2017年 梅プロジェクト

「面倒くさい、めんどくさい」と言いつつ、なんとか毎年続けている梅仕事ですが。

なんでも。

今年は梅が不作、だとか。

我が街のお隣砥部町で栽培されている七折梅、特に七折小梅など例年の2割程度の収穫なんだそう。

なんのコネもツテもない私には、買えそうにないですわ〜。


でも。

IAT(居酒屋怪しい探検隊)で知り合ったCさんから、梅をいただきまして。
とりあえずそれは、昨年同様、砂糖・塩・酢で漬ける「さしす梅干し」にいたしました。

更に。

同じくCさんから「スーパー主催の梅酒作りの講習会に行きませんか?」とお誘いをいただき、喜んで同行させてもらいましたわ。

まずは、野菜シニアソムリエの先生から梅がいかに健康に良いかレクチャーしていただき、次に、梅酒と梅ジュース作りに挑戦いたしました。


梅酒&梅ジュース - 1

どちらも作ったことはありますが、自己流ですからね。


梅酒&梅ジュース - 1 (1)

梅酒はさほど難しくはないですが、


梅酒&梅ジュース - 1 (2)

梅ジュース(梅シロップ)は発酵させてしまったこともあるので、しっかり作り方を聞きましたわ。
こちらはエキスが早く出るように冷凍庫で二晩凍らせているそうです。


どちらも作り方のコツは「いい梅を手に入れること」「梅のヘタを取り水気をしっかりとること」、そして「容器の消毒をきちんとすること」の三つ、ですかね。



それにしても。

どちらも七折梅なんですけど、梅ジュースに使った小梅の綺麗なこと。

あぁ、これで梅干しをつけたい!
スポンサーサイト

テーマ : こんなの作りました♪
ジャンル : 趣味・実用

2016年夏の備忘録 ②

自分のための備忘録、その②。

2016年はいつもと違う酢+塩+砂糖で「さしす梅干し」を作りました。(詳しくはココに)

で、梅酢がたくさん出来たので、それを使って色々派生食品を作ってます。


2016年夏の手作り - 1 (2)

生姜のガリとか、


2016年夏の手作り - 1 (3)

しば漬けとか。


ガリは薄切りにした生姜を熱湯でサッと茹で、水気を切って温かいうちに梅酢を加えます。
新生姜を使うと、綺麗な薄桃色になりますよ。

薄切りは、最初はスライサーを使って作ろうとしたんですけど、うちのスライサーだと薄すぎてシャキシャキ感が味わえないと分かり、包丁使用です。
面倒だわ〜とブツクサ言いながらの作業だったせいか、結構厚さにバラツキがあります。
ま、食べるのは自分&家族だから、気にしませ〜ん。


しば漬けは、キュウリ、ナス、ミョウガ、生姜を薄切りにし、塩少々をまぶして出た水分を絞ってから、やはり梅酢に漬けるだけです。
写真のものは三日めでまだ野菜の色が残ってますが、もっと日が経つと全体的に赤くなり、市販のしば漬けの色になります。

味付けはですねぇ、どちらも砂糖を少し(小さじ半分ぐらい)足しました。


他にも酢の物に使ったりサラダのドレッシングにしたり、夏バテ防止に色々活躍してもらってます。


来年も、これ目当てもあっての、さしす梅干し、かなぁ。

テーマ : 手づくりを楽しもう
ジャンル : 趣味・実用

2016年はさしす梅干し 干しました


さしす梅干し - 1

砂糖と酢と塩で漬けた、さしす梅干し。(作った工程はこちらに)

我が街はまだ梅雨が明けておりませんが、晴れの日が続くという天気予報を信じて天日干しを決意。


今年は雨が多かったけどカビが発生しなくて良かったわぁ、さて、出来はどうかしら・・・とワクワク&ドキドキで重石をとってみると、なんか、小さい。

「砥部の七折れ小梅」ですから元来小粒ですけど、今年買ったのはいつもより大きい気がする・・・と思ったんだけどなぁ。
お酢で漬けるとより小さくなるのかしら??
それとも重石を載せない方が良かったのかなぁ。

梅酢の香りは、いいんですけどねぇ。

いやいや、肝心なのは味です。
しばらく寝かして味が落ち着いたら食べてみますわん。

テーマ : 手づくりを楽しもう
ジャンル : 趣味・実用

2016年の梅干しは、さしす梅干し

今年もやってまいりました、梅干しの季節。

難しくはないのですが「チマチマ面倒&天日干しするまでの約一ヶ月間カビを心配する日々が続く」ので、毎年作る前はほんのりブルーになっちゃいます。

が。

今年は、ちょっと違うあるよ。

毎年一応6月号はチェックしてたま〜に買っているNHK今日の料理の本ですが、


2016年 梅干し - 1 (1)

久し振りに買っちゃった。

だって、簡単そうでカビの心配もなさそうなんですもの。

それは、「さしす梅干し」。


2016年 梅干し - 1 (2)

さ=砂糖、し=塩、す=酢で漬けるんです。

梅1㎏に対し、砂糖(ザラメか氷砂糖)300g、塩100g、酢400ccの割合です。

そう言えば、私が初めて作った梅干し(それも、今日の料理本でした)が、氷砂糖を加えるレシピでしたわ。
第一歩から本流を外れているあたり、ワタクシらしいとも言えますなぁ。
翌年からは塩のみの普通の梅干しを作ってますけどね。


2016年 梅干し - 1   2016年 梅干し - 1 (3)

梅はいつもの砥部町七折れ小梅です。
ほんのり青い梅もあったので、1日置いて追熟させましたわ。

作業がいつもより簡単なので、梅のヘタ取りもいつもより心持ち丁寧にいたしました。


2016年 梅干し - 1 (4)

本には入れ方は特に書いてなかったのですが、私はなんとなく塩をまぶしてから氷砂糖を上に乗せお酢を回し入れました。
もしかして、テレビの番組ではその辺りもきちんと説明があったのかなぁ。
うっかり八兵衛は見ておりませんが。

本には減塩(10%)とありますけど、私がこの数年作っているのは12%ですからそ〜んなに変わらない気がします。
でも、この2%の差が大きい、のかも?

それよりも、私は結構入るお砂糖の方が気になるわぁ。
酸味に勝つためには、このぐらいの量が必要なんでしょうかね。
ま、お菓子のように食べる訳じゃないから、いっか。

でも、本当にカビの心配はないのかしら?
過去にカビに泣いた経験があるので、ついつい心配しちゃうんですけど〜。
お酢と梅酢のダブルパワーで大丈夫なんだ!と思い込みますわ!



おまけ


2016年 紫蘇ジュース - 1

この梅干しは赤シソも入れないので後は梅雨明けに干すだけなんですが、姪が紫蘇ジュース好きなので優しいおばちゃんは作ってあげましたわん。

テーマ : 手づくりを楽しもう
ジャンル : 趣味・実用

バレンタインデーのチョコは手作りよん♪

「チョコよりあんこ」派のワタクシですが、この時期ですもの。

愛を込めてチョコ、作っちゃいます〜♪

な〜んて。

今年も市販のチョコを買って溶かしてかけるだけ、です。


生姜チョコ - 1

材料は、これだけ。

このために、去年シドニーのスーパーで生姜の砂糖漬け(Naked Ginger)を買ってます。
今回は少しでもカロリーを抑えようと、砂糖がまぶされていないUncrystallisedを選びました。

そうそう。
棚に何種類かあったので豪州では一般的なお菓子(?)なのかと思いましたが、英会話教室のオーストラリア人ティーチャーに確認したら、そうでもないようです。

日本で売られている砂糖漬けと同じようなポジションなのかな?
でもこれは日本のような薄切りでなく、親指〜小指大の立方体です。


生姜チョコ - 1 (1)

200グラム入り一袋に板チョコ2枚で、ちょうどいい具合に出来上がりました。



朝の情報番組で「今年はオレンジピールなどドライフルーツのチョコがけが結構人気なんですよ」と紹介されてました。

あらん、私ったら知らずに流行に乗っちゃってる?

な〜んて。

ドライフルーツで生姜を選ぶ人はほとんどいらっしゃいませんよね。

でもね。
ヘルシーだし風邪予防にもなるし、いいんじゃないかな〜?

テーマ : こんなの作りました♪
ジャンル : 趣味・実用

プロフィール

mizmiz

Author:mizmiz
 毎日ほんのり幸せかな〜♪

最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター