fc2ブログ

3年ぶりのブドウ狩り

コロナ前は年中行事の一つだった、ブドウ狩り。

去年、一昨年は残念ながら行けず。(多分、営業もしていなかったかと)

今年、3年ぶりの「狩り」です。


いつも行っていた内子の葡萄園が営業しているかどうか、一応ネットで調べ、向かいましたわ。

いやぁ、3年ぶりのせいか、迷う迷う。

小さいながら看板が出ていたと思うのですが、見つからず。

結局スマホの地図を頼りに辿り着きました。


ら。

観光ブドウ園を廃業なさってました。(だから、看板がなかったんだ)

葡萄栽培はされてましたが、そこでの販売もされてないそう。


あら〜。

こんな時、頼りになるのは、やっぱりスマホ。

検索しましたら、近くに営業している葡萄園を発見。

内子は観光葡萄園多いですもん。(でも、止めてしまわれた所も少なからずありそう)


2022年ぶどう狩り - 1

無事到着。

よかった、よかった。


しかし。

衝撃の事実が!

今まで行っていた葡萄園は入場料が1000円しなかったと思うのですが、ここは、1800円でした。

4人で行ったので、結構な金額です。

その上、根性無し4人組は、一人一房しか食べられません。

つまりは、一房1800円。


2022年ぶどう狩り - 1 (1)

自分で選んだ新鮮な採りたてを食べられるとはいえ、どう考えても、元が取れてません。

食べられない私たちがいけないのは分かってます。

でも。

せめて、一房お土産に持って帰らせてほしかったですわ〜。


ちなみに。

緑色の葡萄はシャインマスカットではなく、ロザリオビアンコです。

以前行っていた葡萄園は、これが美味しかったんだなぁ。




久しぶりのブドウ狩り。

「行けた」満足感は得られましたけど、来年は、もっとちゃんと調べてから行くかどうか決めますわん。
スポンサーサイト



テーマ : 愛媛県
ジャンル : 地域情報

2022年 夏旅のおまけ その2

大洲旅の帰り道に寄った道の駅「からり」さん。

内子と言えば「葡萄よね♪」と張り切って買いに行ったのですが、ママンがとても安い桃を見つけてしまいましたの。

「でもママン、これは加工用だから」と何度も説得を試みましたが、「大丈夫、食べる!」と言って聞きません。



・・・仕方なく、買いましたよ。

そして、案の定一口食べて「硬い」と言って後は知らんぷりです。

このままでは、腐るのを待つのみ。

・・・仕方なく、検索してコンポートを作りましたよ。

それも、普通の桃なら煮るとツルリと皮が剥けるらしいのですが、加工用の硬い桃は火を通しても皮はしっかり果肉に張り付いたまま。

・・・仕方なく、煮た後に皮を剥きましたよ。


桃のコンポート - 1

そして、柔らかくなった桃はママンのお腹へと収まりましたとさ。


ちなみに。

買った加工用のモモは、黄桃ですわね。

黄桃は煮ても形が崩れにくいので、コンポートや缶詰向きみたいです。

再び買うつもりはありませんが、万が一同じ目に遭ったら、必ず皮を剥いてから煮ますわ。

テーマ : お料理
ジャンル : 趣味・実用

2022年 夏旅のおまけ その1

大洲旅で、思いがけずいただいた「大洲市内で使用できるクーポン」。

ホテルの夕食、道の駅でお土産、臥龍山荘の入場券でも使いましたが、それでもまだ数枚手元に残ってました。

よし、昨日行った赤煉瓦館1階へ、再び、ゴー!

前日クーポンをいただけると知る前に、既にママンが色々買ってましたが、私もちょっと気になるブツがありましたの。

それは、砥部焼の食器です。

尤も。

最初に欲しいと思ったものは、帰宅してから購入したものを納めようと食器棚を開きましたら、同じものがありました。

はは。

今回は未遂でしたが、本購入とかでも時々やらかすヤツです。

買ったのを忘れてても、同じものに惹かれるんだなぁ。

ちなみに、それは、


砥部焼 - 1

写真左下のコレです。

こうやって見ると、やっぱり好みは一貫してますね。


砥部焼 - 1 (1)

で、実際に買ったのは、コレです。

これも、同じようなテイストでは、あります。


砥部焼 - 1 (2)

あ、気づきました?

私も、思いました。

なんだ?このボッチは?って。

で、裏返してみると、


砥部焼 - 1 (3)

いや〜ん、君だったの〜。

うちに来るかい?

よし!

一緒に帰ろ♪



今、改めて見てみると、彼が狙っているのなら模様はお魚とかが良かったかも、ですね。

あれ?

それとも、これは魚??

テーマ : 愛媛県
ジャンル : 地域情報

2022年 夏洋裁の季節が来た〜! ④VネックTシャツ

2022年夏洋裁、最後にご披露するのはコレです。

お気づきかもしれませんが、結構前に作ってます。


2022年夏洋裁 - 1

本によると「VネックTシャツ」です。

Vネックと言っても開き具合は浅めですな。

そして、裾が丸くなってて可愛いです。


2022年夏洋裁 - 1 (1)

オリジナルは麻の無地ですが、私は蒲田のユザワヤで悩んで悩んで購入したnani IROさんのダブルガーゼ生地です。



シコシコ作ってましたら、ん?

なんか視線を感じます。

ハイエナみたいな視線を。

顔を上げると、ママンの目が制作中のブツにロックオンしてました。

「ママン、欲しいの?」

「・・・別にぃ、くれるのなら着るけど」

・・・・・・・・・・・。

娘は、母上に献上いたしましたよ。

そして、


2022年夏洋裁 - 1 (2)

nani IROさんの布を再び買い、同じデザインで少しだけ丈を短くして、もう一枚作りました。

この布をとても気に入ったので、いいんですけどね。

ただ、裾を伸ばしてワンピースでも可愛かったかな。



1〜2度着たら文句を言って着なくなるママンが珍しくよく着ていたので(襟ぐりが広いとか言ってましたけど)、良かったですわ。

テーマ : ソーイング
ジャンル : 趣味・実用

2022年夏の思い出

9月に入り、朝晩は多少涼しくなって参りましたね。

が。

2022年夏、今年も、暑かった!


暑いと食べたくなるのが、そりゃ、かき氷でさぁ。

松山にも人気なかき氷屋さんが何軒もありますが、こんだけ暑いと混んでるだろうなぁと思うと、腰が上がらないお年頃になっちゃって。

この夏行ったかき氷屋さんは2軒です。

台湾に行ったら1日3杯食べたりしてたのにね。(そして生まれて初めて胃痙攣になったりして) 


甘味霧中 - 1 (2)

一軒目は、大洲・甘味霧中さんで食べた「大人のロイヤルミルクティ」。


赤乃れん - 1

二軒目は、一夏一度は行かないと!な、松山銀天街の赤乃れんさん。

私は「ミルク宇治金時」一択です。

毎年ほぼ同じ画像ですけど、でも、毎年ちゃんと新しく撮ってます。

抹茶のほのかな苦味と、小豆の味も感じられる甘さ控えめのあんこが、安定の美味しさです。

ちなみに、赤乃れんさんは大洲内子からの帰り道、旅の締めで行きました。

他の3人には「お腹いっぱいだから行きたくない」と反対されましたが、ここは、譲れませんでしたわ。

これを逃すと、もうこの夏行けなそうな気がしたので。

実際、行けてませんし。


できれば、もう一度行きたいんだけどなぁ。

日中はまだまだ暑い日が続いていますが、行けるか?私!

テーマ : スイーツ
ジャンル : グルメ

プロフィール

mizmiz

Author:mizmiz
 毎日ほんのり幸せかな〜♪
旅行好きの一応JALマイラーです

最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター