FC2ブログ

メルボルン空港 marhaba ラウンジは結構よかったです

2018年1月メルボルン旅。


シドニーに戻る友達と一緒に、サザンクロス駅からバスで空港に向かいました。


メルボルン空港 - 1 (2)

到着時は夜中でしたし初めての街で緊張もしていた為全く写真を撮っていませんでしたので、今回貼りますね。

スカイ・バスは2階建ての立派なバス。
私は利用してませんがフリーWi-Fiだそうです。


メルボルン空港 - 1

停留所に、


メルボルン空港 - 1 (1)

切符売り場です。


メルボルン空港 - 1 (5)

国際線乗り場には中国語(簡体字)表示もありますので、大陸からの旅行客が多いんでしょう。

私の便は夜中でしたので、まず国内線ターミナルで友達を見送り、その後、国際線ターミナルでチェックイン開始までベンチでぼんやり待ってましたわ。

そう言えば、その時、ちょっと面白いサービスを目撃しました。

写真を撮り忘れたのですが、「機械を使ってスーツケースを幅広ラップでぐるぐる巻き」サービスです。
スーツケースに傷や汚れをつけないための予防策だと思いますが、結構利用される方が多かったですよ。
大きさによって値段が違った気がしますが、だいたい10豪ドル前後だったと思います。

私は、見てただけ〜でしたが。

そうこうしている内に時間になったので、JALカウンターへ。


メルボルン空港 - 1 (4)

実は、帰りもプレミアム・エコノミーにアップグレードしていただけました。

こんなラッキーは、多分最初で最後でしょう。


メルボルン空港 - 1 (3)

さて、中に入りましょう。

メルボルン空港にはサクララウンジはないのですが、merhabaラウンジを利用できます。
メモ書きによると「免税店の並びを抜け、9番ゲートと11番ゲートの間にエスカレーターを上がる」とありました。

すみません、入口の写真は撮り忘れちゃいました。

中は、まずは椅子がたくさん並んでおり、ダイニングは一番奥にありました。

夕ご飯は一応食べましたけど早い時間でしたから、第二弾、行っちゃいますよ〜。


メルボルン空港 ラウンジ - 1 (2)

あら、


メルボルン空港 ラウンジ - 1 (3)

あらあら、


メルボルン空港 ラウンジ - 1

結構充実してる?


メルボルン空港 ラウンジ - 1 (1)

アイスもあるよ〜。


それに、


メルボルン空港 ラウンジ - 1 (4)

ずらっと並んだ瓶ビールにテンションが上がるぅ。
たくさんのオーストラリアンビールにアサヒビールもあるし、よく見るとシードルもあるよぅ。

う〜ん・・・どれを飲もう。


メルボルン空港 ラウンジ - 1 (6)

これにしました。


メルボルン空港 ラウンジ - 1 (5)

料理は、ペンネとスイカが美味しくてお代わりしちゃいましたわ。(料理のお皿にピントが合ってません)

ほんとは、


メルボルン空港 ラウンジ - 1 (7)

注文して作ってもらえる麺類(雲呑麺・汁なし牛肉麺・うどん)も一つは頼みたかったんですけど、もうお腹一杯で断念しました。

でも、やっぱり一つは食べてみたかったなぁと今更ながら後悔しております。



メルボルン、お天気は今ひとつでしたが友達のおかげもあって楽しい旅でした。

再訪したい場所も多いので、機会があればもう一度行ってみたいなぁ。

その時も、我が友Kさま、是非付き合ってくださ〜い。
スポンサーサイト



テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

メルボルン SPENCER OUTLET CENTRE

2018年1月メルボルン旅。

旅の話も残すは帰りの空港のみ・・・と思いましたが、一つ書き忘れてました。

ちゃんとした写真があまりないのでスキップしようかとも思いましたが、忘備録として残しますわ。


メルボルンの主要駅の一つ、サザンクロス駅。
空港バスもここが発着所です。

そしてここには、アウトレットのショッピングモールが隣接されているのでお買い物も楽しめます。


spencer outlet center - 1

SPENCER OUTLET CENTREです。

あ、綴りがアメリカ英語「CENTER」じゃなくイギリス英語「CENTRE」ですね。

規模は程よい店数(そこまで大きくはない)、です。

それでも私の好きなケミスト・ウエアハウス(CHEMIST WAREHOUSE)やスーパーマーケット(Coles?)もあったと思います。

ぐるっと一周してみての感想は、若い子向けオーストラリアン・カジュアルウエアのお店が多いかな。


その中で私が購入したのは、


spencer outlet center - 1 (1)

ピーター・アレキサンダー(Peter Alexander)の部屋着です。

友達曰く、ヤングガールズに人気のルームウエアのお店だそう。

確かにパステルカラーでラブリーな店内でした。

アウトレット価格なので購入しましたが、定価だと、ちょっと高いかなぁ。


もう一軒、チョコレートのLindtでお土産用チョコをいくつか買いました。


spencer outlet center - 1 (3) spencer outlet center - 1 (2)

(画像はLindtさんのホームページからお借りしました)


上写真のような箱詰めや板チョコもありましたが、二十種類ぐらいある丸いチョコ(リンドール)がボックスにずらっと並べられている中から自分が好きなようにパッキングできるコーナーもありました。

カスタマイズできるとなんか嬉しくなって、ついつい買っちゃいません?

チョコはそこまで好きじゃない私でも、思わず袋詰めしちゃいました。

リンツはオーストラリアのチョコメーカーではありません(スイス?)が、スーパーでもいろんな種類が売られてますので、市民権はしっかり得ているかと思います。

シドニーに同じ形態のお店があったら、また行ってみたいなぁ。

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

メルボルン 日曜午後にワインバーEMBLAでまったり

2018年1月メルボルン 旅。

旅の最終日です。

友達の飛行機が午後7時だったので少し早めに夕ご飯を食べに向かったのが、


EMBLA - 1

ワインバー「EMBLA」さんです。


ジェームス・スクワイアー - 1 (1) ジェームス・スクワイアー - 1

実は開店前に着いちゃった為、道の向かい側のオーストラリア・ビール「James Squier(ジェームス・スクワイアー)」のパブ「THE CRAFTY SQUIRE」さんで既にビールを一杯飲んでます。(興味のある方は、こちらに)


EMBLA - 1 (2)

なので、飲んだワインはこの一杯だけになっちゃいました。
ピノ・ノワールが好きだと伝えてオススメされたDubois Paso Doble(グラスで15豪ドル)です。


EMBLA - 1 (3)

店内はうなぎの寝床のように長く、表通り側にバーカウンター、


EMBLA - 1 (7)

その奥に、半オープンキッチンが伸びていました。


注文したお料理は、


EMBLA - 1 (8)

ここの名物、カルパッチョに、


EMBLA - 1 (4)

生ハム、


EMBLA - 1 (6)

牛肉のタルタル、


EMBLA - 1 (5)

そして、パン。

どれも、ワインのお供にぴったりなおつまみ的料理ですが、きちんと美味しいです。

お会計はこれらの料理(パン以外は一皿15〜18豪ドル)にワイン2杯で81豪ドルほどでした。

雰囲気も良くて、ここはここでよかったんですけど、私は偶然入店したTHE CRAFTY SQUIREの方が好き、かな。


友達Kさまとの楽しい旅も、そろそろ終わりが近づいてきました。
ほろ酔い気分で空港に向かいます。




EMBLA 122 Russell St, Melbourne

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

メルボルン Higher Groundの美しいホットケーキ

2018年1月メルボルン旅。

最終日の朝、ホテルをチェックアウトした後はトラムに乗ってサザンクロス駅へ向かいました。

そこから少し歩いて、目指すは、


higher ground - 1

H/G、Higher Ground(ハイヤー・グラウンド)さんです。


higher ground - 1 (4)

日曜の朝10時、人気のお店ですから当然待ち時間あり、でした。
でも20分ぐらいで席に案内してもらえましたわ。


higher ground - 1 (5)

広〜い。


higher ground - 1 (1)

天井が高〜い。

なんでも、倉庫を改造したカフェだそうです。

おっされ〜〜〜。
でも、おばちゃんでも違和感なくいられる、適度なオシャレ感です。

ここの一番人気は、フォトジェニックなリコッタチーズ・ホットケーキ(23豪ドル)です。
ビジュアル重視で味は二の次かも・・・とも思いましたが、たまには我がブログにも「華やかさ」を入れようと注文。


higher ground - 1 (2)

おぉ!

噂に違わぬ、インスタ映え間違いなしのビジュアルです。

注文する時に「大きいですよ」と念を押されましたが、確かに日本人女子なら二人で一皿でもいいぐらいのボリュームです。

でもね。

こんな派手な見た目なのに、味もちゃんと美味しいんです。
朝にちょうどいい甘さでした。
流石に完食はできませんでしたけど、私でも三分の二いけちゃいましたわ。


higher ground - 1 (3)

友達Kさまが注文したのも、多分パンケーキ?

こちらは大人な色合いです。
自分のお皿と向き合うのが精一杯でこちらの味見をさせてもらうのを忘れちゃいましたが、多分甘くない系じゃないかな。

ホテルを出る前に紅茶を飲んだので、二人とも飲み物をタップ・ウォーター(水道水)にしました。
友達曰く、オーストラリアのカフェでは無料で水を出さないといけないのだそうです。

海外だとお水を出されないことが多いですが、オーストラリア、いい国です。


食事目的だけでなく、昼下がりにまったりするのもいいなぁ・・・なんて思っちゃいました。

メルボルンのカフェは朝からやっている分夕方には閉まってしまうお店が多いですが、ここは木〜土のみ23時まで営業しているようですね。

機会があればまた行きたいカフェですわん。



Higher Ground   650 Little Bourke St, Melbourne

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

メルボルン LUCY LIUはおしゃれなカジュアルレストラン

ミッキー・マウス君が、もうすぐ90歳だと知りました。

あんな可愛い顔して、私よりずっと年上なのねぇ〜。

でも、チコちゃんみたいに「永遠の5歳」なのかも〜。

ん?

90って最近よく耳にするぞ?

と記憶を辿ると・・・はい、毎日のように聞いてました。

「ラジオ体操90周年」です。

ミッキーマウスとラジオ体操は、同じ年に誕生したんですよ、奥さん!

はぁ、誰かに言いたかったので、これでスッキリしましたわん。



さて、っと。

2018年1月メルボルン旅。

モーニントン半島の温泉から戻ってきたのは午後7時頃でした。

夕ご飯の第一候補はミャンマー料理のお店でしたが、土曜日だからか予約で一杯だと断られちゃいました。
予約しておいたほうがいいとは思ったんですけど、バスツアーですので戻りの時間が読めなくて・・・。

仕方がないわと、第二候補のお店に。


ルーシー・リュウ - 1 (1)

LUCY LIUのエントランスはまるで裏口のようで、なんだか秘密の集会に参加するみたい。


ルーシー・リュウ - 1 (2)

赤い看板に怪しげな雰囲気が増しますが、店内は若者で賑わうカジュアルレストランでした。

実はここも満席で1時間待ちだと言われたんですが、小雨の降る中を探す元気がなく、ウェイティングバーもあったので、


ルーシー・リュウ - 1

とりあえずドリンクをオーダーして待つことにしました。

幸い、15分ほどでカウンター席に案内してもらえましたわ。


ルーシー・リュウ - 1 (4)

料理名を一つも覚えていませんが、これは生春巻きで、

ルーシー・リュウ - 1 (3)

これは、パパイヤサラダかな。


ルーシー・リュウ - 1 (6)

う〜ん、これはトラウトとライスパフのサラダ?


ルーシー・リュウ - 1 (5)

これは、ブタのバラ肉のカリカリ皮かと。


アジア系フュージョン料理を出す、おしゃれな居酒屋さん、ですね。
カウンターの向こうで調理している様子がよく見えたのですが、包子(中華饅頭)と餃子が人気のようでした。

味は普通ですが、なんとなく高揚感を感じる空気が若者にはいいんでしょうなぁ。

お会計は、ドリンクを1杯づつと料理を四皿注文して合計80豪ドルほどでした。


大人女子は最初に行ったミャンマーレストランの方が合っていたかな。
でもヤング女子には、オススメだと思います。

テーマ : オーストラリア
ジャンル : 海外情報

プロフィール

mizmiz

Author:mizmiz
 毎日ほんのり幸せかな〜♪
旅行好きの一応JALマイラーです

最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター