FC2ブログ

マドリードの街角から

2019年1月マドリード一人旅。

この旅の報告は完結したつもりでしたが、カメラにまだ写真が少し残っていたので、思い出として貼っておきますわん。


マドリード - 1 (2)

プラド美術館から続くプラド通りですが、ヨーロッパらしい街並みですわねぇ。


マドリード - 1 (4)

テクテク歩き続けてセラーノ通りに向かう途中にあった、独立広場のアルカラ門です。


マドリード - 1 (3)

何気に撮った写真ですが、たまたま反対側の歩道を歩いていたら、


マドリード - 1 (6)

おぉ、こんな全体像だったのね、と。

ちなみに、コムニカシオネス宮殿(市役所本部)だそうです。


マドリード - 1

時々撮っちゃう、信号機シリーズ。

二人って、珍しくないです?


マドリード - 1 (1)

別の場所で、青信号バージョンも撮ってました。


マドリード - 1 (5)

これも時々撮っちゃう、マンホールシリーズ。


マドリード - 1 (8)

そう言えば、タパスのバルには入らなかった気がします。

当然、ここも写真を撮っただけです。


マドリード - 1 (7)

プラド美術館のそばの、お土産屋さんかな。


マドリード - 1 (9)

生ハム色々。


ここは私の行きつけ、生ハム博物館ではなかったっけ?

ちなみに、生ハム博物館(という名のハム屋兼カジュアルなレストラン)は、マドリード市内に何軒か支店が有りますよ。

ホテルのすぐそばにもあったので、二日間で3回か4回通いました。
ビールが一杯1ユーロでしたから。

生ハムサンドイッチと生ビール。

あ〜♪

また、行きたいなぁ。
スポンサーサイト



テーマ : スペイン
ジャンル : 海外情報

マドリード・バラハス国際空港

2019年1月、行動日二日間と弾丸旅に近いマドリード一人旅。


この旅も、1年かけての報告となってしまいましたわ。

空港ー市内ー空港の道のりについてはココに書きましたし、目的の一つだったエミレーツ航空体験記はココとかココとかに既に書いておりますので、最後は、空港について。


マドリード - 1

ホテルからラウンドアバウト(環状交差点)に沿うように横断歩道を2回渡ってアトーチャ駅へ。

駅に入る前に、そういやホテルの写真を撮ってなかったわ、とカメラを出しました。

上写真中央の白い建物が今回宿泊したホテルNH Madrid Nacional(マドリード・ナシオナル)です。


駅内の自動発券機に挑戦しましたら、英語表示が見つからずアタフタしましたが、


マドリード空港 - 1

無事に空港T4に到着いたしました。

おや?


マドリード空港 - 1 (1)

案内板に日本語が書かれてます。

私の印象では韓国人観光客が多いと思ったんですけど、日本人観光客も少なくないんですかね?
それに、中国語表示が無いのは珍しいかも。

今回利用したエミレーツ航空のカウンターは結構奥(220-228辺りだったかな?)でした。

そこから、シャトル電車に乗ってサテライトターミナルに移動いたしました。
案外遠いので、移動に30分ぐらい見ておいた方がいいかも。


マドリード空港 - 1 (3)

マッシモ・ドゥッティ(ZARAのお姉さんブランド、日本未上陸)がありますよ、奥さん。

街中のお店で既に買ってるんですけど、ついここでも見ちゃいました。


マドリード空港 - 1 (2)

さぁ、ラウンジでお昼、お昼。


マドリード空港 - 1 (6)

お日様の光が入る明るい室内ですが、


マドリード空港 - 1 (7)

カジュアルってか、カードラウンジみたい。


マドリード空港 - 1 (4)

ミールもカジュアル。

クリームチーズサンドイッチ、フルーツ、スペインビールをチョイス。


マドリード空港 - 1 (5)

珍しくスープをいただきました。

セーブして食べたつもりでしたが、その後、やっぱり機内食はあんまり食べられませんでした。

分かっていても見ちゃうと手に取らずにはいられない、セコイ庶民です。



マドリード空港 - 1 (8)

たった二日間でしたけど、物価もそんなに高くないし、1月でもそこまで寒くない(最高気温10度前後)し、また行きたいなぁ、マドリード。

でも、できれば次は春か夏に行ってみたいですわ。

テーマ : ヨーロッパ
ジャンル : 海外情報

マドリードでの一日

2019年1月マドリードひとり旅。

実質二日間の旅です。

1日目は、午前中は買い物中心、午後はプラド美術館でした。

2日目は、


アトーチャ通り - 1

まず、ホテルから上り坂のアトーチャ通りを北に歩きます。


マヨール広場 - 1

その先には、マヨール広場。


マヨール広場 - 1 (1)

一月ですが、写真右はクリスマスツリーでしょうか?

騎乗の王様はフェリペ3世だそうです。


マヨール広場 - 1 (2)

ちょっと分かりづらいですが、一部の壁には絵が描かれていました。

1階はお店やレストラン、2階以上は住居だそう。

私はチョコラテリア・サンヒネスさんに行く為の道すがらだったのでざっと見ただけだったのですが、ここって有名な観光スポットだったんですよね。

朝で人も少なめだったので、もう少しゆっくりじっくり見ておけばよかったと今更ながら思います。


サン・ミゲル市場 - 1

広場横のサンミゲル市場をチラ見して、目指したサンヒネスさんだったのですが、その行列の長さにわりとすぐ入店を諦め、偶然見つけた別のお店でチュロス・コン・チョコラーテを楽しみ、


マヨール通り - 1

マヨール通りを西に進み、


王宮 - 1

王宮へ。


王宮 - 1 (5)

入場料は11ユーロでした。
JCBが使えました、が、王宮内ショップでは不可でした。

私がここに着いたのは日曜午前10時ぐらいでしたが、チケット購入まで20分ぐらい並びましたわ。
前もってチケットを購入している方もいらしゃいましたけど、荷物チェックの列の途中にチケット売り場があったかな・・・なので、どちらでもあんまり待ち時間は変わらない気がしました。


王宮 - 1 (1)

青空が美しい。

王宮内は基本写真撮影禁止なのですが、所々は大丈夫だったのか何枚かカメラに入ってました。(詳しく覚えておりません)


王宮 - 1 (2)


王宮 - 1 (3)

多分、聖書の神や聖人と王家の人々が描かれた天井画でしょう。


王宮 - 1 (4)

室内は大きくて豪華。

プラド美術館で見た絵画は大サイズのものが多かったですが、この王宮に飾るのならそりゃあのぐらいはないと、と納得する壁でした。

キラキラしたお部屋がいくつも続きましたが、中には小さな中華ちっくなお部屋などもありましたわ。


1時間ぐらいかけて部屋を巡り、サンタ・アナ広場そばのバルで昼食(詳しくはココに)をとった後、ホテルに戻ってしばし休憩し、


プラド通り - 1

ホテル前のプラド通りを歩いてこの旅二度目のプラド美術館へ。

この日は日曜だったからか、プラド通りは片車線が歩行者天国になってました。


ソフィア王妃芸術センター - 1

二日間のプラド美術館鑑賞で、私の芸術許容度は既に満杯でした。

が、ずっと以前にマドリードに来た時はプラド美術館に展示されていて、その日が休館日だったため見損ねたピカソのゲルニカを見ないと!と、老体にムチ打ってソフィア王妃芸術センターへ。

ホテルからは徒歩数分。
その上、日曜日は午後1時半から入場料が無料でした。

現代アートの美術館はあまり興味がないので、ただひたすら、ゲルニカを目指し「ゲルニカだわ」と確認して美術館を後にしました。


二日目も、頑張って歩いて、食べて、見ました。

だって、二日間しかありませんから。

その後、3度目の生ハム博物館で生ビール2杯と生ハムサラダの夕ご飯を食べてほろ酔いでホテルに戻り、9時には就寝いたしました、とさ。

テーマ : スペイン
ジャンル : 海外情報

マドリードのスイーツ Tacita de plata

2019年1月マドリード女ひとり旅。

朝食はしっかり食べましたが、甘いものは別腹と向かったのは、


chocolateria - 1

Chocolateria San Gines(チョコラテリア・サン・ヒネス)さんです。

しか〜し、


chocolateria - 1 (1)

日曜日午前9時過ぎでこの行列。

日曜日だから?

朝だから?

それとも、いつもこうなんでしょうか?

1分考えて、諦めました。

と、言うのも、ここに来る途中に、


tacita de plata - 1

このお店を見たからです。

ここでも同じものが食べられるから、いっか、と。

tacita de plata - 1 (2)

TACITA DE PLATAさんです。

席は半分ぐらい埋まってましたが、地元客らしき方々は普通の朝食を取ってらっしゃいました。


tacita de plata - 1 (1)

私はもちろん、チュロスと、


tacita de plata - 1 (3)

ホットチョコレート=チュロス・コン・チョコラーテ、です。(4.5ユーロ)

ドロッと重たいものを想像してましたが、そこまでではなく、ホイップチョコって感じですかね。

ただ、揚げたてだと思うのですがチュロスがちょっと油っぽくて、5本中2本でギブアップしちゃいました。


これって・・・どこもこんな感じなのかしら。

私にはちょっと残念な味だったので、すぐに諦めちゃったサン・ヒネスとの違いが気になりました。
他の方の写真を見るとチョコレートはもっと濃い色なんですけど、人によって「濃厚」だったり「あっさり」だったり。

う〜〜〜ん・・・どっちなんだろ。

チョコ好きではないのですが、やっぱり、気になりますわぁ。

テーマ : スペイン
ジャンル : 海外情報

2019年1月マドリード旅の目的はプラド美術館でした

2019年1月マドリード女ひとり旅。

この旅での二大目的は「エミレーツ航空のビジネスクラス」と「プラド美術館」でした。

実質滞在二日間でしたが、前もって美術館のサイトから割安な2回チケットを購入しましたもんね。



「駅そば」「プラド美術館側」で選んだホテルからプラド通りを北に5分ぐらい歩くと、建物が見えてきました。


プラド美術館 - 1

プラド美術館と言えば、まず、ベラスケスさんですよ。

フェリペ4世に気に入られて宮廷画家となり、数々の名画を描きつつも他の仕事もこなして立身出世の階段を駆け上がり、マリー王女とフランス国王ルイ14世との婚儀を取り仕切る大役を任せられる地位にまで行き着いたベラスケスさん。

しかし、おそらくその時の激務のせいで、61歳で亡くなってしまいます。


プラド美術館 - 1 (1)

エントランス近くにはゴヤの銅像も。


プラド美術館 - 1 (2)

比較的空いてる時間帯(午後2時ごろ)だったのですが、それでもチケット売り場には行列ができてました。

ちなみに「1819」はプラド美術館が創立された年、つまり「2019」の今年は創立200周年です。


プラド美術館 - 1 (3)

前もってチケットは購入してますから、このまま入り口に向かいます。

荷物チェックを受けて、自分でプリントアウトしたチケットを見せれば、後は美術館ガイドを片手に広い館内を探検です。


実は、プラド美術館は館内写真撮影が一切禁止です。

なので、絵画の写真はありません。

代わりに、記念に買った絵葉書を。


プラド美術館 - 1 (4)

写真下4枚がベラスケス、のつもりだったのですが、左から2枚目の「カール五世騎馬像」はティツィアーノ作ですわ。
カール5世は、ベラスケスをお抱えにしたフィリペ4世のひいおじいちゃん(曽祖父)ですね。

一番右が、かの有名な「ラス・メニーナス(宮廷の侍女達)」ですよ、奥さん!

実物は結構大きかったですわ。

絵の中心にいるふっくらほっぺが愛らしいマルガリータ王女の姿を知っている日本人は多いと思いますが、彼女のその後を知っている人は、そんなに多くないのでは?
後継が育たない為女王になる可能性もあった彼女ですが、結局はウィーンにお嫁入りし、21歳の若さで亡くなってしまったそうです。

マルガリータ王女は、成長とともにハプスブルク家の特徴が出て愛らしさは消えていったようですが、肖像画がウィーン美術史美術館に所蔵されており、それがこの秋から上野の国立西洋美術館で行われる「ハプスブルク展」で見られるようなので、機会があれば行きたいと思ってます。


そして、写真右上3枚がゴヤの作品です。

ちなみに、「裸のマハ」「着衣のマハ」はてっきり一緒に展示されていると思ってましたのに、私が行った時はかなり離れていました。
ただ、思い出してみるに企画展示の為だったような気もしますので、一時的なものだったのかもしれません。


プラド美術館 - 1 (5)

プラド美術館には、ヒエロニムス・ボスの絵画も複数点展示されています。

ルーブル美術館にも2点ほど所蔵されていたと思いますが、あれらは、ちっちゃかった。
それに比べるとプラドの作品は、でかいです。
「快楽に溺れていたら地獄に落ちちゃうよ」とか「こんなことしちゃいけないよ」が、ユーモラスをまぶしながらも詳細に描かれてますから、じっくり見ようとするとかなり時間がかかりますわ。

ちなみに、マンガのようなイラストのような絵画ですが、ちゃんとした宗教画です。


プラド美術館が名画の宝庫になったのは、素晴らしいお抱え画家がいたからですが、もう一つ、美術を愛した王様がいたおかげでもあります。

先に書いたフィリペ4世は、政治能力はあまり高く無かったものの優れた審美眼をお持ちだったようです。
だから、絵画を買いまくっちゃったんですよね。(その数3000点以上だとか)
その結果、すでに斜陽に向かいつつあったスペイン財政を更に困窮させたんじゃないかしら・・・。


名画がそこここに飾られたプラド美術館。

私は、1日目はとにかくザッと一周し、二日目はもう一度見たいと思った絵画を少し時間をかけて鑑賞いたしました。

それでも、やっぱりもう一度行きたいと思う美術館です。

テーマ : スペイン
ジャンル : 海外情報

プロフィール

mizmiz

Author:mizmiz
 毎日ほんのり幸せかな〜♪
旅行好きの一応JALマイラーです

最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター