新竹 都城隍廟でビーフン&スープ

2016年7月新竹にて。


新竹福源さんでたっぷり買い物をし、荷物は重いですが心は軽く、次の目的地に向かいます。

せっかく行くんだからピーナツバターだけ買って帰るのもなぁと検索しまして。
で、見つけたのが、都城隍廟でした。

廟ですけど、その周りを食べ物屋さんが並んでいる「B級グルメ天国」らしいんですよ、奥さん!

私ですもの。

行くでしょ!


新竹市役所 - 1   新竹市役所 - 1 (1)

その道すがら、日本統治時代の新竹市役所(現在は新竹市美術館暨開拓館)を通りました。
台湾は昔の建物をできるだけ残されているよう。

少し前まで日本は割と簡単に歴史的建物を取り壊してましたよね。
今なら、もっと残す方法を考えるんじゃないかなぁ。



城隍廟 - 1   城隍廟 - 1 (1)

さて。
ちょっと迷ったものの、なんとか到着。


城隍廟 - 1 (2)

一応廟を見学して、何を食べようかグルグル回ってみるものの、なにせ真夏ですから、熱気漂う施設内にいるとみるみる食欲が落ちていきます。
この暑さじゃ食べる気になれない・・・でもせっかく来たのに・・・と、気持ちとブログ魂がせめぎ合っていましたら、


大記 分店 - 1 (3)

エアコンの涼しい風が〜。

もう、味より心地よさを選んじゃうもん!

王記(分店)さんに吸い寄せられるように入店しちゃいました。
みなさん考えることは同じらしく、このお店はかなり混んでましたわ。


大記 分店 - 1

涼しいと食欲も戻ってきます。

何食べよっかなぁ♪


大記 分店 - 1 (2)

まずは、新竹の名産品・米粉(ビーフン)を使った乾米粉(40台湾元)でしょ。


大記 分店 - 1 (1)

周りの人たちが頼んでいたので、綜合湯(三種のお団子入りスープ)(40台湾元)も頼んじゃった。

私はこっちの印象が強いです。
お団子の中にクワイが入っているのかシャキシャキもして美味しかったです。

エアコンに誘われて選びましたけど、まずまず正解でしたわん。


城隍廟 - 1 (3)   城隍廟 - 1 (4)

複数のお店で売られていたこの肉団子(肉圓)が、名物らしいです。

時期的(真夏)に日本に持ち帰るのは危険なので、これは見るだけにしておきました。


新竹駅 - 1 (1)

11時過ぎには、新竹駅に戻ってきました。
つまり、新竹にいたのは2時間足らずですね。
帰りの切符も買ってあったので他に寄り道しなかったのですが、もう少しゆっくりしてもよかったかなぁ。


でも。

きっとまた来ちゃうと思いますわん。
スポンサーサイト

テーマ : 台湾
ジャンル : 海外情報

台湾 新竹福源花生醤を買いに新竹に

2016年7月台湾旅。

台北車站から台鉄・自強号に乗って1時間ちょっとで、

新竹 - 1

新竹駅に到着いたしました。


ここから目的のお店までは徒歩で。
初めての道でしたから15分ぐらいかかったかなぁ。


新竹福源 - 1   新竹福源 - 1 (1)

グーグルマップで予習はしてましたが、問屋さんのようなそっけない外観です。


新竹福源 - 1 (2)

新竹福源さんです。

以前置いてあった台北のスーパーが閉店してしまったので、それなら直接買いに行くわ!と決めてましたの。
電車に乗るのも好きですしね。

台北ナビにはのれん分けされたお店が載ってました(ココ)が、私は本店に行きましたわ。


新竹福源 - 1 (6)

目的はもちろん、花生醤(ピーナツバター・140台湾元)です。

さすが本家。
購入したものはまだ温かかったですわ。


新竹福源 - 1 (7)

黒ごまペーストも買いました。
多分こちらも140台湾元です。


そのほかにも、ナッツやドライフルーツなど色々並んでいたので、


新竹福源 - 1 (3)

台湾産のドライパイナップル(250台湾元)、


新竹福源 - 1 (4)   新竹福源 - 1 (5)

そしてマカデミアナッツも買っちゃった。
ちなみに、写真左はわさび味で少し緑色です。

そんでもって、帰りの電車を待つ新竹駅内で、人目も気にせずこの写真を撮りました。


そうそう。

行ったついでに店員さんに台北で買えるお店はないのか伺ったんです。

最初は「ここに買いに来ればいいじゃないか」と言われ、次に「それじゃ、ネットショップの愛買(ココです)で買えば」と言われ、そうじゃなくて台北の店舗で買えるのはどこですか?と粘って聞くと「う〜ん、多分新光三越にあると思うよ」と答えが返ってきましたわ。

ただし、私の受けた感じは、あるかどうか五分五分ですかねぇ。


ピーナツバターは自分用に買った三つのうち二つを冷凍しチョビチョビ食べていたのですが、最後の一つもそろそろ終わりそうです。

控えめの甘じょぱさが、いいんだなぁ。
ターップリのせてもクドくないんですよ。

次は、もっと沢山買って帰るぞ!


えぇ、また行く気満々です。



新竹福源花生醤   新竹市東大路一段155號  営業時間 9:00〜21:30

テーマ : 台湾
ジャンル : 海外情報

台鉄に乗ってちょっと新竹に

2016年7月台湾旅。

この旅の主目的は「マンゴーかき氷食べまくり」と「新竹にお出かけ」でした。
マンゴーはしっかりお腹に収めましたから、次は台鉄に乗って新竹です。


台鉄で新竹 - 1

計画はバッチリ。
朝8時28分発の自強号に乗って、一時間ちょっとの旅ですわ。

台鉄で新竹 - 1 (1)   台鉄で新竹 - 1 (2)

朝ごはんはしっかり食べてますけど、改札を入ってすぐの売店についフラフラと吸い寄せられちゃいました。

でも、シャッターがぴったり閉まってましたの。
あぁ、お昼時と夕方にしか営業してないんですね。


台鉄で新竹 - 1 (3)

新竹行きは三番プラットフォーム(3月台)です。


台鉄で新竹 - 1 (4)

台北駅のプラットフォームは地階にあります。
確か、台北市内の台鉄の月台は全て地下だったかと。

できれば、台北市内を車窓から望みたかったなぁ。


台鉄で新竹 - 1 (5)

私の乗る電車は屏東行きですね。
あ、今のところは時刻表通り(準點)運行されているようです。


台鉄で新竹 - 1 (6)

鉄子にとって1時間なんてあっという間。

ほら、もう新竹に着いちゃいました。
まずは、ここに来た目的を果たしに行きましょう。

それは、


台鉄で新竹 - 1 (7)

これを買うんですよ、奥さん。

テーマ : 台湾
ジャンル : 海外情報

台北 温州大饂飩は饂飩(ワンタン)が有名ですが私は年糕です

2016年7月台北にて。

もう何度も書いていますから止めようかとも思ったのですが、まだ当分行けないと思うと食べたい思いが募っちゃって。

せめて画像を載せて、気持ちを慰めようと思いましたの。

この話をするときの枕詞「温州といえば愛媛ではミカン、台湾ではワンタン」、の温州大饂飩さんです。
台北市内でもよく見かける文字ですが、それらがチェーン店なのか各自が勝手に名乗っている(日本での讃岐うどんの様に)のか、不明ですわ。

私がよく行くのは、台北駅そば台北天成大飯店の並びにあるお店です。


温州大饂飩 - 1

ここは、缶ですがビールが置いてます。(50台湾元)

台湾はアルコールを置いていない食べ物屋さんが少なくないんですよ。
餃子屋さんでも飲み物はソフトドリンクのみだったりするんですから。


温州大饂飩 - 1 (2)

饂飩が有名なんでしょうが、私が頼むのは大抵年糕ですわ。
年糕はお餅の一種ですけど日本の様な粘り気はなく、韓国のトッポッキに近いかな。

私は大抵小菜を2品ぐらい添えてますわ。
小菜は一皿30台湾元ぐらいだったと思います。


温州大饂飩 - 1 (1)

ここの年糕(寧式炒年糕?/100台湾元)は見た目の色通りあっさりめの味付けです。

絶対このお店じゃないと!とまでは言いませんが、フツーに美味しいです。
昼休憩がないのもいいですわ。


あ〜、食べたいなぁ!

テーマ : 台湾
ジャンル : 海外情報

台北 my 灶で二人ごはん

2017年7月台北にて。

この日の夕ご飯もブログ友達MYさんと一緒です。
やっぱり二人だとお料理の注文数も増えるし「美味しいね」を共感できるのが嬉しいですわぁ。


my 灶 - 1   my 灶 - 1 (1)

目的のお店は、MYさんが以前利用したホテルの近くにあり気になっていたと言う「my 灶」さんです。
あとで調べてみましたら、灶(zao)とは「台所」とか「食堂」って意味だそうですわ。

確かに店内はおしゃれレトロな食堂的作りです。
お客さんは若者が多かったかな?


my 灶 - 1 (2)   my 灶 - 1 (3)

MYさんは飲まれないのですけど、すみません、頼んじゃいました、台湾ビール。
お茶のポットはサイズは違いますけど私が香港で買ったものに似てますわ。


my 灶 - 1 (7)

二人で食べるのはとっても楽しいんです、が、一度に二つのことができない私。
料理のメモを、すっかりキレイに取り忘れていました。

これは、イカ団子と鳥ミンチ肉の湯葉巻き揚げ、だったかなぁ。
イカの食感がワタクシ好みだった、ような。


my 灶 - 1 (4)   my 灶 - 1 (6)

写真左は鳥の唐揚げだと思うのですが、写真右は思い出せません。
ただ、全般的に味付けが濃いめだった、ような気がします。


my 灶 - 1 (5)

ここの魯肉飯が絶品だと聞いて頼んでみました。
なんですが、バカ舌なんで普通に美味しかったとしか覚えておりません、すみません。


my 灶 - 1 (9)

お店を出てから店先に貼られているこの文字を眺めていましたらご主人らしき方が出ていらして「これは作り文字なんですよ」と、日本語で説明してくださいました。
一番下の文字は旧正月前に割と見ますが、いろいろ他にもあるんですねぇ。
具体的な意味は又しても記憶の彼方ですが「千客万来、商売繁盛、お客さんも幸せ」的願いがこもった文字だったと思います。

あ、支払金額だけかろうじて残してました。
一人750台湾元だったみたいです。
台湾にしては全般的にちょっと単価高め、かしら。
でも3〜4人で行けば、もっとお手軽値段になると思いますわ。

多分、オトナ女子より若い女子に向いているお店じゃないかなぁ。



my 灶  台北市松江路100巷9之1號  営業時間 11:30〜21:00 月曜定休日
プロフィール

mizmiz

Author:mizmiz
 毎日ほんのり幸せかな〜♪

最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター