映画 ドリーム

映画 ドリーム - 1

テレビ番組で紹介されて、面白そう♪と見に行きました。

1960年代前半の、NASAで働く黒人女性達の実話を基にしたお話です。
3人の女性が出てくるんですけどね。
み〜んな、とってもお利口さんです。
でも、黒人で女性だからNASAの端っこのビルの地下で計算係をしています。

そう、NASAはアメリカの南部にあるので黒人差別が強い地域なんです。
様々な場所(バスとか水飲み場とかトイレとか図書館とか)で白人用と非白人用(Colord)に区別されています。
(もし日本人がいたら、多分非白人用を使わないといけないんでしょうねぇ)

なのに、更に、女性差別もある訳です。
それは同じ黒人同士でも夫から「女はそんなことを目指しても無駄だ」とか言われたりして。


そんな考えを、この3人は少しづつ着実に変えていくんですよ。

「黒人に権利を、女性に地位を」とか声だかに主張するのではなく、自分のできることを諦めずにやり続けて、その結果、周りの人々の「常識」だと思っている差別意識を改めさせるんですわ。

オリジナル・タイトルは「Hidden Figures」=知られざる人々って意味ですかね。
NASAを題材にした映画は少なくないですが、こんな女性達がいたなんてねぇ。
ホント、知りませんでした。

じんわり、感動致しましたわ。



映画の内容以外だと、女性達の装いがコンサバティブでありながらおしゃれで好きでした。
膝が隠れるスカート丈はおばちゃん世代に参考になりますわ。

それと、久しぶりに見たケビン・コスナーも素敵でした。

でも。
私がプチ嵌りしたドラマ「ビックバン・セオリー」のジム・パーソンズが出ていた方が、私は嬉しかったです。
ドラマのシェルドンにすこ〜し似た設定なのもね。
ドラマよりほんのり肉づきが良かったのは、役柄or年代を考えての増量なのかしら?
それとも、あれが彼の普通なのかなぁ。
ヒロインにつらく当たっていたのに最後の最後にコーヒーを渡すのが、微笑ましかったですわん。


結構オススメです!
スポンサーサイト

映画 スパイダーマン ホームカミング

特に見たい映画がなく足が遠のいてましたが、急に思いついて姪を誘ったら行ってもいい(夏休みで暇?)と申すので久しぶりに映画館へ。
あ、姪の母(マイ妹)は興味ないと思っていたのですが姪が誘うと行くと言うので結局3人での鑑賞です。


スパイダーマン ホームカミング - 1

以前の「スパイダーマン」は2本ぐらい見てますが、ほんのり暗くて見続けてはおりませんでした。

でもこれは「マーベル映画」で「青春映画」らしい、ので、それならいいか・・・と。


思い返すに、結構マーベル映画見てますわ、私。
5月に見た「ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス」も、そうでした。

アメコミ映画、だけどそんな暗くないからかなぁ。



主人公は15歳の高校生です。
どうしてスパイダーマンになったとか、アイアンマンとの出会いエピソードは全く描かれておりませんが、アベンジャーズのメンバーに入れてもらえるよう、放課後はトレーニングしなからご近所の治安を守ってます。

はい、ご近所を、です。
大きな事件をかっこよく解決したいと意気込んでますけど、実際はお年寄りに道案内をしたり自動車泥棒を捕まえる(それも誤解だった?)のが精々。

もちろん、後半はどんどんスケールが大きくなっていきますけど。
そして困難に立ち向かいながら、成長していくんですわ。

そんな少年スパイダーマンの敵は、マイケル・キートン演じる「バルチャー」(鉄の翼のついたスーツを持つ)です。

いわば武器商人なんですが、でも彼の過去を思えば同情する面もあるんですよねぇ。
それでも、多分話が進むにつれ身も心も怪物に変わっていく・・・と身構えながら見てたんですが、大丈夫でした。
最後の最後はスパイダーマンをかばってあげたり、ね。


聞いていた通り、ドロドロしていない、シンプルといえばシンプルな、後味のいい映画でした。

多分、見守り目線で続編も見ると思います。
あ、それより、ヤング・スパイダーマンが初登場したらしい「シビル・ウォー / キャプテン・アメリカ」を見なくっちゃ!

テーマ : 映画館で観た映画
ジャンル : 映画

映画 ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー リミックス

2週間ぐらい前に見た映画ですが、備忘録として。

映画 ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー - 1

最初テレビCMを見たときは、確か1もあったよなぁと思いつつ、行くつもりなどなかったんですけどね。

なぜだか、つい姪を誘ってみると、見てもいいというもんですからね。

じゃ、行くか、と。


私は基本2D&オリジナル音声(字幕)を選ぶのですが、それを上映している映画館が遠かったので仕方なく、日本語吹き替え版で見ました。

冒頭にカート・ラッセルが出てきたので、ちょっとびっくり。
少し前にテレビで「バック・ドラフト」(1991年)を見たばかりだったので。
話がズレますが、この映画、すっごい久し振りの視聴ではありましたけどストーリーをほとんど覚えてませんでした。
映画館で見て面白かった思いは強くあったんですけど、あまりにも記憶が残ってない自分に、呆れちゃいましたわ。

て、ことは、この映画など数年後にはタイトルさえ忘れちゃってるかも。

あ、悪くはなかったんですけどね。
エンドロールの最後まで、おまけ映像付きで楽しかったですし。

まぁ、普通でした。



でも。
1を見てなかったからかも、と、DVDを借りて見ました。

あぁ、そうなってたのねぇ。
1も普通だったんですけど、これを踏まえて2を見ていたら、も少し評価が上がってましたわ。

多分、3が公開されたら見に行きます。
グルートの成長と主役カップルの恋の行方、そしてロケットの過去ももっと知りたいですもん。

あ。

ストーリーについて全然触れてませんね。

ま、いっか。


そうそう。
挿入歌が、70〜80年代アメリカンポップスがお好きな方にはたまらない選曲らしいです。
その辺に疎い私は、なんか聞いたことあるなぁ・・・でしたけどね。

テーマ : 映画館で観た映画
ジャンル : 映画

映画 美女と野獣

映画の日に見てまいりました。


美女と野獣 - 1

巷でも評判の「美女と野獣」です。

ワタクシ、アニメ版は見ておりませんが、劇団四季のミュージカルは3〜4回見てます。
一度見て、ハマっちゃったんですよね。
他のミュージカルもいくつか見ましたけど、何度も見たいと思ったのは、なぜかこれだけでした。

なので。
実写版は是非見たい!と思ったんです。


まずまず、良かったです。
エマ・ワトソンは可愛いし、歌も素直な歌い方で十分合格点(偉そうですみません)でした。

二人が恋に落ちる過程の描き方が浅いとは思いましたが、この映画にそこまで要求してはいけないでしょう。

ベルのパパ役が見たことがあるけど誰だっけ・・・と引っかかっていたのですが、ケヴィン・クライン氏だったのですね。
彼の出ている「デーブ」は好きな映画(DVD持ってます)です。


テレビに降りてきたら、もう一度見たいですわん。

テーマ : 映画館で観た映画
ジャンル : 映画

2017年4月 ジャルの機内で観た映画

日本ーシンガポール間の機内では、往路で4本、復路で1本の映画を見ました。


一本目に見たのはアニメーション「SING」。
これは見るんだって決めてましたの。

オリジナル(英語音声)にしようか迷いましたが、日本語吹き替えを選択しました。
う〜ん・・・そこそこ面白かったですが、ちょっと期待値を上げすぎたかな。


2本目に選んだのは、


ライオン 25年目のただいま - 1

「ライオン 25年目のただいま」。

私は映画館で重い映画を見るのに抵抗感がありまして(お金を出してどうして暗い気持ちにならないといけないんだ・・・と)、この映画は気にはなってはいたんですけど見に行く気にはなれなかったんです。

あ、そこまで暗い映画ではなかったですけど。

これって、実話を基にしているんですって。
確か今夜、フジテレビ「アンビリーバボー」でその実話ストーリーが紹介されるはずです。

インドの貧しい家で生まれ育った5歳の男の子が迷子になって長距離列車に乗ってしまい、運よく・・・なのかな、オーストラリア・タスマニアで養子になります。
その後、それなりに幸せに成人しますが年とともに本当の家族が気になり、育ての親のことを思って葛藤するものの、グーグルアースを使って生まれ故郷を見つけ出し、会いに行くお話です。

どちらかというと静かな映画でしたが、主人公、実の親(母)、育ての親(特に母)などの気持ちを思うと、心にズーン!ときましたわ。

いい映画でした。


主人公がなかなかイケメンだなぁと思いつつ見終わったんですが、その気持ちのまま映画案内を見ていたら、


スラムドック・ミリオネア - 1

以前映画館で見た「スラムドック・ミリオネア」を発見。

続けて見ちゃいました。

で、すぐに「あれ?」と思い、チェックすると、やっぱり!

主人公を演じた二人は同一人物、デーブ・バテールさんでしたわ。
あらぁ、スラムドックの時は少年だったのに、すっかり立派な青年になってねぇ。

またしても、近所のおばちゃん気分になっちゃいました。

この二本を続けて見られて、良かったですわ。


JALさん、

やるぅ!

テーマ : 映画レビュー
ジャンル : 映画

プロフィール

mizmiz

Author:mizmiz
 毎日ほんのり幸せかな〜♪

最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター