FC2ブログ

台北 丸林魯肉飯

先週土曜日夜9時から始まった日台共同制作ドラマ「路〜台湾エクスプレス〜」ご覧になりましたか?

私は親戚が作ったドラマの出来を心配するような気持ちもありつつ視聴しましたが、さすがNHK、楽しめました。

ヒロインは婚約者いるのにアーロン君演ずるエリックと再会しちゃってどうなるんだ?と思いつつ、見守るつもりです。


ところで。

ドラマ内で火鍋、食べてましたね〜。


台湾ビール - 1

そして、その横には緑の瓶の台湾啤酒(ビール)。

私も、飲みた〜い!

一体いつになったら飲めるのかしら・・・。


「台湾コーディネーター情報発信局」さんによると、今から4〜5ヶ月後、10月ぐらいに外国人の入国規制が取れるかも、と?

あくまでも予定ですし、日本の沈静状況にもよりますけどね。

それにしても、まだ少し先ですよねぇ。

マンゴーの季節は終っちゃってますねぇ。


でも。

私、待つわ。



さて。

話を表題に戻しましょ。

2019年7月ママンと二人台北旅です。


初日に中山のホテルに着いたのは午後6時ぐらいだったかしら。

荷物を置くのもそこそこに、向かったのは丸林魯肉飯さん。

ママン連れでしたのでホテルからタクシーで向かいましたが5分ほどで到着しましたわ。

すみません、外観&店内写真は・・・また撮り忘れました。

ここはカウンターにずらりと並んだおかずから好きなものを選べる、少食母娘にぴったりなお店なんです。


丸林ルーロー飯 - 1

選んだおかずはナスの味噌炒めなど4品。

それに、


丸林ルーロー飯 - 1 (2)

店名にもなっている魯肉(ルーロー)飯(32台湾元)と、


丸林ルーロー飯 - 1 (3)

鶏肉飯(37台湾元)、それと汁物が好きな母の為に、


丸林ルーロー飯 - 1 (1)

ハマグリ汁(45台湾元)を注文しました。

あ、もちろん台湾ビール(大瓶120台湾元)もね。

どれも平均点以上の、安心のおいしさでした。

支払い合計は390台湾元。

安い!

美味い!

ママンも大満足!


お腹が満たされ幸せ気分な母娘は、ウインドーショッピングしつつ、40分ぐらいかけてホテルまでブラブラ歩きましたわ〜。
スポンサーサイト



テーマ : 台湾旅行
ジャンル : 旅行

檸檬と薔薇

黄金週間中は、基本、自室でダラダラ、テレビと仲良くしてました。

いつもと変わらず。

でも、「こう言う時こそ自分磨き」なブログなどが目に入り、そうね、チョットは頭を使わなくてはね、と、思い。

以前買っていた漢字検定の本を開いてみたものの・・・1ページ目で挫折。

それでも。

視線をテレビに移すと、相葉君が焼肉のタレのCMしていたので「レモン」の漢字に挑戦!

当然書けずに練習練習。

ついでに、難しい漢字の代表「バラ」もちゃんと書けるようになるわ、と書き書き。

檸檬と薔薇、書けるようになりました!


続いて。


松坂桃李 - 1

松坂桃李君の大和ハウスのテレビCM(自給自足編)を見て「あ、これってあの絵のオマージュじゃない?でも、なんて名前だっけ?」と、これまでに何冊も買った絵画本をめくり、


ヤン・ファン・エイク - 1

ヤン・ファン・エイクの「アルノルフィーニ夫妻像」だと確認。

ま、個人の意見ですけど。

ちなみに、「アルノルフィーニ夫妻像」は結婚を記念した絵画(二人は新婚さん)でして、夫人のお腹の膨らみは妊娠されているのではなく当時のファッションだそうです。

ついでにもう一人ぐらい名前を覚えようと、


ルーカス・クラナッハ - 1 (1)

本の表紙になっていた「アダムとイブ」の作者、ルーカス・クラナッハも覚えました。

ちなみのちなみに「アルノルフィーニ夫妻像」はナショナルギャラリー、「アダムとイブ」はコートールド・ギャラリーと、どちらもロンドンの美術館所有作品です。

ただし、コートールド・ギャラリーは改装工事中だと思います。
(一部の作品が本来なら3月28日から神戸市立博物館で見られるはずだったようですね)。


はっ!

今は、ロンドンなんて行けないし、どこの美術館も開いてないじゃ〜〜〜〜〜〜ん(涙)。

テーマ : CM
ジャンル : テレビ・ラジオ

のだめカンタービレ 再び

コロナウィルス のせいで、色々変化しているテレビ番組。

春ドラマは殆ど放送中止になってますな。

そして過去ドラマが再放送されてます。

私的にはNHK「アシガール」が金曜夜10時に再放送されてるのが嬉しいですわ。

ヒロインが一目惚れしてしまう「若君」を演じる伊藤健太郎君は、この後に出演した「今日から俺は!!」が彼をメジャーにしたと言われてます。

が、個人的にはコチラこそが彼の出世作だ!と思ってます。

もう、ホントに、見目麗しく素敵なんですから。

あ。

いかんいかん。

また話が横道に行ってるぞ。


今日は違うんです。

タイトルにあるように「のだめカンタービレ」を語りたいんです。

ゴールデンウィーク中、見てました。

最初のテレビドラマ放送開始が2006年10月、シリーズ最後の映画「のだめカンタービレ 最終楽章 後編」上映でも2010年4月ですから、10年以上前の作品群です。

でも、いいものは、やっぱり、イイ!

時系列に沿ってテレビドラマからスペシャルの前後編まで、一気見しちゃいました。

のだめも千秋先輩も、何度見てもス・テ・キ!

で。

ここまでは録画していたのですが、映画もテレビ放映されたはずなのに、なぜか録画が見当たらず。

辛抱堪らず、


  のだめカンタービレ - 1

中古のDVDを買っちゃいました。

どうせならと特典映像つきのスペシャルバージョンを。

さすがフジテレビ。

メイキングをコレでもかってくらい撮ってましたし、番宣もてんこ盛りですわ。

もっちろん本編も見終えて、う〜ん、満足!


一番好きなのはスペシャルドラマ「千秋編〜指揮者コンテスト」ですかな。

ドラマも映画も、オーケストラ(集団)と関わる千秋編(前編)より、のだめ一人の精神的成長を描く後編の方がどうしても暗めなストーリーになってしまいますからね。

特に映画は「最後がこれかよ」と思いましたもん。

ストーリー的にのだめが音楽と一生向き合っていく覚悟を描く必要があるのは分かるんですけど、ラブコメ好きは、切ないのは受け入れられても辛いのは苦手なんです。

それでも、キスで終わる最後の最後のエンディングは、とろけちゃいましたわん。

もし、これらのどれでもテレビで再放送されたら、きっとまた見ちゃうだろうなぁ。


実はわたし、3年ぐらい前に原作漫画全25巻も大人買いして読んじゃってます。

それを踏まえてドラマ&映画を見ると、二次元から三次元への再現度の高さ、半端ないっす。

ボソッと呟くセリフまで再現してますもんね。

これは原作漫画ファンでも文句なし、でしょう。


・・・今もまだ、私の心の中で時折流れる幻聴BGMはクラシック音楽です。

テーマ : 懐かしドラマ
ジャンル : テレビ・ラジオ

お家で折り紙

元々、インドア派です。

なので「ステイ・ホーム」はそこまで苦ではないと思ってましたが、そんな私でも、鬱々しそうになります。

持っているテレビドラマや映画(当然、ラブコメなど明るい内容)を見たり、気兼ねなく飛行機に乗れるようになったらどこに行こうとか妄想計画を立てたりして、やり過ごしてますわ。

ドラマ&映画の話は、また別の機会に書くとして。


本日は、私の「お家で暇潰し」小技を一つご披露。

それは、折り紙のポチ袋(鶴付き)です。

ワタクシ、編み物や洋裁をたしなみますけど、基本、不器用です。

折り紙も端をきちんと合わせて折れません。

それでも、海外でジャパニーズ・クラフト・アーツを披露する機会があるかも・・・と覚えたのが、


鶴 ポチ袋 - 1 (6)

コレ、です。

ちなみに、コレ、


鶴 ポチ袋 - 1 (1)

三越の紙袋です。

それを、


鶴 ポチ袋 - 1 (2)

四角に切り、


鶴 ポチ袋 - 1 (3)

折って、


鶴 ポチ袋 - 1 (4)

折って、


鶴 ポチ袋 - 1 (5)

完成です。

あ、コレは同じ紙で作り直した裏面バージョンです。

どうせなら三越マークがちゃんと見える位置になるよう紙をカットすべきだったと、後で反省しました。

ちなみに、折り紙って数学(幾何学?)に通じるとこがあるらしいです。

よぅは分からんけど。


興味のある方は、コチラに詳しく説明してくれておりますので、覗いてみてくださ〜い。


鶴 ポチ袋 - 1

あ、ポチ袋と書きましたが、通常の大きさの折り紙(15センチ角)(上写真右)だと紙幣は入りにくいです。(三つ折りにして1枚やっと入るぐらい)

私はネットで25センチサイズの折り紙(上写真左)を買いました。
ただし、種類はとっても少なかったです。

実は、3月繁忙期にも、ストレス解消によく折ってました。

渡す当てがないので、ドンドン貯まってま〜す。

テーマ : こんなの作りました♪
ジャンル : 趣味・実用

ヘルシンキ空港からフィンランド航空で帰ります

2019年5月リトアニア女一人旅。


ヘルシンキ空港 - 1

チケットはJALですけど、乗るのは同じワンワールドのフィンランド航空さんです。

あえての、選択です。

既にヘルシンキーヴィリニュス間で乗ってますけど、あれはほぼ国内線仕様でしたし、長距離国際線はお初です。

評判は悪くないので、楽しみ〜♪


フィンエアー - 1

枕は黄緑色。

フィンエアーのコーポレート・カラーなのかな?


機内食は2度ございました。

1度目は、


フィンエアー - 1 (1)

う〜ん・・・今一つ。

ビールはアサヒでしたけど。


2度目は、


フィンエアー - 1 (2)

朝食ですから、可もなく不可もなく。


1年前なので具体的には覚えてないんですけど、エコノミークラスは全体的にJALの勝ち!って気がしました。

多分次回は往復ともJALにすると思います。

あ、でも、フィンエアーのビジネスクラスが、好評判なんですよねぇ。

マイレージ貯めてワンモアトライ、してみようかしら。


フィンエアー - 1 (3)

成田空港にほぼ定刻通りに到着。


JAL - 1

あぁ、JALの飛行機だらけでなんだか安心感。

実は、今私のパソコンのデスクトップ画面はコレ、です。

早く乗れるようになれますように!と見るたびに念を込めてますわ。


羽田空港 - 1

移動した羽田空港で、出汁の香りを味わいたくなり、立ち食いのお蕎麦屋さんに入っちゃいました。



以上で、ほぼ1年前のリトアニア ・ヴィリニュス旅は終了です。

物価は比較的安いですし治安も良いので、普通に飛行機に乗れる日が戻ったら、また行きたい街です。


てか、

行くからね!

テーマ : ヨーロッパ旅行記
ジャンル : 旅行

プロフィール

mizmiz

Author:mizmiz
 毎日ほんのり幸せかな〜♪
旅行好きの一応JALマイラーです

最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター