FC2ブログ

ヴィリニュス 晩ご飯はSNEKUTISでリトアニア料理

2019年5月ヴィリニュス一人旅。

夕ご飯を食べる機会は4回あったのですが、そのうちの2回を、


シュネクティス - 1 (1)   シュネクティス - 1

こちら、SNEKUTIS(シュネクティス)で頂きました。

リトアニア料理を食べられる地元の居酒屋さん、かな。

ホテルから近いので選んだのですけど、結構人気のお店らしく、旅の初日に7時半頃行ったら満席で入れませんでした。

なので次からは6時前には入店いたしましたわ。


シュネクティス - 1 (2)

店内はこんな感じ。

早めの時間でも結構席が埋まってます。

なお、奥にもテーブルがいくつかあったと思いますわ。

ちなみに、お店のカードを見ると市内にもう2店あるようです。


注文方法が分からないので、まずカウンターに向かい、店員さんに食事をしたいと言った気が、します。

テーブルについた後に観察しましたところ、入店したらカウンターでメニュー(英語&写真付き)をもらい、席について注文するみたいでした。
ただし、店員さんが忙しくなると自分がカウンターまで行って注文した方がいいみたい。


シュネクティス - 1 (3)

ビールの種類がいくつかあり、試飲させてもらってからチョイスした気がします。

ごめんなさい、一年近く経つと「・・・な気がする」が多くなっちゃって。

そうそう、お店のカードの髭おじさん(看板にもなっている)はオーナーで、運が良ければ会えるみたいです。


注文したのは、


シュネクティス - 1 (4)

前もって調べておいた揚げたガーリック黒パン(5ユーロ)、山盛り。


シュネクティス - 1 (5)

サラダ(3.5ユーロ)もタツプリ。


シュネクティス - 1 (6)

この二つすら完食する自信がなかったのに、


シュネクティス - 1 (7)

郷土料理チェペリナイも頼んじゃった。

それでも、一人前2個なのをハーフ(1個3ユーロ)にしましたけどね。

聞いてはいたけど、やっぱりデカイ!

男性の握り拳、長さ15センチぐらいあるかしら。

外側はモチッとしたジャガイモ団子、中に肉団子が潜んでます。



完食できたのはサラダのみ、揚げ黒パンは半分も食べられませんでした。

女性ならこの量で二人分あるんじゃないかなぁ。

念のために言っておきますが、どれも美味しいですよ。

支払いは全部で14ユーロぐらいでした。



そして、最初にも書きましたが、ホテルから徒歩5分もかからない近さだったので、旅の最終日に再訪しました。

初回の反省を踏まえて、注文したのは、


シュネクティス - 1 (8)

前回とは別種類のビールと、


シュネクティス - 1 (9)

ビーツの冷たいスープ(ポテト付き)と、


シュネクティス - 1 (10)

チキン・キエフの二品。

メモにはどちらもハーフサイズと書いてますが、う〜〜ん、どうなんでしょ?←自分を信用していない


味は、冷たくてピンクのスープって・・・と思いつつ飲んでみると、あら、普通に美味しい。

チキン・キエフも美味しかったです。

完食できたかどうか・・・ポテトが茹でと揚げのダブルでやって来たのでそれは残したような気がします。

支払いは8.5ユーロでした。


シュネクティス - 1 (11)

そう言えば、リトアニアにはMIDUSという名の蜂蜜ビール(蜂蜜酒?)があるんです。

ココでも飲めるようでしたが、アルコール摂取の限度も低めな私なので止めておきました。


ちなみに。

カウンター内の店員さん(男性)は痩せて髭をはやした無愛想な感じの方でしたが、笑顔はないものの、無愛想でもありませんでした。
2度目に行った時は、心持ち優しかった気がしましたし。

リトアニアの人って、全体的にそんな感じ(愛想は振りまかないけど不親切ではない)がしましたわ。
スポンサーサイト



テーマ : ヨーロッパ旅行記
ジャンル : 旅行

プロフィール

mizmiz

Author:mizmiz
 毎日ほんのり幸せかな〜♪
旅行好きの一応JALマイラーです

最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター