赤紫蘇ジュースを作ってみた

梅雨。

梅の雨ですから。

先日は、友達が送ってくれた青梅で、梅酒&梅サワー(梅+お酢)を仕込みました。

そして。
スーパーに、黄色く色づいた梅が出始めたら、

しそジュース6

梅干しを漬けましょ。

今年は、きれいな黄色に引かれて、南高梅などよりずっと小振りな砥部の七折小梅も買っちゃいました。
小梅ですから、3Lサイズでも直径2センチほどなんですけど、地元のおかげで完熟に近い状態のものが手に入るんです。

七折小梅の特徴は、糖度が高く種が小さいのだとか。
その上、黄色く熟した梅で作るのですから、きっと美味しく出来上がるはず。
どんな風に出来上がるのか、7ヶ月後が楽しみです。


そして、更に。
梅酢がしっかり上がったら、もう一作業。
赤紫蘇を加えるんです。

私には、これが一番手間です。
「メンドクサイ!」を何度も唱えてからでないと、重い腰は上がりません。

しそジュース1

まず、紫蘇を一枚一枚摘んで、梅干しに使えるものと使えないものに分け、きれいに洗った後、しっかり水気を切ります。
紫蘇を摘むと爪先(私の場合は左親指)が黒く染まっちゃう可能性大ですので、ご注意を。

この時に活躍するキッチンツールが

しそジュース2

これ、サラダスピナーです。

本来はサラダ用の野菜の水気を切る為のものですが、日常では殆ど使ってません。
だって、後片付けが面倒くさくて。←こればっか

でも、一年に一度、この時だけは大活躍です。

詳しい作業工程は去年書きましたので、興味のある方は こちらから どうぞ。



そして、梅干し用よりもずっと多い量の、緑がかった部分が多い葉は赤紫蘇ジュースになります。

この辺になると、「メンドクサイ」との戦いです。


以下は、去年の記事をコピーしますが・・・

材料は、赤しそ400g 砂糖100g 蜂蜜50g レモン汁80CC と言ったところ

1.鍋に水をカップ1入れ、沸騰させます。

2.洗って水気を切った赤しそを何回かに分けて入れ、葉の色が落ちて緑色になるまで茹でます。

しそジュース5

3.緑になった葉はざるに取り、はしなどで押さえて汁を鍋に戻します。

4.葉が冷めたら、手で更にきつく絞り、汁気を出し切ります。

5.砂糖、はちみつを加えて煮溶かし、火を止めて荒熱が取れたら、レモン汁を加えます。

6.消毒した保存瓶に、こしながら入れます。

しそジュース4

茹で始めの頃は「ん?だいじょうぶ?」な暗緑色ですが、徐々に赤くなり(写真は赤くなり始めた状態)、レモン汁を加えると鮮やかなルビー色になります。

しそジュース3

こんな風に、ね。
このきれいな色を見ると、作ってよかった♪と思います。


紫蘇ジュースだけを作るのなら、葉を選別/しっかり水切り/塩揉み などの作業はありませんから、そこまで面倒くさくはないですよ。

真夏の昼下がりに、ルビー色の涼しさはいかがですか?
FC2ノウハウ
スポンサーサイト

テーマ : こんなの作りました♪
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

mizmiz

Author:mizmiz
 毎日ほんのり幸せかな〜♪

最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター