FC2ブログ

マドリードの昼ごはん ② La Fragua de Vulcano

2019年1月マドリードひとり旅。

実質行動日数二日間で2回目の昼食は、


la fragua de vulcano - 1 la fragua de vulcano - 1 (1)

バルが四方に点在するサンタ・アナ広場のすぐ側にある、タパス・バル La Fragua de Vulcanoさんへ。
店名はベラスケスの「ウルカヌスの鍛冶場」(プラド美術館に作品があります)から取られたようです。

道の向かい側にはフラメンコショーが楽しめるお店(タブラオと言うそう)ビリャ・ロサ(Villa Rosa)さんがありました・・・行ってないけど。


・・・あ。

この記事を書くのに確認のため検索していて思い出しました。

このお店って「パエリア」で検索して見つけたんでした。
確か・・・2〜3人前はあるパエリア鍋でドン!ではなくお皿で一人前出てくると知ってメモってたんだと、今、思い出しました。

えぇ、当然、食べてません。

あは。


la fragua de vulcano - 1 (4)

壁にはフラメンコや闘牛士のポスター。


la fragua de vulcano - 1 (7)

テレビに映っているのはサッカーですかね。

開店直後で店内は空いていましたが、カウンター席に陣取りました。


la fragua de vulcano - 1 (3)

まずは、生ビール。

ここでもおつまみが出てきました。
スペインではアルコールを注文するともれなくおつまみがサービスされるのかしら?←調べてみると、出ないお店もあるようです。


la fragua de vulcano - 1 (8)


目の前のショーケースにポテトサラダなどが盛られていたので、


la fragua de vulcano - 1 (2)

ハムサラダを注文しました。


la fragua de vulcano - 1 (6)

あまりお腹が空いてなかったので、本来6個一皿の生ハムコロッケを3個(4ユーロ)にしてもらいました。
(そして写真は1個は食べかけ・・・)


これで合計6.8ユーロでした。

でも後で計算してみると支払いが安かったような・・・。

もしかしたら、ハムサラダは本来アルコールのサービスおつまみだったのかしら?
それを、私は図々しく二皿要求しちゃった??


それを確かめに、そして次回こそはパエリアを食べに、また行きたいと思います。



La Fragua de Vulcano 住所 Calle de Álvarez Gato, 9, 28012 Madrid
スポンサーサイト



テーマ : スペイン
ジャンル : 海外情報

マドリードの昼ごはん ① 生ハム博物館

2019年1月マドリードひとり旅。

旅行前にレストラン検索をして見つけた「MUSEO del JAMON/ムセオ・デル・ハモン(生ハム博物館)」。

最初見つけたお店は予約したホテルから徒歩10分ぐらいかなぁと思ったのですが、更に調べると支店が何店かあり、一番近いお店は、


生ハム博物館 - 1

なんと、ホテルから徒歩1分でした。

ここは奥に細長い店内でして、まずハムやパンなどの販売コーナーがあります。
その奥に飲食コーナーがありカウンター席がメインですが、テーブル席もいくつかありました。

お一人様はカウンターへ。


生ハム博物館 - 1 (1)

まずは生ビールを。
私は付け合わせにオリーブが添えられましたが、別の突き出しを出す場合もあるようでした。

価格は、なんとたったの1ユーロ!

別のお店でも生ビールを飲みましたが、4ユーロぐらい取られた所もありましたので、やはりここは特に安いのではないかと思います。

ちなみに、写真奥のミネラルウォーター(1,5リットル)も1ユーロでした。

メニューは写真付きだったと思います、
でも、一皿の量をあまり把握しないままサラダと生ハムサンドイッチを注文しましたら、


生ハム博物館 - 1 (2)

2人前以上ありそうなサラダ(4.5ユーロ)が、ど〜ん!

味付けは自分で横に添えられた塩やオリーブオイルを掛けます。


生ハム博物館 - 1 (3)

生ハムサンドイッチはハムの種類がいくつかありましたが、せっかくだからと一番高いハモン・イベリコ・ベジョータ(7ユーロ)を注文しました。

こちらのサイズは普通かな。


生ハム博物館 - 1 (4)

味は美味しいのですが、ハムの食感が、硬いんです。
多少時間が経てば柔らかくなったのかもしれませんが「日本で買う生ハム=柔らかい」だったので、ちょっと違和感でした。

これって・・・たまたま、だったのかなぁ?


それはともかく、安いし、味もまずまずだし、そしてホテルから近いし、ちょっとビールを引っ掛けに・・・と2日の滞在期間で3回も行っちゃっいました。

サラダの量は多いですが、生ハム博物館はひとり旅の強い味方です。

もしまたマドリードに行くチャンスがあれば、必ず再訪すると思いま〜す。



MUSEO del JAMON 住所 Paseo del Prado, 44, 28014 Madrid, Spain 営業時間:9:00~24:00

テーマ : スペイン
ジャンル : 海外情報

マドリード 空港ー市内間は電車でGo

2019年1月ドバイ経由のマドリードひとり旅。

旅の時間軸がアッチコッチしてますが、本日は空港ー市内間で利用した交通機関について、です。


私の乗ったエミレーツ航空は、アドルフォ・スアレス・マドリード=バラハス空港に午後7時50分頃到着いたしました。

まず、飛行機が着いたターミナル4Sからターミナル4に移動して、荷物を受け取り、


マドリード 空港交通 - 1

案内板に従って、


マドリード 空港 - 1

切符売り場へ。

ポーカーフェイスを心掛けていますが、初めての場所ではいつも、この移動時間が一番ドキドキします。


ここで、ちょこっと説明しますと、マドリード 市内への行き方は、タクシーの他に地下鉄と電車があります。

あ、忘れてた。
私は時間を読みやすい地下鉄か電車の二択だったので眼中にありませんでしたが、バスもありましたわ。

で、私は乗り換え無しでホテル近くのアトーチャ駅まで行ける電車(renfe)を選択しました。

ちなみに、上写真にあるように地下鉄と電車の入り口は隣接しております。


マドリード 空港 - 1 (1)

切符売り場には係員さんがいて、購入に戸惑っていたら助けてくれますよ。


マドリード 空港交通 - 1 (3)

チケットは3.4ユーロ、私は現金で購入しました。

空港からアトーチャ駅まで、午後8時47分に乗った私の電車は午後9時20分着でしたので、所要時間は30分ほどですね。

大きな駅は改札や出口がたくさんあって迷いそうだわと心配してましたが、中央改札らしき所からそのまま目に入った前方出口を通って大通りに出ると、目的のホテル(NH マドリード ・ナシオナル)が見え、一安心いたしました。



一方、市内(アトーチャ駅)からは。

あのですね。

どちらかって言うと、空港から市内に向かう方が行きやすいと思うんです。
空港なら少なくとも英語表示がありますし、観光客に対応してくれる係員がいる所も少なくないですもん。

でも、逆は。

アトーチャ駅で、自販機で切符を買おうとしましたら英語表示が無く、まずフリーズ。
多分、落ち着いて画面を見れば英語画面に変える表示があったんでしょうが、スペイン語を前に脳が思考拒否。
後ろには行列が続いていたので早くしなくっちゃと焦って、更にアタフタ。
結局、後ろの人に発音があっているかかどうかも分からず「I'd like to go to エアロポルト」と話してなんとか切符を手に入れました。

ちなみに、チケット代は行きと違って3.1ユーロでした。
平日10時過ぎに乗車したのですが、ロンドンみたくオフピーク運賃とかがあるのかしら?


マドリード 空港交通 - 1 (5)

構内をウロウロしつつ、なんとか空港行きの一番プラットフォームに。


マドリード 空港交通 - 1 (6)

「AEROPUERTO(エアロポルト?)T4(ターミナル4)」の表示を確認。


マドリード 空港交通 - 1 (4)

ふと気づけば、足元にも表示がありましたわ。

切符を買うのにすこ〜し焦ったものの、電車はほぼ時間通りに発着し、無事に空港に到着できました。


小心者なので早め早めに行動するようにしてますけど、初めての交通機関利用は、やっぱり緊張しますわ。


それでも止められない、海外旅行ひとり旅〜♪

テーマ : スペイン
ジャンル : 海外情報

マドリードのホテル NH Madrid Nacional(NH マドリード ナシオナル)

2019年1月ドバイ経由マドリードひとり旅。

初めて行く海外の街では、多少値段が高くても、駅から近くてセキュリティが良さそうなホテルを選びます。

今回はマドリード空港到着が夜8時頃、順調に行っても駅に着くのは1時間半後だと思ったので、なおのこと「駅近」ですわ。

女子一人旅ですからね。

で、空港からの電車が着くアトーチャ駅近くのホテルをグリグリ探し、NH マドリード・ナシオナルさんを予約しました。


・・・すみません。

またまた外観の写真を撮り忘れております。

えっと、アトーチャ駅のメイン改札(多分)を出て建物を出、そのまま真っ直ぐ上り道を歩き、ラウンドアバウト(道の真ん中に円形のスペースがある)の向こうにある白い建物が、ホテルです。

ただし、目の前に見えるんですが直進はできませんのでお気をつけて。
ちなみに、1階にマックがあります。


NH マドリード ナシオナル - 1

室内はシンプル。

広いとは言えませんがスーツケースを開くスペースは、あります。


NH マドリード ナシオナル - 1 (1) NH マドリード ナシオナル - 1 (2)

冷蔵庫はありましたが、ポットは無かったと思います。

浴室はシャワーのみです。

窓はありますが、見える景色は壁でした。
私が予約したのは一番下か二番目のランクのお部屋ですからね。
ランクによっては、大通りに面したバルコニー付きのお部屋もあるそうです。


近くに朝食を食べられるお店が無さそう(実はあったんですが)だったので朝食付きにしたのですが、これが正解でした。

私にしては珍しくホテル朝食の写真をたくさん撮ってますので、ご覧あれ。


NH マドリード ナシオナル - 1 (3)

まず、スペイン式オムレツに生ハムやチーズ、


NH マドリード ナシオナル - 1 (4)

デニッシュやケーキ、


NH マドリード ナシオナル - 1 (5)

フルーツ。


NH マドリード ナシオナル - 1 (10)

プレーンヨーグルトがあったので、フルーツを自分でカットして食べたりもしました。


NH マドリード ナシオナル - 1 (7) NH マドリード ナシオナル - 1 (8)

食パンにハード系パン、コーヒー、紅茶、フルーツジュースもありました。

その上、


NH マドリード ナシオナル - 1 (6)

朝から、スパークリングワインに、白ワインまで。


コーヒーなどを部屋に持ち帰れる蓋つきカップがあったので、ワインを少しいただいて部屋のベットでゴロゴロしながら飲んだりもしちゃいました。


NH マドリード ナシオナル - 1 (9)

私のチョイスはこんな感じ。

生ハムにスパニッシュオムレツ、アップルデニッシュにアップルタルト、ア〜ンド、フルーツ。

女子好みの献立、ですかね。


地の利や朝食の他にも、この旅での私の二大目的の一つ「プラド美術館」へ徒歩10分ぐらいですし、街の中心地へも同じく徒歩20分ぐらいでしたので、地下鉄の駅がそばにあるんですが、私は一度も利用しませんでした。

それと。

私はお茶用に熱湯をもらっただけでしたが、ホテル1階におしゃれめなワインバーもありましたよ。

ちなみに、宿泊料は3泊で45,000円ぐらいでした。(1月で安かったのかも)



プラド美術館は2回チケットを購入して充分満足したつもりでしたが、半年経った今、また行きたいなぁと思ったりしてます。

その時は、お財布が許せば、またここを予約しよっかな。

テーマ : スペイン
ジャンル : 海外情報

マドリード CACAO SAMPAKA(カカオ・サンパカ)

2019年1月マドリード旅で買ったものの一つが、チョコレートでした。

もうすぐバレンタインなので、とりあえずこれだけ先に紹介しておこうかなと思います。


私はそんなにチョコ好きではありませんがスペインはチョコが有名(チョコレート発祥の国だとか)と聞き、調べて行ったのが、


カカオ・サンパカ - 1 (3)

CACAO SAMPAKA(カカオ・サンパカ)です。

本店はバルセロナにあり、東京にも支店があるそうです。
東京お値段はかなりお高い、とか。

日曜日が定休日と聞いていたので土曜の朝一番に行きましたわ。


カカオ・サンパカ - 1

とりあえず、


カカオ・サンパカ - 1 (1)

9個入りのボックス(€10.5)を一つ。


カカオ・サンパカ - 1 (2)

後は、刻んだアーモンドにチョコを絡めたの(€5.15)とか、レモンピールのチョコがけ(€6.75)とか、今年日本のバレンタイン商戦で注目らしいルビーチョコ(板)(€5.45)やライム風味のホワイトチョコ(€3.75)などを購入。

お店の一角にチョコドリンクとかアイスとか食べられるコーナーがありましたが、朝一で来たせいか準備されてる風に見えませんでしたし、チョコラバーでも無いので、パスしました。

その代わり、清算後にサービスでチョコを一個いただけました。

ちなみに、JCB使えます。

そして英語も通じます。
てか、今回のマドリード旅では大体のお店で英語が通じました。

遥か昔、ヨーロッパ周遊ツアーに参加してスペインに来た時は英語が全然通じなくてびっくりしたんですが、やっぱり時代は変化するんですねぇ。


ちなみに、私の感想はあまり当てにならないと思いますが、濃厚で美味しかったです。
チョコ好きさんならおもわず買っちゃいそうな、有名産地別のチョコなどもありましたよ。



おまけ

エミレーツ・チョコ - 1

エミレーツ航空で食後に出されたのはスイス・CANONICA(カノニカ)のチョコでした。

このチョコの銘柄はチョコチョコ変わるみたいですね。
昔はゴディバだったりもしたようです。
なお、CANONICAって私は聞いたことなかったんですが、そこそこ有名なお店みたいです。

テーマ : スペイン
ジャンル : 海外情報

プロフィール

mizmiz

Author:mizmiz
 毎日ほんのり幸せかな〜♪
旅行好きの一応JALマイラーです

最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター