近藤兵太郎さんについて

今年(2014年)春に台湾で大ヒットした映画「KANO」。
日本人の監督・近藤兵太郎氏が、台湾の嘉義農林学校で台湾人・台湾原住民・日本人の混合チームで甲子園に出場し準優勝を遂げた、実話に基づいたストーリーです。

台湾は割と早くDVD化されますから、2018年8月旅でこのDVDを買うつもり満々でした。

なのに。

まだ売られてませんでしたの。

とあるCD屋さんでそれらしきものを見かけ「お♪」と思ったら、店員さんに「これはサウンドトラックよ」と言われちゃいましたわ。
多分、販売を待っている人が多いんでしょうね。


映画 KANO

あ〜、4月に行った台南で、上映中の映画館の前を通ったのになぁ。
上映されて暫く経っていたので夜の上映しか無く、夕方には高雄に戻るつもりだったので「まぁ、すぐにDVDが出るだろうから・・・」とポスター写真だけ撮ったんですけど、こんな事なら何としても見ときゃよかったですわ〜。

多分、日本で見る事になると思います。
まだ先ですけど来年の1月に全国公開されるそうですから。
普通なら松山にも来るかしら・・・と心配しますが、なんと言っても主人公の近藤兵太郎さんは松山出身ですからね。

来ない訳無いですよね?

シネマサンシャインさん!!



あ。

木曜はテレビ(ドラマ)の日になったはずなのに、また忘れてる・・・と思っている方が、もしかしたらいらっしゃいます?

いやいや。
テレビの話ですよ。


白球熱情 近藤兵太郎

日曜日に近藤さんについての番組を見たんです。
テレビ愛媛さんの制作なので、残念ながら見られたのは愛媛だけでしょうが。

日本が台湾を統治していた事については色々な意見があるでしょうが、台湾で一生懸命自分の仕事をした日本人が少なからずいたのは間違いないと思います。
そして、その気持ちをちゃんと受け止めて今も生きる台湾人がいらっしゃる事も。

そんな日本人の中に松山人もいたのが、誇らしいですわ。

増々、映画を見るのが楽しみになりました。



おまけのつぶやき

なんでも、この映画の影響で甲子園歴史館を訪れる台湾人旅行者も増えているとか。

こんな番組を作るくらい高校野球への感心が高い我が愛媛県ですが、最近は残念ながら一回戦敗退が多いんですよね〜。
来年こそは、頑張れ!


それと。
「白色の恋」の後番組が、台湾ドラマじゃないなんて!!
台湾ドラマって、そんなに値段が高いの〜(涙)
スポンサーサイト

テーマ : ドキュメンタリー
ジャンル : テレビ・ラジオ

コメントの投稿

Secre

プロフィール

mizmiz

Author:mizmiz
 毎日ほんのり幸せかな〜♪

最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター