台湾 台湾鉄道で枋寮から各駅停車の南回り線に乗ってみた

2015年1月旅。

この旅でのワタクシ的メイン・イベントは、この列車(普快)に乗ることでした。
以前、BS朝日の番組で大和田獏さんが乗られていた、1日1往復のみ運行されているローカルな列車に。

獏さんといえば、日曜日に大和田伸也兄ちゃんと再び台湾鉄道旅をされてましたね。
仲良しシニア兄弟にホノボノさせていただきましたが、私は、前回の内容の方が好きかな〜。


それはともかく。
ずっと楽しみにしていた路線ですから、写真もい〜っぱい撮ってます。
鉄道旅に興味のない方には退屈な内容だと思いますが、2回に分けて書かせていただきますわん。


台南ー台東 - 1

まず、台南から自強號に1時間半ほど乗車し、10時34分、枋寮駅に到着しました。


台南ー台東 - 1 (1)

プラットフォームには、既に列車が出発を待っていました。
切符は前日にまとめ買いしてますし出発は10時50分ですから、ゆっくり列車の写真を撮りましょう。
あ、代金は枋寮ー台東間で104台湾元でした。


台南ー台東 - 1 (2)   台南ー台東 - 1 (3)

もうね、塗装がひび割れていたりしてボロボロな車両です。
行き先だって手書きですから。

台南ー台東 - 1 (5)

車内はこんな感じ。

この路線は鉄ちゃん鉄子ちゃんには結構有名でして、週末は乗車率が高いらしいのですが、この日は平日だったので始発から乗ったのは私を入れて4名のみでした。

列車は3両編成ですが、1人が1両目の列車に、残り3人(含私)が3両目を選びました。
私はある目的の為に3両目の、進行方向に向かって右側一番後ろの座席に座りたかったのですが、のんびり列車の写真を撮っている間に、その席を取られちゃったんです。

4人しかいないのに!

仕方なく、一つ前の座席に座りました。
ちなみに、3両目に乗ったもう一人は、一眼レフカメラを持った台湾人鉄子さんでしたわ。

そして、私が狙っていた席を奪った青年は、香港人でした。
見た目は同じ東洋人ですが車両内全員(と言っても3人)の国籍が異なるなんて、なかなかインターナショナルな列車です。

香港君とは席がすぐそばだったので、ちょこちょこおしゃべりしました。
見た目はテクノ系おしゃれくんなのですが、かなりの乗り鉄でして、この列車にも10回ぐらい乗っているそう。
彼曰く、こんな列車はアジアだとあとはマレーシアぐらいにしか残ってないんですって。
で、それは10時間以上乗っていないといけないとか。
当然、彼は乗った経験ありだそう。

そんな彼は、列車について色々教えてくれましたわ。
なんでも列車の種類がもう一つあり、そっちの方が更に雰囲気があるらしいです。
以前撮った写真も見せてもらいましたが、えへ、あんまり覚えてません。


台南ー台東 - 1 (7)   台南ー台東 - 1 (6)

窓は自分で開閉します。


台南ー台東 - 1 (8)

興奮気味の私には、フックもおしゃれに思えます。


台南ー台東 - 1 (9) 台南ー台東 - 1 (10)

天井には扇風機が。
運転手さんが作動するのではなく、使いたければ自分で壁のスイッチを入れます。
あ、これも香港くんが教えてくれました。

当然エアコンなどありませんので、夏の乗車は結構キツイかもしれませんね。
あ、冬でも注意が必要かも。
私が乗車した日は最高気温20度ぐらいで窓を開けているとちょっと寒いぐらいでしたが、南台湾は冬でも真夏日気温になる日もあるそうですので。
なんてったって、熱帯モンスーン気候地域ですから。


台南ー台東 - 1 (11)

トイレはあります。



私が3両目の後ろに座りたかった理由は、


台南ー台東 - 1 (4)

最後尾の、これです。

私、ここに立ちたかったんです!
ここで風を感じたかったんです!

横に昇降ドアもあり、それも自分で開閉できますし、開けっ放しも可能です。
その気になれば、飛び降りられます。
絶対してはいけませんけど。

ただ・・・昔々、台湾ドラマの名作「流星花園」のスピンオフドラマで、道明寺が警察から逃げる途中に列車から飛び降りるシーンがありましたねぇ。
あれは、この列車を使ったのかもしれませんわぁ。



2時間半の乗車「南台湾の車窓から」は明日に続きま〜す。
スポンサーサイト

テーマ : 台湾旅行
ジャンル : 旅行

コメントの投稿

Secre

この列車いいですねえ

手書きの行き先案内に最後尾のテラス?
いいです!!
乗ってみたーい。
でも10時間は今の僕にはきついかなあ。
むかーし、青春18切符使って松山からどこまで行けるかで山形市まで普通列車で行った事があります。

Re: この列車いいですねえ

cassandreさん

いいでしょ〜?
オススメです!

10時間はマレーシアの列車で、これは乗車時間2時間半ほどですから、楽勝ですよ。
でも、台北から始発駅(枋寮)に行き着くまでの時間が必要ですけどね〜。
プロフィール

mizmiz

Author:mizmiz
 毎日ほんのり幸せかな〜♪

最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター