FC2ブログ

7冊の本

お友達Cさんが「七日間ブックカバーチャレンジ」をされてまして、紹介された本を興味深く拝見しました。

これらの本が身になって今のCさんになったんだなぁ、と。

そこで私も、自分の過去の読書を振り返ってみようと7冊チョイスしてみました。



小学生の頃はわりと読書好き少女でした。

毎日のように図書館に行っていたなぁ。

そんな私が、その頃読んだ本でいちばんに思い出すのは、


本 - 1

「やかまし村の子どもたち」(アストリッド・リンドグレーン著)(長靴下のピッピの著者)です。

この本、好きだったなぁ。

確か3冊シリーズだったんたよなぁ。

今はもう、何がどう好きだったのかも忘れちゃいましたが。



大きくなってから読んだのは、


本 - 1 (7)

「12の意外な結末」(ジェフリー・アーチャー著)です。

この12の短編シリーズも何冊か出ていましたっけ。

暗いエピソードもありましたが、短編でしたのでハッピーエンド至上主義の私でも楽しんで読めました。

また、ジェフリー・アーチャーは長編(ケインとアベルとか)も何冊か読みましたわ。

人気の作品いくつかはドラマ化されたと思います。



90年代に入ってハマったのが、香港映画&香港芸能界。

香港発刊の香港映画雑誌を中国語読めないのに定期購読してましたし、お金を貯めては香港詣りしてました。


本 - 1 (3)

本屋さんで偶然見つけた「香港美アイドル探偵団」(村田順子著)は、私以外にもこんなに香港アイドルに夢中になっている人がいるんだ!とめちゃ嬉しくなった一冊です。(よく考えれば、こんな本があるんだから案外ニッチなファンがいたってこと?)

正直、かの地にそこまで見目麗しいアイドルはいなかったんですけど、あの頃はキラキラフィルターがかかっていたので、誰も彼もそれなりに素敵に思えたんですよねぇ。

ちなみに、あの頃のアイドル(香港四天王とか)は、今も結構活躍してますわ。



本 - 1 (2)

「大草原に潮騒が聴える」(霧島洋子著)は、家族三人(夫と未婚で産んだ娘)で、中国北京からモンゴルを経てロシアまでシベリア鉄道に乗った過程を中心に描いたエッセイです。

その当時、この列車に一般外国人は乗れなかったんですけどね。
結婚したばかりの夫が持つ中国とのコネクションを使って、切符を手に入れたんですって。

私は中国にもロシアにも興味はなかったのですが、我が体にすこ〜し宿っている「鉄子」の血が、読後、いつか乗ってみたいと思わせた一冊です。

今はお金さえ払えば乗れますけど、今の私は乗りたいような・・・乗りたくないような、やっぱ、いいかな。



本 - 1 (4)

この「猫弁」シリーズ(大山淳子著)も好きでした。

元々はテレビドラマの脚本として描かれたそうで、実際、吉岡秀隆さん&杏さん主演で単発ドラマが2本製作されました。

私のいちばんのお気に入り「猫弁と透明人間」は第二作でドラマ化もされてます。

でも、私は見てないんだなぁ。

残念!

もう一度、できれば連ドラで、作ってくれないかなぁ。



私が中野京子さんにハマったのは、いつからだったかしら。

いちばん最初に読んだのはどの本だったかしら。

もう覚えていないんですけど、彼女の著作でいちばん有名なのは、やはり、


本 - 1 (5)

「怖い絵」でしょう。

彼女の本を何冊か読み、西洋絵画の歴史などをちょっと齧り、今は宗教画(旧約聖書&新約聖書)を読むのを楽しんでます。

宗教自体には興味ないんですけど、宗教を通じての人間の歴史が、面白いんですよ。

「聖書」って、神様は結構自分勝手で無慈悲だし、神に選ばれし人々もかな〜りドロドロしてますけどね。



ドロドロしていると言えば、


本 - 1 (6)

スペインとオーストリアを600年以上統治したハプスブルク家も、女性週刊誌並みにスキャンダラスでドロドロです。

「名画で読み解くハプスブルク家12の物語」は、中野京子さんの軽妙な語り口もありますが、「高貴な青い血」の王族だって所詮は生身の人間だなあ、歴史って面白い!と思わせてくれます。

そもそも。

なぜ、列強の国々の影に隠れていたハプスブルグ家が「日の沈まぬ帝国」と言われるまでの王家に成り上がったか?

現在愛媛で日曜午後に再放送されているドラマ「仁」で、綾瀬はるかちゃん演じる咲が「武家の女は跡継ぎを生むのが大切な役目ですから」と言ってましたが、ヨーロッパの王族は、それがもっともっと強かったようで。

特に、ハプスブルク家は!

何せ「戦争は他のものに任せておくがいい。幸いなるかなオーストリアよ、汝は結婚せよ!」が家訓ですから。

結婚=世継ぎを生むため、ですもんね。

中野さん曰く、「子供を産んで自分の役目を果たしてから、配偶者以外の人と恋愛を楽しむのが珍しくなかった」ようです。

そんなハプスブルク家が敬虔なカソリック教徒ってのも、私にはよく分からない話ですが。

そして、その「高貴な青い血」を重視する(相続争いを避けるため他の家の血を入れない)あまり、血が濃くなりすぎて立派な後継者を得られず、ハプスブルク王朝は幕を閉じました。

どんなに栄華を極めても、終わりは来るんですねぇ・・・。

と。


こんな7冊から、今の私はできてるようです。

ちなみに、何冊かは現在もAmazonで購入できますよ。

スポンサーサイト



テーマ : 読書メモ
ジャンル : 本・雑誌

2019年 新年快樂

遅ればせながら、


イノシシ年 - 1

明けましておめでとうございます。

今年ものんびりマイペースで、とほほ旅日記メインのブログを続けさせていただきます♪


さて。

私の年末年始は、


ボヘミアンラプソディー - 1

まず30日に友達と映画「ボヘミアンラプソディ」を鑑賞。

既に見た方から「是非IMAXか応援上映回で」と言われてたんですが、そこまでのファンでもなかったので、普通の字幕版をチョイス。

それでも、充分楽しめましたよ。
音もそこそこよかったような気がしました。

Queenについてはフレディ・マーキュリーがLGBTだったらしいとかエイズで亡くなった、ぐらいしか知らなかったのですが、彼ってインド系イギリス人だったんですねぇ。

映画は良かったですが、それより驚いたのが、観客数。

その週で上映終了の可能性もあったものの無事見られたんですけど、なんと、私が見た回は9割ぐらい席が埋まってました。

上映開始から既に1ヶ月半以上経っているのに、この人気。
正月休みだとは言え、ここ最近の私の映画鑑賞の中でベスト1の入りです。

フレディ、すごい!

Queen、恐るべし!



その後は、


洋裁 - 1 洋裁 - 1 (1)

洋裁をしつつ、


聖おにいさん - 1

「聖⭐︎おにいさん」15巻を大人買いして、読んでました。


中野京子 - 1

12月の旅行中、中野京子さんの「名画と読むイエス・キリストの物語」1冊のみ単行本で持ち歩き、旅行中に3回ぐらい読み返していたので、キリストさんのエピソードに関しては、かなり楽しめました。
漫画も、ブッダさんよりキリストさん側の方がよりユーモラスでしたしね。

ちなみに。

単行本は中野さんの文章がお上手で、最後の方は「キリストさん、弟子は程度の差はあるもののみんな裏切るし、お父さん(神)はとことん試練を与えるし、可哀想すぎぃ」とちょっと涙ぐんじゃいました。

こちら、セットで読むと更に楽しめますよん。

テーマ : マンガ
ジャンル : 本・雑誌

図書館の予約で一年待ちした「蜜蜂と遠雷」

蜜蜂と遠雷 - 1

去年の9月に、あなた好みだと思うよとC氏から勧めていただき、図書館で貸出予約をかけました。
数百人待ちだったので時間がかかるだろうなぁとは思ってましたが、あなたの番ですよと連絡が来たのは今年の8月お盆明けでした。

ほぼ1年待ちです。

お待ちの方がまだまだいらっしゃるだろうと3日で読んで返しました。


ピアノコンテストに臨む10代から20代後半の4人の若者のお話です。
3人の天才と一人の秀才、でしょうか。
私は、しばらくピアノから遠ざかった期間がある上に結婚して子供もいるサラリーマン明石さんをほんのり応援しながら読んでいたのですが、二次予選で残念ながら選に漏れてしまいました。

あとの3人は、タイプは異なりますが皆、物凄い天才たち。
一応最後に順位はつきましたが、それは大して重要じゃないですね。

青春やなぁ・・・と思いながら、爽やかな気持ちで読み終えました。

ただ。

比べるのは失礼かもしれませんが、私は「のだめカンタービレ」の方が好きかな。
楽曲を知らないまま読んでいると、次第に文字が頭に入らなくなりましたので。
その点「のだめ・・」はドラマや映画化もされて音楽を耳で聴けましたものね。


ドラマといえば、映画化するなら誰だろう・・と脳内キャスティングしちゃいました。

ヒロイン・栄伝亜夜は、やっぱり広瀬すずちゃんでしょうなぁ。
風間塵役は、5年前なら菅田将暉くんでしょうが、今はちょっと年が上過ぎですねぇ。
10代の俳優さんをあまり知らないですが、案外、鈴木福くんとかでも面白いかも。(若すぎ?)
私が応援していた高島明石役も、5年前なら高橋一生さんですけど、今だと永山絢斗くん、かなぁ。
ほぼ西洋人のマサル・カルロス役は、思いつきませんわ。

あら、これだとちょっと華が足りない??
やっぱり、年齢設定を5歳上げて菅田くんを入れるべきかしらん?

・・・あ。

すみません、妄想を書きなぐってしまいました。

でも、その内、ホントに映画化あるかもしれませんね。

テーマ : 読んだ本。
ジャンル : 本・雑誌

パラダイス山元の飛行機の乗り方

気づけば。

いつの間にか紅組(JAL)になってました。

予定では、去年に引き続き一番下っ端クリスタル会員だったはずなんですけど。
去年12月の旅をキャンセルしてしまったため、4月からヒラ会員ですわ。

空港の搭乗ゲートのピンポン音が元に戻ってしまったのが、ちょっと寂しい今日この頃です。

えぇ、ちっちゃい人間ですよ。


マイルに関しては、私は半分以上が陸マイルです。
つまり、飛行機に乗るのではなく買い物などで貯めるマイルですね。


でも、飛行機に乗るのも好きです。
先日の一泊三日シンガポール旅も「せっかく飛行機代を払って行くのにそんな滞在時間だなんてもったいない」と思われる方もいらっしゃるでしょうが、飛行機に乗るのもアミューズメント♪と考えるワタクシは、全然おっけ〜。


しかし。

世の中には、もっと、もっと、もっと、凡人では思いもつかない考え&行動をなさっている方がいるんです。

純粋に、飛行機に乗るためだけに空港に行かれる方が、いらっしゃるんです。
なんてったって「空港から出て観光などするのは邪道」だそうですから。


飛行機の乗り方 - 1

パラダイス山元さんです。
彼の「飛行機の乗り方」を読ませていただきました。

マイルを貯めようと検索した時に彼の存在は知りましたが、あの頃より、さらに進化なさってらっしゃいました。

1日に11回飛行機に乗った、とか、1年で1022回搭乗した、とか。
それも、修行(ANAやJALのあるクラスの会員になるために無理やり乗る)ではなく、乗りたくて乗ってらっしゃるという。


紫(JAL&ANA)上級会員でらっしゃるようですが、メインは「青」で間違いないでしょう。
紅組としてはチョイ悔しいですけど、国内線の運行数が全然違いますから、飛行機乗り(?)ならANAメインは当然かな。

ここまで達しているのなら、一体飛行機代はいくらなんだろう、とか考えてはいけないんでしょうね。
もう、生きる伝説なんだと思って読了致しました。

この内容をすごい!とか羨ましい!とか思う私は、「乗り鉄」ならぬ「乗り飛行機(のりひこ?)」の端くれになっちゃってるのかなぁ。


私も、私のできる範囲で頑張ろうっと。

テーマ : 読んだ本の紹介
ジャンル : 本・雑誌

マンガ はじめて読むギリシャ神話

「絵を読む」のが、すっかり面白くなっているワタクシ。

とは、言え。

読む絵の二大主流は「ギリシャ神話」と「キリスト教」だと思いますが、キリスト教以上にギリシャ神話が、分からない。
小学校の頃、なんとなく読んだ気はするんですけど、ほっとんど覚えておりません。

で、買いましたわ。


はじめて読むギリシャ神話 - 1

「マンガ はじめて読むギリシャ神話」です。
最近、ますます理解力が落ちているのでマンガの方が分かり易いかしらと思いまして。

いやぁ、マンガでさえ、スラスラと読み進められる波に乗るまでの時間がかかりましたわ〜。

まず、登場人物のカタカナ名前が頭に入りませんもん。
それって誰?と何度もページを戻しましたわ。

それに。
「ゼウス」とか「アプロディテ(アフロディテ)」などのメジャーな方達でさえ、実はギリシャ神話名、ローマ神話名、英語名で結構発音が違っているんですよ、奥さん。

全能の神「ゼウス」の英語名が「ジュピター」って、知ってました?


その上。
内容もその神々の仕打ちの残酷さやドロドロな関係が、「怒りや恨みを水に流す」国の人間にはハード過ぎますわ。

しょっぱなから、ゼウスのおじいちゃんが醜く生まれた我が子達を疎んじ、それに怒った妻が子供たちに父親を成敗しろと言うんですからね〜。

ちなみに、怖気ずく子供達の中で唯一手を挙げた末弟クロノスは父親に剣を振り下ろすんですけど、切ったのが性器っても、ねぇ。
ましてや、海の中に投げ込まれたソレから白い泡が湧き出てそこから美の女神アプロディテ(英名ヴィーナス)が生まれたって・・・。


そんでもって、たいていの登場人物は悲惨な最後を迎えるんですから、どんだけ昔のギリシャ人は悲劇好きなんでしょ。

でも、これを読んで、その後のヨーロッパ王族の歴史(ハプスブルク家とか)があんな風になったのもここからの流れなのかもねぇとちょっと納得しちゃいました。



物語自体の好き嫌いは別として、おかげでギリシャ神話モチーフの絵画を少しは読めるようになりましたわ。

テーマ : 最近読んだ本
ジャンル : 本・雑誌

プロフィール

mizmiz

Author:mizmiz
 毎日ほんのり幸せかな〜♪
旅行好きの一応JALマイラーです

最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター