台湾ドラマ 我愛幸運七

もう誰も覚えていないかもしれませんが、ワタクシ、台湾ドラマ「幸福兌換券」をずっと見ております。

何度も放置を繰り返しながら、ですけど。

日本では、まずあり得ない全74話。(それも1話45分)
嵌っているドラマならそんなの屁でもないですけど、義務感を感じると、まぁ、長い。
現在、なんとか残り20話は切りましたが、セカンドくん母の横槍+二人を引き裂くセカンド嬢も出現し、主人公カップルの苦しむ顔が続くどんよりパートに入っていくのが丸わかりで、益々見る気が薄れております。

でも、これを見終えるまで他の台湾ドラマへの浮気はダメよ・・・と、自分に言い聞かせておりました。

が。

ダメでした。

2年前に一緒に手に入れていた韓ドラを見たのをきっかけに、我慢できず手を出してしまいました〜。


我愛幸運七 - 1

飛輪海(フェイルンハイ)のメンバー、ケルビン(辰亦儒)氏主演ドラマ「我愛幸運七」を。

日本語題名がないってことは、日本未公開なのかしら?
フェイルンハイなのに。
でも、それも仕方ないですよね。
私は飛輪海の中だと彼が一番好きですけど、おそらくダントツ4番人気ですもん。

ちなみに、ドラマタイトルを直訳すると「ラッキーセブンを愛してる」です。


ストーリーは。

やることなす事ついていないヒロイン・廖詠七と、上司としてやってきた超強運の持ち主・賀紹然の、ラブコメです。
その二人の運が途中で入れ替わったり、ヒロインの故郷でのすったもんだがあったりは、台湾ドラマお約束の流れでした。

しか〜し、最後の山(紹然の猟奇的実父の出現)が、ねぇ。
紹然父、怖すぎです。

紹然は仕事はできるのですけど人とはうまく付き合えず、言動も誤解を受けやすく、会社で常に孤立しています。
その原因は、子供の頃唯一優しくしてくれた女性を父親に殺されたからなんですね。(更に冷凍庫に入れてあった彼女の切断された指を見てしまうヘビーな過去)

それ故、自分が好きになった人間は父親が危険な目に遭わせてしまう・・・と人との距離を置いてしまうので、円滑な人間関係を持てない(分からない)んです。

なので、クールではありますが、台湾ドラマによくある「ツンデレ」君とは違います。

私の個人的意見ですが、ケルビン氏は演技がお上手とは言えないと思います。
でも、かえってその演技力が、自分の気持ちを素直に表せない(ポーカーフェイス)な役に合っていたと思いますわ。
ヒロインに好意を持っていても何も言えない彼に、ドラマ前半は結構キュンキュンさせていただきましたもの。

ヒロインは、私はお初な女優さんですが「垢抜けてない、ちっちゃい松下奈緒」さんかな。
「THE 台湾ドラマヒロイン」的単純で明るい役を可愛く演じてましたが、彼女にはちょっと合ってない気がしました。
私は「シュガーケーキガーデン」でセカンド嬢、このドラマでは濃いめメークでヒロインの年上の親友を演じた彼女の方が、この役に合っている気がしましたわ。


てな私のそんなに嵌っていない感想からお分かりかとは思いますが「ケルビン君ファンならオススメ」ドラマ、とさせていただきます。


ところで。
CMの前後に流れるのジングル(?)映像に二人のキスシーンが入っていますが、これってストーリー上はキスじゃない(入れ替わった二人の運を元に戻そうと色々やってみた方法の一つ)です。
なんでこのキスシーン?とずっと思って見てたんですが、見終えてその理由がわかりました。

これしかキスシーンがなかったんですわ。

なぜなのかしら?

終わり間近、猟奇的実父は逮捕されたものの平気で人を傷つける父親の血を持つ自分が怖くなり、紹然は詠七に辛くあたって遠ざけようとするのですが、当然、元鞘に収まりハッピーエンドです。
普通はソコか、もしくは最後の二人仲良く新居にお引っ越しシーン(無事結婚をした模様)で甘いキスシーンがあってしかるべきだと思うんですけど。

まぁ、主役カップルを熱く応援していた訳ではないので、なくてもさほど残念ではないですけどね。

ケルビン君、キスシーンはお嫌なのかしら〜?
スポンサーサイト

テーマ : 台湾ドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

Secre

プロフィール

mizmiz

Author:mizmiz
 毎日ほんのり幸せかな〜♪

最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター