シンガポール 夕ご飯はリャン・シア・ストリート(Liang Seach St)で

2017年4月シンガポール二人旅。

空港からホテルまで、MRTで一時間ちょっとはかかりましたかね。
到着が少し遅れたこともあり、ホテルに着いたのは夜7時を過ぎてました。

予約したホテルは、一晩寝るだけだからと割り切って、写真からでも古そうな香りを感じるところでしたが、予想以上に侘しい設備でした。
流石の私も、二度目はないでしょう。

でも場所は、良かったです。

駅(ブギス)も近い上、ホテルを一歩出ると、


リャン・シア・ストリート - 1

ズラリと食べ物屋さんが並んだ通り、Liang Seach Streetです。
地元で「食街」と呼ばれているそうですわ。

あまりお腹が空いてなかったせいもあり、なかなかお店が決まらず通りを二往復ぐらいして、結局、


アリラン - 1 (2)

韓国料理「阿里朗(アリラン)」にしました。


アリラン - 1アリラン - 1 (1)アリラン - 1 (3)

大瓶の青島ビール、海鮮チヂミ&コーン茶を注文しましたが、付き出しとして小皿料理が五品テーブルに並びました。
本場韓国式ですね。

味は、う〜ん・・・まぁ普通、です。
支払いはSGD28.35でした。


吃得記 - 1 (1)   吃得記 - 1

お腹が空いてなかったと言っても、スイーツは別腹ですから。
通りには中華スイーツのお店も3店ほどありましたが、かき氷が食べたくて「記得吃」に入店。


吃得記 - 1 (2)

色々あって悩んだんですが、台湾でもあまり見たことのない黒ごま雪花冰を選びました。

お皿手前の丸いものはてっきりタピオカだと思ったのですが、噛むとプチっとはじけ甘酸っぱいシロップが口内に広がりました。
それ自体は美味しいんですけど・・・黒ごま氷との相性は今ひとつかなぁ。
それと、小豆あんの量がちと物足りなかったですわ。
黒ごまかき氷自体は、満足の味でしたけど。
値段は失念しましたが、多分SGD6〜7ぐらいだったと思います。


他に、和食屋さんですとか昔ながらの中華食堂(私はそこに行きたかったんですけど姪に却下された)とかドイツビール屋さんなど、バラエティに富んだお店が並んでいましたわ。
夜は道路が車両通行止めになり各店のテーブルが置かれるので、開放的な気分も味わえますよん。
スポンサーサイト

テーマ : シンガポール
ジャンル : 海外情報

2017年5月のドラマ忘備録

ここんとこ見ているのは、ほぼ日本のドラマです。

2017年春期ドラマで見続けているのは5本、かな。
今現在好きなのは「人は見た目が100%」と「ボク、運命の人です。」の二本。

「人は・・・」は視聴率が散々らしいですねぇ。
どうしてだろ。
ワタクシ、桐谷嬢はどっちかって言うと苦手なんですけど、このドラマでの彼女は可愛いと思いますのに。

ただ、ギャグのノリが昭和ですよねぇ。
オーバー40じゃないと理解できないものもありますもん。
だから我が姪など「つまんない」と言ってますわ。


「ボク・・・」も楽しく見てますが、やっぱり、主役二人の役が逆ならよりいいのに・・・と頭の片隅で思っちゃってます。
それだと「いかにも」な設定には、なっちゃいますけどね。

でも、私はそっちで見たい!

ところで。
このドラマで「セカンドくん」満島真之介くんの人気が上昇中、とか。
2年前の深夜ドラマ「恋愛時代」の頃からホンノリ応援していたので、嬉しいですわ。




京都人の密かな楽しみ - 1   京都人の密かな楽しみ - 1 (1)

最近のドラマでプチハマりしたのがNHK・BSで再放送された「京都人の密かな愉しみ」です。
「秋」「夏」「冬」「名月」「桜散る」と5話作られたようですが、いつものように偶然見つけたので、私が見られたのは「冬」と「桜散る」のみです。

全編通じてのドラマ(常盤貴子嬢主演)、各季節のプチ・ドラマ、そして京都人の食&生活紹介、と大まかに三つのパートからできているんですが、見ているとしっとりとした気分になりました。
その後しばらく、脳内の独り言が(エセ)京都弁でしたわ。

京都って、特に興味がなかったんですけど、久しぶりに行ってみたくなりました。


ちなみに。

常盤貴子嬢は何代も続く老舗の和菓子屋さんの若女将なんですが、そこで働く職人さんを演じた方が、本当の職人さんかと思うような、素敵な雰囲気を持ってらっしゃいましたの。


京都人の密かな楽しみ - 1 (2)

「いわすとおる」さんとおっしゃる方でした。

京ことばが本当に自然だったので間違いなく京都人でらっしゃるのだろうと思いつつ、ちょこっと調べてみましたら、なんと、京都太秦撮影所の専属俳優さんでした。
つまり、時代劇がメインの方です。
つまりつまり、殺陣をバリバリされている方だったんです。
もう、全然そんな風には見えませんでしたのに。
役者さんって、すごいなぁ。
ただし、出身は大阪府でらっしゃいました。

シャーロット・ケイト・フォックスさんも出てらっしゃいましたが、今回は京都弁までこなしてらっしゃいましたわ。
そして相変わらず、綺麗で可愛い!
日本のドラマだとどうしても役が限定されてしまいますが、彼女を、もっと見たいなぁ。

それより、なにより。

全編見たかった!

テーマ : ドラマ感想
ジャンル : テレビ・ラジオ

ニューヨーク 昼間にBlue Noteを楽しむ

2016年10月、ニューヨーク旅。

特に詳しいわけではないのですけど、ジャズが好きです。

東京にいる頃、2度ほど青山のBlue Noteに行きましたっけ。
誰のパフォーマンスかだったのかは記憶にないのですが、音がやけに大きかったのとチケットが高かったのは覚えています。

ニューヨーク旅を決めた時、そう言えば・・・と思い出し検索してみたんです。

でも意気地なしですから。

NYの夜なんて怖くて行けないわ・・・と諦めかけたんですけど、サイトを見ると日曜日は昼間も営業されてたんですの。

これなら行ける!

と。


ブルーノート - 1

予約を入れる勇気はなくて、早めに入店しました。


ブルーノート - 1 (1)

この時はまだ空席だらけでしたが、結局、半分ぐらいの席は埋まったかな。


ブルーノート - 1 (2)

チケットは飲み物付きのランチ込みで35米ドルですが、それにサービス料+チップで46米ドルほど支払いましたわ。

飲み物は白ワインを選んだのですが、グラスにたっぷり入ってました。


ブルーノート - 1 (3)

エビとアボカドサンドイッチ with どっさりフレンチフライ。
写真に別の料理が写ってますが、私と同じく一人で来られ同席された方のものです。(多分、フルーツ&チーズ・プラッターかと)

申し訳程度の料理だと予想していたのですが、フレンチフライは熱々だし、きちんとしたお料理で美味しかったです。
ただし、芋フライの塩気が全くなかったのでテーブルのケチャップをつけていただきました。

そう、今のニューヨークの料理って、日本より薄味かもしれませんわ。


ブルーノート - 1 (4)

北欧のオープンサンドのようなちっこいエビが入っているのを予想していたのですが、にぎり寿司サイズが挟まってました。


ブルーノート - 1 (5)

この日のパフォーマンスはGREG Diamondという6人構成(ギター、サックス、ピアノ、ドラム、ベース、パーカッション)のグループ。
演奏時間は1時間ほどでした。


ブルーノート - 1 (6)

当たり前ですが、お上手でした。

日曜昼のジャズ、アリ!じゃないでしょうか。

ちなみに、二階にショップがあり上原ひろみさんのハガキも売られていました。
彼女のコンサートに一度行きましたが、あの指さばきはスゴイ!の一言ですわ。



先ほど、ホームページ(ココ)を見ましたら、

ブルーノート 上原ひろみ - 1

6月にプレイされるよう。
いいなぁ、行きたいなぁ。

もちろん、行けませんが。


ブルーノート - 1 (7) ブルーノート - 1 (8)

昼間は2回公演あり私は初回を選んだのですが、外国人(私以外の日本人も)が少なくなかったように思いました。
そして、2回目公演のお客様はご高齢の方が多いようでした。


そう言えば。
ジャズって今アメリカでは人気がない、と聞きました。

もしかして、日本の演歌みたいな位置付けなのかしら?

私も演歌は苦手ですけど、ジャズは好きだなぁ。

テーマ : ニューヨーク
ジャンル : 海外情報

みなさん、あの「シャーロック 4 」がこの夏放映されますよ!

何事も詰めが甘いワタクシ。

自他共認めるドラマ好きのくせしてマメにチェックしたりしないので、ドラマの初回を見逃すなんてしょっちゅうです。
特にBSは、これまで何度悲しみにくれたことか・・・。

それでも、ごくたまに、気まぐれにネットサーフィンして宝物的発見できることも、あります。

6年前に偶然見られたのが、BBCドラマ「SHERLOCK(シャーロック)」でした。

これは、本当にラッキーでしたわ。
1年に一度あるかないかの放送頻度で、1話90分X3話と少ないんですけどね。
次のシーズン放送はいつかしら・・・といつも首を長くして待っていました。

しかし、最近は主役二人が映画で活躍されているので新しいバージョンはもう作られないかも・・・と勝手に決めつけ、次回作のチェックもしておりませんでしたの。

ところが。
ファーストシーズンの再放送が始まるのをまたまた偶然見つけてしまい(もう、縁があるとしか思えません)、懐かしさもあって見ちゃいました。


あぁ、二人とも若いわぁ・・・♪と思いつつ視聴しておりましたら、最後の方の画面下に、告知が。


シャーロック 4 - 1

7月8日(土)からシーズン4が放送されるんですってよ、奥さん!!
少し調べてみると、このポスターのごとく暗めな内容らしいですが。


みなさん、見ましょう!

なお、それまで毎週土曜夕方5時より、第1(今週第3話)〜第3シーズンを続けて放送してくださいますよん。

テーマ : 海外ドラマ(欧米)
ジャンル : テレビ・ラジオ

最後はいつもの at 台北松山空港

2016年7月台北にて。


もはや。


台北松山空港 - 1

「飲みの締めはラーメン」のごとく、「旅の締めは、珍珠茶(パールミルクティ)」。

搭乗直前の、春水堂さんです。

これをズズッと吸いながら「あぁ、次はいつ飲めるかなぁ」と、次の旅に思いをはせるわけです〜。


台北松山空港 - 1 (2)   台北松山空港 - 1 (1)

横には維格餅家さん。
普通に美味しくてパイナップルケーキをたまに買うんですけど、この時は新製品のクランベリーケーキがあったので購入いたしました。

が。

その味はもはや記憶の彼方、全然覚えておりません。

・・・まずくはなかったと、思います。



そう言えば、台北駅から桃園空港までのMRTがとうとう開通したんですよね。
一度は話の種に乗ってみたい気はしますが、便利さで言えば、やっぱりこっち(台北松山空港)ですわぁ。

テーマ : 台湾旅行
ジャンル : 旅行

プロフィール

mizmiz

Author:mizmiz
 毎日ほんのり幸せかな〜♪

最新記事
カテゴリ
最新コメント
検索フォーム
月別アーカイブ
最新トラックバック
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
FC2カウンター