画に違いないわ〜。

張孝全氏がそんな単純な映画に出るかしら?と一瞬思いましたけど、だってこのポスターですもの、彼もたまには娯楽大作を選ぶわよね〜と、すぐにその考えを打ち消しましたわ。


ただ、上映館をチェックするのが面倒だなぁと思ってましたら、かき氷を食べに行った士林にて発見。


青田街一號 - 1 (2)

やってる、やってる〜♪


青田街一號 - 1 (3)

古いタイプの映画館ですが、朝一(早場)9時半から2時間おきに上映しているのね。

で、翌朝9時過ぎに勇んで出向きましたら、この映画は午後1時半からだと冷たい返事。
だって、昨日明日も朝一から同じスケジュールですか?と聞いた(つもり)なのに。

一緒に見る約束をしたMYさん、無駄足を踏ませて、ごめんなさい!

姪にもう諦めたらと言われたのですけど、また妙な意地が湧き上がりまして、3時半の回に再び一人で行っちゃいました。


青田街一號 - 1 (7)

入場料は250台湾元。
おそらく、香港と同じく映画館によって価格は異なるんじゃないかしら。
ちなみに、同じ映画館でも早場だったら190台湾元でした。


青田街一號 - 1 (4)

昭和の香り漂う館内に、やっと入館。


青田街一號 - 1 (5)   青田街一號 - 1 (6)

行ったのは上映後初の日曜午後でしたから混んでるに違いないと思ったのですが、観客はおばさま3人組と、カップル1組のみ、つまり合計6人でした。

ん?

へんねぇ。
台湾人は宵っ張りだから日曜でも昼間に映画は見ないのかしら?


なにせ初体験だったのでこれが台湾の常識なのか不明ですが、予告編上映は全くなく、場内が暗くなると同時に映画は始まりました。


さて。

ここから、やっと映画の感想です。




ポスターの雰囲気と全然違うじゃん!


主人公は殺し屋(通称青田街一號)なんですが、さほど悪人に見えない予備校の先生の首をひねって殺す発端から、ドン引き、です。
更に彼に殺された人の中で4人の亡霊が彼に憑く辺りで、もう席を立ちたくなりました。

オカルト・ホラーだったの〜?

息子が親の殺しを依頼するなど殺人依頼理由も暗いし、殺しを依頼した人も殺されるし、更には殺人組織の女ボスはサイコだし、その彼女は元精神科医なのになぜかアクションバリバリで、最後は家族のように接していた主人公と激しい戦いが繰り広げられるし。

おまけに、死んだと思った女ボスの魂がセカンド嬢に乗り移っていたエンディング?

絶対、私が見るべきではない映画でした。


旧暦7月(新暦の8月あたり)は鬼月なので、作られた映画なのかしら。
でも、怖いより後味の悪い映画でした。

どうしてポスターは映画の内容と関係なく、あんなに艶やかなんだろう・・・。
もしや、中華圏でも活躍している蜷川実花さんを意識した作り?
セカンド嬢の衣装も浮世絵チックですけど。

あ〜、期待した内容と全く違ったので記憶が薄いですが、今思うと、映像はクールでオシャレだった、かも。


私でもなんとか最後まで見られたので、グロ度はそこまで高くないと思います。
とは言え、オカルトやサイコ系が平気な人 or 張孝全ファンにのみ、お勧めの映画だと思います。


後で知ったのですが、同じ時期に公開され好評な「私的少女時代」には、ジョー・チェン嬢やジェリー・イェン氏、更にはアンディ・ラウ氏も特別出演されているそうです。

私は、そっちを見るべきでした。
スポンサーサイト

テーマ : ☆.。.:*・゚中国・香港・台湾映画゚・*:.。.☆
ジャンル : 映画

コメントの投稿

Secre

プロフィール

mizmiz

Author:mizmiz
 毎日ほんのり幸せかな〜♪

最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター