FC2ブログ

ヒースロー空港からJALビジネスクラスで帰ります

2018年4月ロンドン旅。

帰国便は午前中なので6時前にはホテルをチェックアウトしました。

行きと同じく帰りもヒースローエクスプレスを予約してましたので、まずはパディントン駅へ。


プラットホームまでは結構歩きますが、


ヒースローエクスプレス - 1

床の案内線に沿っていけけば、


ヒースローエクスプレス - 1 (1)

迷わずにたどり着けます。

車内でちょっとしたトラブルはあった(私が行きも帰りも同じ日付てチケットを買っていた)(でも、お目こぼししてもらえた)ものの、


ヒースロー空港 - 1 (1) ヒースロー空港 - 1

無事に空港ターミナル3に到着いたしました。

ヒースロー空港 - 1 (3) ヒースロー空港 - 1 (2)

JALのカウンターはDですね。


手続きを終えたら、英国航空のラウンジに行きましょ。


ヒースロー空港 - 1 (5) ヒースロー空港 - 1 (4)

ブリティッシュ・エアーのファーストクラスラウンジはスゴイらしいですが、ビジネスクラスは普通ですね。
軽く朝食をいただきました。


ヒースロー空港 - 1 (6)

搭乗口に行く途中に「Play me」と書かれたピアノが。

セントパンクラスの駅にもありましたっけ。
あちらは結構弾かれる方がいらっしゃるようです(テレビの番組で見ました)が、ここのはどうかな?


ヒースロー空港 - 1 (7) ヒースロー空港 - 1 (9)

ゲートは1番(端っこ)だったようです。(はい、全然覚えておりません)
そこそこ歩いた気は、しますわ。


ヒースロー空港 - 1 (8)

楽しい日々をありがとう、ロンドン(&パリ)!


行きは(多分一生一度の)ファーストクラスでしたが、帰りはビジネスクラス です。

自分の席を見た途端、


JALビジネスクラス - 1

「狭っ」と思った自分が、怖かったです。

人間って、贅沢にはあっという間に慣れちゃうんだなぁ。


JALビジネスクラス - 1 (2)

ヒースロー空港、さようなら〜。


JALビジネスクラス - 1 (3)

イギリス、また会う日まで〜。


さぁ、機内食、機内食。

JALビジネスクラス - 1 (4) JALビジネスクラス - 1 (5)

帰国便でも和食を選んじゃうもん。

食べる気満々ですが、残念ながら私は大抵この二つでお腹いっぱいになっちゃいます。


JALビジネスクラス - 1 (6) JALビジネスクラス - 1 (7)

気分を変えてと珍しく日本酒をお願いしましたが、やはり完食はできませんでしたわ。


それでも、貧乏人はせっかくだから・・・とメニューからいくつかオーダーしました。


JALビジネスクラス - 1 (8)

海鮮丼「ロン丼」(こういうダジャレ、かなり好き!)(そして美味しい)に、


JALビジネスクラス - 1 (10)

博多ラーメン(マルタイの棒ラーメンみたい)に、


JALビジネスクラス - 1 (9)

フルーツを。


JALビジネスクラス - 1 (11)

美しい朝焼けの空を眺めているうちに、羽田空港に到着しました。



やはり、ロンドン&パリは海外旅のゴールデンコンビです。

テロなどのニュースを見ると不安にはなりますが、やっぱりまた行きたい国ですわ。

次は、いつ行けるかなぁ♪
スポンサーサイト



テーマ : 飛行機/フライト/機内食
ジャンル : 旅行

大英博物館&ロンドンのスナップ写真

2018年4月ロンドン旅。

1年以上かけてノロノロ書いていたロンドン旅も、ソロソロ終わりが見えてきました。

この旅での博物館&美術館巡りの最後は、


大英博物館 - 1

大英博物館です。

こちらもロンドンの他の公共施設と同じく入場無料(でも大人は寄付金箱に幾らか入れましょね)ですが、以前はなかった手荷物チェックが必要になっていました。


大英博物館 - 1 (1)

これまで何度も来てますし、今の私は絵画鑑賞に興味が寄っているので、


大英博物館 - 1 (2) 大英博物館 - 1 (3)

こちらはブラ〜っとそぞろ歩き程度で、おいとましました。


そう言えば、なんとなく撮った写真が残ってますので街角ショットとしてペタペタ貼らせていただきます。


ロンドン - 1

ロンドンの桜。


ロンドン - 1 (1)

いつも人でいっぱいのピカデリーサーカス。


ロンドン - 1 (2)

イギリスでも頑張っているのでしょうか、アサヒスーパードライ。
私が知っているイギリス人は好きだと言ってましたけど。

あ、これも缶ではなく瓶ビールですね。


ロンドン - 1 (7)

この写真は歴史ありげな奥の建物ではなく、手前の公衆トイレを撮りたかったんだと思います。
パリやシドニーでも見かけますがロンドンで見たのは初めてだったので、ついカメラに収めちゃいました。


ロンドン - 1 (4) ロンドン - 1 (3)

ロンドンの交通機関と言えば、2階建バスと地下鉄、通称「チューブ」です。

地下鉄ですから地下を走ってますが、


ロンドン - 1 (6) ロンドン - 1 (5)

一部に地上を走るラインもありますよ。



・・・さて。

そんなチューブに乗って、帰路につきますか。

テーマ : ロンドン
ジャンル : 海外情報

ロンドンの晩ごはん

2018年4月ロンドン旅。

朝や昼は外で食べましたが、夕ご飯は大体


waitrose - 1

ホテルから徒歩5分ほどのwaitroseや、


プレタマンジェ - 1

PRET A MANGERなどでお惣菜を買ってホテルの部屋で食べてました。


ロンドン晩ごはん - 1

写真を一枚だけ撮っていました。

多分、グラタンと小エビとアボカドサラダですね。

ホテルには小さなキッチンがついてましたのでレンジで暖め直しもできて、助かりましたわ。


ロンドン晩ごはん - 1 (1)

イギリスのビールの主流は今も瓶でした。
私は部屋に栓抜きがありましたが、普通のホテルだとフロントで借りないといけないかな。


セントパンクラス駅に近いからと予約したホテルでしたが、キッチンもついているし、周りに色々なお店もあるし、私には本当にいいホテルでした。(興味のある方はココで)

狭いですけどね。

テーマ : ロンドン
ジャンル : 海外情報

ロンドンのホールフーズマーケット(Whole Foods Market)

2018年4月ロンドン旅。

一味違うイングリッシュ・ブレックファーストをDISHOOMでいただいた後、まだ多くのお店が営業前の、朝のケンジントンをブラブラしていて見つけたのが、


ホールフーズマーケット - 1

WHOLE FOODS MARKET(ホールフーズマーケット)です。

ここって、アメリカのスーパーマーケットですよね。
オーガニックフードを多く取り揃えた、比較的高級なスーパーだったかと。

私もニューヨーク滞在中、ホテルから一番近いマーケットだったので何度か行ったと思います。


中に入ってみると、結構広いです。

探検隊気分で棚から棚へ、一筆書きのように歩いていると、


ホールフーズマーケット - 1 (1)

あら。

見覚えのある食品が並んでます。


ホールフーズマーケット - 1 (2) ホールフーズマーケット - 1 (3)

海苔もワカメも、そのままローマ字表示です。


ホールフーズマーケット - 1 (4) ホールフーズマーケット - 1 (5)

豆腐も当然TOFUですが、ガリは流石に「スシ・ジンジャー」ですね。

ちなみに、このお豆腐は森永のマークがついてました。
お菓子のイメージしかない森永ですが、常温長期保存のお豆腐なんてものも作られていたのですね。


ホールフーズマーケット - 1 (7) ホールフーズマーケット - 1 (8)

味噌や醤油、


ホールフーズマーケット - 1 (6)

梅干しもあります。

ここに来れば、日本の朝食がフツーに作れますね。

あ、買う気が全くなかったので値段は見ておりません。
多分、それなりのお値段でしょう。

それでも、ロンドンに暮らす日本人や日本食の好きなイギリス人にはありがたい存在じゃないかしら。
それとも、このくらいの品揃えは今や珍しくないのかしら?


昔々、ロンドンからジュネーブに向かう長距離バスの中で海苔せんべいを西洋人の若者にあげたら、一口食べてものすごく奇妙な顔をしてました。
多分、初めて海苔を食べたのでしょう。
あの子達(今はもう中年でしょう)は、その後海苔を見て私を思い出してくれたかなぁ。

・・・なんてことを、思い出しました。



とは言え、私は、イギリスらしいクッキーや紅茶を購入してお店を後にいたしました。

テーマ : イギリス
ジャンル : 海外情報

ロンドンの朝ごはん② DISHOOMでインディアンな朝食

2018年4月ロンドン旅。

ロンドンの朝ごはん二ヶ所目は、サウスケンジントンへ向かいます。


ハイ・ストリート・ケンジントン駅 - 1

おハイソな地域のせいか、駅もおしゃれ。

あ、ここにも「プレタ・マンジェ」がありますね。


dishoom - 1 dishoom - 1 (1)

駅から徒歩5分ぐらいかな。

少し変わったイングリッシュ・ブレックファーストが食べられる「DISHOOM」です。
月〜金は朝8時から、土・日も朝9時からやってます。
ちなみに、夜11時まで営業となかなか働き者なお店、てか、どっちかっていうとディナータイムの方が人気なのかも。


dishoom - 1 (3)

まず、室内がオサレ。

インテリアは、アール・デコ?


dishoom - 1 (4)

お香が焚かれてたりもして。


dishoom - 1 (2)

さて、何を食べようかしら・・・って、もう事前に決めてますの。

「ビック・ボンベイ(The Big Bombay)下さい!」。


dishoom - 1 (7)

料理を待つ間も、さりげな〜く、


dishoom - 1 (8)

キョロキョロ。


dishoom - 1 (6)

おぉ、インドの香りがするイングリッシュ・ブレックファーストが運ばれてきましたぁ。


dishoom - 1 (9)

飲み物は別料金です。

当然、イングリッシュ・ブレックファースト・ティーですわ。

お味は、料理によっては香辛料を感じるものの、普通ですかね〜。

ま、イギリスの朝食ですから。


dishoom - 1 (5)

お会計は、ビック・ボンベイが11.9ポンド、紅茶が2.9ポンド、それにサービス料がついて16.65ポンドでした。

分かってはいましたが、それなりのお値段です。
室内は素敵ですが、リージェント・カフェ(ココ)は6ポンドでしたからねぇ。

次回訪問は「あり」ですが、食事ではなく飲み物だけでいいかな。
実際、近くの席の女子はそうでしたしね。

ちなみに、支店が何軒かありますよ。



DISHOOM Kensington 4 Derry St, Kensington 営業時間 月〜金 8:00〜23:00 土・日 9:00〜23:00

テーマ : ヨーロッパ旅行記
ジャンル : 旅行

プロフィール

mizmiz

Author:mizmiz
 毎日ほんのり幸せかな〜♪
旅行好きの一応JALマイラーです

最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター