JALパリ行きはプレミアムエコノミークラスで

私のブログに遊びにきてくださる方の多くは、台湾がお好きな方じゃないかと思います。
その方達にとってはパリなんぞ全く興味のない街でしょうが、もう少し、パリに着くまでの話は続けて書かせてくださいね。

なお、この2013年4月パリ旅は、出来るだけ時間軸に沿って書いていくつもりです。



プレミアムエコノミークラス1

JALパリ行き41便は、ほぼ定刻通りに羽田空港を離陸いたしました。

プレミアムエコノミークラス2

こちらが、プレミアムエコノミークラスの座席です。
この写真を撮った時はまだ空席が沢山ありましたが、その後席は次々に埋まり、ほぼ満席状態となりましたわ。

プレミアムエコノミークラス3

夜中0時40分発の便ですから、最初の食事はごく軽く、野沢菜入りのオヤキと蒸しケーキ2個でした。
私はどちらも頂かず寝酒にシャンペンだけ頂き、これらはパリでのオヤツになりましたわ。

プレミアムエコノミークラス4

到着2時間ぐらい前に出た朝食は、和食をチョイス。
ご飯が私が好きな空弁のご飯にそっくりで、なんだかちょっと微笑んじゃいましたわ。

エコノミークラスに比べて少しゆったりめ程度の座り心地ですが、でも長時間だとこの「少し」が、かなりありがたいです。

睡眠導入剤 ネオデイ

睡眠導入剤(Iさん、Kさんから教えて頂いたネオデイ)を飲んだせいもあり、グッスリとまではいきませんがソコソコ寝られました。


ところで。

このフライトで、ちょっと素敵な出会いがありました。
隣に座られた紳士Tさんが、中華航空のパイロットさんでしたの。
ご夫婦でのご旅行ですが、ビジネスクラスが一席しか取れず、それを奥様に譲られた易しい旦那さまでらっしゃいました。

パイロットとお話し出来る機会なんて多分一生ないでしょうから、ちょこちょこお話を伺いましたわ。

例えば、パイロットにとっては韓国のインチョン空港は成田や羽田よりずっと良いのだそうです。
なんでも、羽田や成田は滑走路が複数あっても飛び立つ方向が同じなので、滑走路一本なのとあまり変わらないんですって。

それと、灯台もと暗しで知らなかったのですが、実は我が街松山空港は離発着がわりと難しいそうです。
街が近くにある事や気象条件が、だそう。
だから乗客が全員乗った後も、離陸までの時間が掛かる事も多いのだとか。
そう言えば、そうですわ。
で、帰りの羽田ー松山便が濃霧で着陸出来なかった時も、Tさんの話を思い出しちゃいました。

他にも現在は台北にお住まいなので、台湾の話もしたりして。

あ、今年の春から中華空港は桃園空港ー高松空港の定期便が就航したんですよね。
彼もその内操縦する予定だと話してらっしゃいました。
あ〜ん、なんだかくやしいです。

松山市よ、頑張れ!

宿泊されるホテルがオペラ座のそばだとおっしゃったので「私もそうなので又お会いするかもしれませんね」と行って別れたのですが、残念ながらその後お会いする事はありませんでした。

でもこれからは、空港などで中華航空のポスターや機体を見れば、きっとTさんの事を思い出すでしょう。
スポンサーサイト

テーマ : 飛行機/フライト/機内食
ジャンル : 旅行

プロフィール

mizmiz

Author:mizmiz
 毎日ほんのり幸せかな〜♪

最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター